« ループ金山、さぬき安べえ | Main | 冬のソナタまでに帰宅できず »

韓国発特典航空券、受難の時代

日系航空会社2社のマイレージプログラムで貯めたマイルを、韓国発の特典航空券に替えて利用している。

韓国発特典航空券のいいところは、国内線特典航空券を利用するときと同じマイル数で、JALは2回、ANAは4回国内線をおまけで利用できるところにある。国内線のおまけ自体は日本発韓国行きでも同じ回数利用できるが、日本国内での途中降機が不可能なため、韓国への往路か復路に大回りするしかないが、韓国発にすれば1回だけ日本国内で途中降機できるため、韓国への行き帰りとは別の時期に利用が可能である。

しかし、ANAの特典の条件が7月から変更され、下記の条件が付加されるため、ちょっと使い勝手が悪くなってしまう。

● 途中降機可能な都市は、目的地を含めて1都市1回までです。

これまでだと、自宅の最寄の空港を目的地兼途中降機地とするのが最も効率的な利用方法だったのだが、この方法が使えなくなってしまう。私の場合、名古屋空港が最寄空港なので、現在は必ずしも名古屋を目的地兼途中降機地とする必要はないが、来年2月の中部国際空港開港で、ANA名古屋~ソウル線が開設されることが決定しており、これまでより使い勝手が良くなることを期待していたのに、それを目前にして条件が改悪されてしまうのは非常に残念である。


更に、全く別の問題として、韓国の出国税の値上がりである。これまで、仁川国際空港から出国するときは17000W(約1700円)を徴収されていたが、7月からはこれが27000W(約2700円)に値上がりとなる。成田や関空から出国する場合、無料航空券とはいえ、5000円以上の出費となる。来年開港の中部国際空港も、成田・関空並みの出国税になるらしい。

それにしても、韓国発特典航空券のリピーターには、受難の時代になってしまった。とはいえ、個人的には、国内線の特典航空券よりはまだまだ使い勝手が良いと感じている。

|

« ループ金山、さぬき安べえ | Main | 冬のソナタまでに帰宅できず »

Comments

ごぶさたしております。
韓国発の航空券がキビシくなってしまうと、韓国リピーターとしても、なかなかきついものがあります。
と言っても、アシアナの韓国発復路航空券、期限が来て払い戻してるんですけどね。
とりとめもなくてすみません(汗)。

Posted by: もんもんい | 2004.06.21 00:52

もんもんいさん、コメントありがとうございます。

韓国発復路航空券、期限が来て払い戻しとのことですが、どのような種類の航空券なのでしょうか。格安だと払い戻しできないというイメージがあるので、詳細を教えていだだけると幸いです。

Posted by: おかげん | 2004.06.22 20:29

お返事が遅くなってすみません。

私が韓国発往復で買うのは、一年オープンの正規チケットです。
韓国で買っても7万円弱はするんですが(一昔前は5万円台だったのに...)、出発数日前まで優先予約がとれ、キャンセル待ちも優先、変更も空席がある限りは自由自在です。
確実に1年以内にリピートするなら、これだけのアドバンテージが付いてくるので、7万円払っても、一度やると止められません(汗)。
でも、空港使用料値上げということは、当然オープンもお高くなるんでしょうね...。

今度は、羽田=金浦の「JAL悟空」券も、検討してみようかと思っています。

Posted by: もんもんい | 2004.06.24 15:08

もんもんいさん、回答ありがとうございます。

私が韓国発を買ったのは2年前が初めてでしたが、この2年の間で、随分とお得感が薄れてきたような気がします。これ以上高くなって欲しくないのですが、残念ながらまだまだ上がりそうですね。

Posted by: おかげん | 2004.06.28 23:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国発特典航空券、受難の時代:

« ループ金山、さぬき安べえ | Main | 冬のソナタまでに帰宅できず »