« アクセス解析の意外な結果 | Main | 明日は土曜日で祝日 »

上海回顧(その1)中国初入国

先月中旬、香港経由で上海に行ってきました。書くネタのない日に何回かに分けて思いついたことを回顧してみたいと思います。


香港発の列車から下車し、いよいよ中国入国の手続である。香港・澳門には入国したことがあるが、中国大陸は今回が初めてである。

待合室横の狭い通路を通り抜け、検疫・入国審査を無事パスし、後は税関のみとなった。これまで、海外の入国に際して税関で荷物のチェックを受けたことはなく、単に通り抜けるだけで済むと思ったら、呼び止められ、荷物の中身をチェックされた。それに並行して、「ビザは?」と訊かれ、「無い」と答えると、次は「48時間以内か?」と訊いてくる。昨年9月から日本人はビザ不要で中国への入国が可能となったが、一瞬、ビザなしでは入国拒否されるのかと不安になった。だが、よく考えてみれば、入国審査は既に終えていて、その心配はない筈である。その後、滞在期間や入国目的などを訊かれ、ようやく放免となった。

それにしても、何故、税関の係員からビザのことを訊かれるのだろう。浦東空港と異なり、日本人入国者の少ないところだから、日本人のビザなし入国が可能になったことを知らなかったのだろうか。

税関を抜けると、あとは駅舎内には何も無く、いきなり駅前広場に放り出されることになった。

shanghai0212.JPGshanghai0214.JPG

|

« アクセス解析の意外な結果 | Main | 明日は土曜日で祝日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上海回顧(その1)中国初入国:

« アクセス解析の意外な結果 | Main | 明日は土曜日で祝日 »