« 【5日前の朝食】釜山にて | Main | 先日の機内食 »

上海回顧(その3)カードキー紛失

上海回顧(その2)の続き

LAN回線が設置されているので、持参したパソコンに繋いで4日ぶりにインターネットを楽しむ。ホテルの案内を見ていると、フロントで外貨両替を扱っているとの事。しばらくインターネットを楽しんでから、部屋を出てフロントのある1階へ降り、フロントで両替を済ませ部屋に戻る。カードキーを挿して部屋を開けようとするが、肝心のカードキーが見つからない。カードキー挿入口に挿したままで部屋を出てしまったようである。ホテルでキーを部屋に置いたままロックしてしまったのは今回が初めてである(車では1度経験しているが(^^;)。フロントへ行って事情を説明して開けてもらおうとエレベーターの方へ向かったところ、たまたまホテルの人が通りがかったので、部屋を開けてもらったが、カードキー挿入口にキーが見当たらない。カードキー挿入口に厚紙を挿してくれて、部屋の電気が点灯した。その後、ポケットの中を探したり、部屋からフロントまでの自分の歩いたところを探したが、結局見つからなかった。

部屋にあるホテルの案内を読んでいると、カードキー紛失の場合は、賠償金200元を請求すると書かれている。この案内、中国語・英語・日本語の3ヶ国語で書かれているが、中国語・日本語では200元と書かれているが、英語では50元となっていた。インターネットでクレジットカード会社のページを開き、ゴールドカードの海外旅行保険で充当できるかどうかを確かめたところ、ホテルのキー紛失は対象となっていた。

結局、この夜は外へ食事に出る気力をなくし、冷蔵庫に入っていた缶入りのお粥で済ませてしまった。

翌日、キーが見つからないまま外出し、夜になってホテルに戻り、カードキーが無くなってしまったことを説明して、キーを受け取った。そのキーが拾得物として見つかったものなのか、スペアキーなのかは分からなかったが、チェックアウト時にキー紛失の賠償金の請求はなかった。

|

« 【5日前の朝食】釜山にて | Main | 先日の機内食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上海回顧(その3)カードキー紛失:

« 【5日前の朝食】釜山にて | Main | 先日の機内食 »