« November 2004 | Main | January 2005 »

今年最後の地震?

今年もあと30分というところで、東海地方で地震がありました。

最大震源は2のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【予想】紅白歌合戦勝ち組

今年の紅白歌合戦は、大トリの小林幸子に同情して、紅組の勝利となるであろう。

曲順発表の時点で、早くもそんな予感がしてしまいました。

今日昼過ぎのNHKの番組で、どちらが勝つかで手を挙げさせていましたが、紅組に手を挙げた人が多かったよう
です。きっと私と同じ考えなのでしょうね。

正直言って、結果が見え見えな演出は好きではありませんが、新潟県中越地震で被災された方を励ます意味で、素直に紅組を応援することにしましょう。


P.S.新潟県中越地震で被害に遭われた皆様には、心よりお見舞申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早くも年賀メール

昨日、海外のホテル予約サイトから、2通のメールが届きました(発信元は別です)。

1通は「今年一年、当サイトをご利用いただき、誠にありがとうございました。」という文言で始まるメールでしたが、もう1通は「新年明けましておめでとうございます」で始まっていました。

日本国内で年が明ける前に年賀状が配達されたりすると大問題になってしまいますが、海外ではそういうことはあまり気にしないようですね。クリスマスが終わっても、年内一杯はそのままクリスマスツリーが飾ってあるという話も聞いたこともあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名鉄時刻表購入

12月23日のブログで書いた通り、本日は名鉄時刻表の発売日ということで、近所の名鉄の駅に行って早速購入してきました。

1229meitetsu01

事前に発表されていた公式リリースを見る限りでは、常滑線・空港線関連を除いてそれほど大きな変化はないと思っていたのですが、意外と大規模な改正となっています。(新ダイヤの感想については、後日・・・)

因みに、お客様センターに要望していた発売日繰上げの件は無理との回答でしたが、某掲示板によると前夜のうちに店頭に出ていた書店もあるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

折り畳み傘、その後

11月14日のブログで書いた折り畳み傘ですが、先月台湾へ向かう途中、那覇で時間つぶしをしている最中に、探していましたが、コンビニに行っても百貨店に見つからず、諦めかけていたところ、国際通りから牧志公設市場へ向かうアーケード街に傘を沢山並べている店があり、2つ折りの折り畳み傘があるのを見つけたので購入しました。値段は1000円でしたが、最近は傘も結構安くなっているのでちょっと高いかなという印象です(許容範囲ではありますが)。

1228umbrella01

その後、店頭に傘が並んでいるのを見かけると、2つ折りの折り畳み傘がないかと見ているのですが、あまり見つかりませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛・地球博公式ハンディブック

本日より愛・地球博公式ハンディブックが発売されるとの記事を見つけたので、早速書店で購入してきました。

12272005expo01

既に全期間入場券を購入しているので、何度も行くことになりそうですが、今のうちから少しづつ研究しておきたいと思います。

ハンディブックの名の通り、サイズはA5とコンパクトサイズになっています。これとは別に公式ガイドブック(B5,定価1400円)が3月1日に発売されるようです。

| | Comments (0)

ザ・ベストテン公式DATA BOOK

昨日、書店に探し物に行ったとき、偶然見つけたのが、角川書店から発売の「別冊 ザテレビジョン ザ・ベストテン~蘇る!80’sポップスHITヒストリー~」。発売されたのは21日でしたが、今日書店で見て初めてこの本の存在を知りました。番組史上初の公式DATA BOOKと謳われていますが、この時期に発売に及んだのは意外で驚きました。

1226thebestten01

ザ・ベストテンといえば、放送当時夢中になって見ていた番組の一つです。というか、この番組が始まる半年ほど前からラジオのベストテン番組を毎週のように夢中になって聴いていて、私にとってはちょうど良いタイミングでの番組スタートでした。毎週のようにランキングをメモしていましたが、見逃した回があったり、放送時期終盤は放送時間に自宅にいなくて見ていないことも多く、放送中の全ランキングが見られるサイトを探していましたが、さすがにそこまでは見つかりませんでした。この本には放送期間中のランキングが全て出ているので、資料的価値十分と判断して購入しました。

残念なのは、11位から20位までのランキング(番組では発表されていた)と点数が掲載されていないことですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

室内卓上アンテナ、ようやく交換

今日は1日、自室の大掃除をしていました。本棚や衣装ケースなど部屋に置いてある大きなものを移動しながらの掃除でしたが、意外と厄介なのは、テレビ・オーディオ・パソコン等の配線。邪魔になるので、ほとんどの線を外してしまいました。掃除も一段落し、外した線を繋ぐ段階になって、5月23日のブログで書いたアンテナの交換がまだ済んでないことを思い出し、近くの電器店に、アンテナを買いに行きました。

帰ってきて早速取り付けましたが、付け替えたところで、映りが良くなったわけではありません。ブースター内臓のものを購入したので、ACアダプタをコンセントに繋いでみると、100%満足できる訳ではありませんが、まずまずの映り具合となりましたか。ただ、コンセントが満杯であること、配線が増えるのが鬱陶しいことを考えると、なるべく利用したくないですね。画像の悪さに耐えられないときだけ使用することにします。

1226antenna01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10大ニュース・重大ニュース

「10大ニュース」と「重大ニュース」、毎年、この時期になると、この2つの言葉をよく目にしたり耳にしたりする。発音が同じなので耳で聞いた場合には区別できないが、表記する場合はどちらが一般的なのだろうか。気になってGoogleで両方の語をそれぞれ入力してみたところ、10大ニュースが約284,000件、重大ニュースが41,200件と7対1の割合で圧倒的に10大ニュースの方が多かった(「十大ニュース」の表記もこちらに加えれば、更に多くなることだろう)。

ということで、この先ここでは10大ニュースと表記することにする。

それにしても、10大ニュースの発表はなぜこの時期に限定されているのだろう。2004年はまだ終わっていないのに「2004年10大ニュース」というタイトルで紙面を賑わしていることに疑問を感じる。この先、年内に10大ニュースに含めるべき大きな事件が起こったらどうするのだろうか。個人的には、年が明けて前年分のニュースが周知されてから発表すればいいと思っているが、年明け後にこのような記事を見かけたことはない。決算直前に業績見込みを出しておきながら、決算処理終了後に決算報告を出してくれないような気分がして、どうもスッキリしないのである。年が明けてからこのような話題を出すのはタブーなのだろうか。「来年のことを言うと鬼が笑う」と言われるが、「昨年のことを言うと鬼が笑う」とは言わないであろう。

年明け後に「前年の10大ニュース」を発表する、勇気のあるマスコミが出現することに期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスは祝日にあらず

クリスマスを祝日とする国は多いが、残念ながら日本では祝日ではない。

クリスマスが祝日ならば、今日(24日)も休日になったのに、残念(笑)。


(参考)
国民の祝日に関する法律

第3条 「国民の祝日」は、休日とする。
  2 「国民の祝日」が日曜日にあたるときは、その翌日を休日とする。
  3 その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(日曜日にあたる日及び前項に規定する休日にあたる日を除く。)は、休日とする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名鉄時刻表、12月29日発売

空港線開業に伴う名鉄のダイヤ改正が1月29日に行われるが、ダイヤ改正後の新ダイヤを掲載した時刻表が12月29日に発売されることが名鉄ホームページで発表された。この時刻表、ダイヤ改正の度に発売されているが、これまではダイヤ改正の直前に発売されていた。それを考えると今回は随分発売が早いような気がする。

しかし、利用者の立場からいえば、もう2~3日発売を早くして欲しいと思う。名鉄のミューチケット(座席指定券)は乗車日の1ヶ月前の同日から発売される。ミューチケットの発売開始前にダイヤを知りたいからである。名鉄のホームページには、名鉄お客様センターという時刻・運賃に関する問い合せや、意見・要望についての窓口がある。とりあえず、発売日を少しでも繰り上げられないかと要望を挙げておいた。返答が来るかどうかは分からないが、どんな対応をされるのか、今後の成り行きに注目したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港馬鞍山鐵路21日、深セン地下鉄28日開業

2日前に香港の鉄道完乗まであと一息と書きましたが、ネットをいろいろと見ていたところ、香港に新しい鉄道が開業したとの記事を見つけました。KCR馬鞍山鐵路(Ma On Shan Rail)で、開業日は21日とのことです。

馬鞍山鐵路とは、KCR東鐵の大圍駅から北東に向かう11.4kmの路線で、11月にKCRの駅を見た限りでは、既に路線図(間もなく開業の意味の注記あり)が出ている駅もあり、開業が近いことを実感できました。昨日、KCRのオフィシャルサイトを見たところ、開業に関する記事は見当たらなかったので、既に開業していたとは驚きです。前回の尖東延長もそうでしたが、香港では開業初日は午後3時から運行を開始することが多いようですね。

最初に情報を発見したサイトはこちら(早々に内容が更新される可能性大)
馬鞍山鐵路について、詳しく書かれた日本語サイトはこちら

その後、いろいろ調べていたところ、お隣の深センでも今月28日に地下鉄が開業するとの記事を見かけました。

深セン地下鉄開業に関する日本語の記事はこちら

この方面には、先月半ばに行ったばかりなのに、早くもまた行きたくなってしまいました。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

第二の「無限ループ」スタート

台湾・香港ネタを書き続けてきたが、とりあえずこれが最終回(この先、気付いたことがあれば単発で書く可能性あり)。

無限ループというのは、本来はコンピュータ用語なのだが、ここでは航空券の話。

海外発日本行き(或いは日本経由第三国行き)の航空券を使用し、航空券の出発地への行き来を繰り返すことを指す。一般的に、航空券の有効期限は1年であることから、航空券の出発地に1年に1度は行くことになる。日本発の航空券と比べ、料金や条件で有利な面がある場合に有効な方法である。これまで、韓国発無限ループを続けてきたが、新たに中華圏発の無限ループをスタートさせることになった。

今回の航空券(JAL特典)のルートは以下の通り。

香港-o大阪-札幌-o名古屋-o台北-香港
(注)oはストップオーバー(24時間以上の滞在)可能な地点

今回の帰国では第1区間のみ使用。2月に第2・3区間を利用して札幌雪まつりに行き、その後別の時期に台北或いは台北経由で香港まで行く予定。次回の発券は台北発或いは香港発になる見込み。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港鉄道完乗まであと一息

前回の訪港で、香港の鉄道完乗まであと一息のところまで来ている。時間的には4~5時間あれば可能な状況である。できれば、今回の訪港で香港の鉄道を完乗したいところなのだが、実はそれが不可能なのである。

というのは、香港の鉄道には沙田(シャティン)競馬開催日しか運転されない区間がある。KCR東鐵の沙田~火炭~大學間で、火炭の代わりに馬場を経由している。
路線図はこちら
今回の香港滞在中に、沙田競馬の開催がないため、この区間に乗れないからである。

実は、沙田競馬場には過去2度行ったことがあるのだが、2度とも競馬場最寄駅の馬場で下車して競馬場に向かったため、馬場~大學だけが未乗となっている。香港での未乗区間はこことLRTの元朗地区のみである。

香港完乗の地を馬場~大學にはしたくなかったので、香港からの帰国当日の午前中、元朗地区のLRTを少しだけ残して乗ってきました。以前に写真で見たことがありますが、元朗の目抜通りを走るLRTの雰囲気が気に入りました。今回は時間があまりなくて慌しく乗り通すだけになってしまいましたが、次回は元朗の街をゆっくりと散策してみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深セン

中断していた台湾・香港方面の旅の続きです。

KCR東鐵に、尖東から羅湖まで乗り通し、深センまで行ってきました。中国(大陸)への入国は、これが2度目です。

羅湖で電車を降り先へ進むと香港の出国審査、その後国境の橋を徒歩で渡り、中国(大陸)の入国審査です。ここの入国カードは中国の他のイミグレーションとは異なり、複写式で検疫申告書と共通になったものでした。4週間以内に行ったことのある国の欄には、日本・台湾・香港と記入しました。

入国審査を終え外に出ると、目の前は中国(大陸)。雑踏の雰囲気や正面左に見える駅舎に、中国(大陸)へ来たことを実感。目の前の羅湖商業城をぶらついてから、深セン駅を経由して、街の方へと向かいました。ただ街中をぶらつくだけではつまらないので、ガイドブックに深センで一番高いビルである地王商業大厦が出ていたのを思い出して、ページをめくると、意外と近いことが判明、地王商業大厦に向かって歩くことに。2日前に高雄で74階の展望台上ったばかりなのに、またまた高いところへ・・・。どうやら、初めての土地へ行くと、高いところに上りたがる傾向があり、馬鹿と煙は高いところに上るというのは本当のようです(笑)。69階の展望台に上ると、深センの街が一望できるが、市街地が広がりが意外と大きく、深センの街の大きさを実感できる。展望台の喫茶コーナーで紅茶とケーキを注文して休憩。

1219shenzhen01
地王商業大厦の外観

1219shenzhen02
展望台から見る深センの町並み

1219shenzhen03
紅茶とケーキ

帰りは歩き疲れたので、バスでに羅湖まで行こうと適当なバスに乗り込んだら、駅方面(羅湖)には行かないことが判明、すぐに下車し、羅湖方面に歩いて行くことにした。羅湖イミグレ内の食堂で早めの夕食を取って、電車で香港に戻ることにする。

次回この方面に行く機会があったら、蛇口とか珠海から中国に入国してみたいですね。

| | Comments (2)

中部国際空港、初便は既に満席

昨日より、中部国際空港発着便の国内線の予約が開始されましたが、本日、ANAのウェブサイトを見たところ、初便となると思われる、ANA213便名古屋7:15発、福岡8:40着は既に満席になっていました。

この便に乗ってみたい気もしますが、新空港から早々と去ってしまうのはちょっと寂しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中部国際空港、国内線予約開始

中部国際空港が2月17日から開港となりますが、ちょうど2ヶ月前となる本日、国内線の予約が開始されました。名古屋地区の新聞には予約開始を告げるANAの全面広告が出ていました。

1217yoyakukaishi01

その中に、こんなことが書いてありました。

(引用開始)
空港アクセス特急「ミュースカイ」の開通により、名古屋-空港間は最速28分に。さらに、ANAは電車のダイヤに出発・到着時間を合わせて福岡便と札幌便を設定。例えば、名鉄名古屋駅から博多空港までは最速2時間18分と言うスピードを実現。流れるような移動でビジネスを加速させます。
(引用終了)

「博多空港」って一体何なんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

検証~自分にお年玉キャンペーン

本日、ようやく年賀はがきを買ってきました。その際、はがきと一緒に手渡されたのが、「早出しは三文の得プレゼント」と「自分にお年玉キャンペーン」の応募用紙です。前者については以前からやっていた記憶がありますが、後者の存在は今回初めて知りました。どうやら、昨年も行われていたようですが、私はその存在に気付いていませんでした。

早出しは三文の得キャンペーンは、24日までに50枚以上の年賀状を出せば抽選で10000名に3000円の図書券があたるもの、自分にお年玉キャンペーンは、応募すると抽選で合計3000名に以下の商品(コースは各自で選択)が当たるもので、どちらも年賀はがきを50枚購入するごとに1枚の応募用紙をもらえることになっています。

因みに、三文の得キャンペーンの商品は以下の通りです。
Aコース デジタルミュージックプレーヤー 500名様
Bコース インクジェットプリンター 500名様
Cコース グルメ券20000円分 2000名様

このキャンペーンの大きな問題点は、応募用紙がはがきになっていて、応募するのに50円切手を貼らなければならないことです。宛先が郵政公社内なのに、応募に切手が必要なことに不満を漏らす人も結構多いようです。では、わざわざ切手を貼って応募する価値があるのかどうかを、具体的な数値で検証してみましょう。

今回の商品の総額、AコースとBコースも1名あたり20000円と仮定すると、3つのコースを合わせて商品総額は6000万円になります。一方、郵政公社のサイトには、前年(平成16年用年賀はがき)の自分にお年玉キャンペーンで、2150万通以上の応募があったと書かれています。これを切手代に換算すると、10億7500万円以上になります。

確率統計の用語で、期待値というのがあります。投資額に対して期待できる見返りの平均値のことです。控除率25%の競馬で100円の投資に対して75円、控除率55%の宝くじで100円の投資に対して45円となりますが、このキャンペーンの期待値は100円に対して5円58銭程度にしかなりません。結局のところ、応募者が多いほど郵政公社が儲かる仕組みになっているとしか思えません。皮肉めいた言い方をすれば、郵政公社が胴元となって悪徳ギャンブルをやっているようなものです。

ということで、私は自分にお年玉キャンペーンに応募するのはやめました。早く年賀状を完成させて、早出しは三文の得プレゼントにだけ応募することにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海、名古屋~豊橋で格安きっぷ

JR東海の名古屋~豊橋間で、来年1月8日より格安の往復割引乗車券が発売されます。

これまで、この区間には新幹線の往復割引乗車券の設定はありましたが、これまでより割引率が高くなり、在来線用も設定され、更に土休日は平日より安い料金で利用可能となります。

公式リリースはこちら

最初、この情報を知ったときは、(名古屋から)豊橋以遠へ行くのが安くなると喜んだのですが、公式リリースを細かく読んでいくうちに、以下の点を考慮する必要があることが判明しました。

・有効期間は当日限り(従来は2日)
・他乗車券のとの併用は不可。乗り越した場合、実乗車区間の運賃との差額が必要。

豊橋以遠に行く場合、この割引乗車券を利用して飛び出し区間を別途精算しようと思っていましたが、残念ながらこの方法は使えません。安く上げたい場合は豊橋駅で一旦改札を出る必要があり、新幹線で名古屋から浜松まで直通するような場合は、これまでより負担増となってしまいます。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

年賀状作成開始

11月中に年賀状作成を完了させたいなどと言っておきながら、これまで全く手を付けられていなかった年賀状作成ですが、本日、ようやく着手することができました。

パソコンで作成して印刷するつもりですが、裏面のレイアウトはほぼ完成しました。ここまでの作業は順調に進みましたが、実はまだ年賀はがきを購入していません。早く買いに行かねば・・・

そういえば、明日から年賀状の受付がスタート。来年こそは15日の年賀状受付開始に間に合うよう、作成を完了したいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福岡にて

本日は新潟から一気に福岡へ飛びました。

地下鉄福岡空港駅で地下鉄の1日乗車券を購入しようとしたら、13日から15日までノーマイカー1日乗車券が発売されており、500円(通常は600円)で購入することができました。日中はこの乗車券を利用して地下鉄沿線をぶらぶらしていました。

1213fukuoka01

夕方になり、中心部の天神界隈を歩いていたところ、偶然見かけたのがTENJIN光のファンタジー。10年前、神戸ルミナリエがスタートしてから、この時期のイルミネーションが増えましたね。

1213fukuoka02

1213fukuoka03

その後、岩田屋方面に向かって歩いていたところ、見つけたのがマレーシア航空の電飾看板。福岡からマレーシアへの直行便の宣伝ですが、キャッチフレーズが「飛んで、飛んで、飛んで、クアラルンプール。」このキャッチフレーズを見て、下記の歌を連想してしまいました。

庄野真代 飛んでイスタンブール
円広志 夢想花の歌詞「飛んで、飛んで、飛んで・・・」

1213fukuoka04

その後、地下鉄で福岡空港に直行、名古屋行き最終便にて帰宅しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五泉の「とりかん」

韓国発特典航空券の日本国内区間を利用して、新潟に来ています。

で、今夜の夕食は五泉にある鳥料理専門店「とりかん」です。この店は、数年前にパソコン通信のオフで初めて行き、その後数回利用しています。今回の訪問は昨年3月以来でした。味の感想を書くのは苦手なので、今回食べた(飲んだ)ものの画像のみということで(^^;

1212torikan01
生ビール大(1リットル)

1212torikan02
半身

1212torikan03
たれかつ

1212torikan04
かつ重

とりかんについて詳しいサイトはこちら(その1)
とりかんについて詳しいサイトはこちら(その2)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

KCR東鐵新線開業区間

KCR東鐵の尖東~紅ハム間が10月に開業したので、初乗りを兼ねて行ってきました。

KCR東鐵尖東駅は、地下鉄尖沙咀駅から地下通路で繋がっています。尖沙咀駅改札口前からまず東方向に向かい、途中で南方向に向きを変え、尖東駅に到達します。ゆっくり歩いて10分弱です。東西方向の通路には動く歩道が両方向分ありましたが、南北方向の通路には北方向(尖沙咀駅方向)に向かうものしかありませんでした。ここを通ってから約8時間後、再び通行したところ、南北方向の動く歩道は南方向に動いていました。この区間の動く歩道は、時間帯によって動く方向を変えているようです。

尖東駅は昨年開業した西鐵各駅や最近開業した地下鉄駅同様、ホームドアが設置されています。頭等(First Class)用のオクトパス読取器にタッチし、久々に頭等に乗り込みます。新線区間はほとんど地下、地上に出たと思ったら、すぐに紅ハム駅に到着です。折角なので、このまま終点の羅湖まで乗り通すことにします。

1211kcr01

1211kcr02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

青春18きっぷシーズンスタート~今期のトピック

いよいよ、本日より冬の青春18きっぷシーズンがスタートします。

121018kippu01

青春18きっぷに関する今期最大のトピックは、グリーン券を購入すれば普通列車の自由席グリーン車に乗車できるようになったことでしょう。これまで、青春18きっぷではグリーン券を購入してもグリーン車の利用はできず、どうしても利用したい場合は別に普通乗車券を購入する必要がありました。グリーン車を空席で走らせるより、どんな乗車券の客であろうと、グリーン券を購入して座席を埋めてくれた方が、売り上げ増になるという判断なのでしょうね。

これは私にとっては大きな朗報です。この情報を知って、「是非乗ってみたい」という思いが日増しに強くなってきました。

首都圏では1枚のグリーン券で複数の列車を乗り継ぐことができます。1枚のグリーン券で乗り継げる最長区間は、沼津~前橋のようです。この区間を乗り通してみたい気がしますが、沼津も前橋もグリーン車連結列車の運行時間が限られているので、ちょっと難しそうです。熱海~高崎か熱海~宇都宮なら、本数も多いので、都合がつけばこのどちらかを乗り通してみたいと思います。できれば土曜日か日曜日に・・・(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

香港の両替所

香港でレートの良い両替所といえば、重慶大厦が有名である。ただし、入口付近の店はレートが悪く、良いレートで両替しようと思うと少し奥まで行く必要がある。ここで両替をするのは今回が2度目だが、私が2度見たところでは、GF(日本では1階に相当)の両替所は、入口付近の店を除くと他の店は、日本円からの売りレート(BUY)で、全て同じレートを示していた。そして、1F(日本では2階に相当)にある、Pacific Exchange Co.では、これらの店のレート+1のレートを示していた。つまり、Pacific Exchange Co.を利用すると、1万円両替した場合、他の店より1HKD受け取る金額が大きくなる。

1209pacificexchange01

ということで、前回の両替ではここを利用し、今回もここを利用しようと思っていたのだが、先客(黒人3人組)の対応に時間がかかり、5分近く待ったものの待ちきれなくなって、下の階の別の店を利用してしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港での宿探し

EG217便で香港国際空港へ到着。時刻は既に22時を過ぎているが、これから今晩の宿探しをしなけらばならない。出発前にインターネットで安いホテルを予約するつもりだったが、いくつかのサイトから予約を入れたところ、意外にも満室の回答ばかりで、料金的に満足できるところが見つけれられず、予約なしでの香港入りとなった。

香港国際空港には、到着階にホテル予約のカウンターがあり、ここで当日のホテルを確保することができる。以前に一度ここを利用したことがあるり、場所は分かっているので、入国審査が済み次第即座にここへ向かう。カウンターの背後には、予約可能なホテルのリストが出ているが、過半数のホテルは満室の表示が出ている。カウンターで先客への対応が終わった係員に、2泊可能なところで一番安いホテルはいくらかを訊いてみたところ、提示された金額は何と1泊1500HK(レート計算はこちら)。さすがにこの値段を払って泊まる気がしないので、ここでの予約をあきらめ、ゲストハウスを当てにして中心部へ行くことにする。

東湧までバス、東湧から地下鉄という、中心部へ向かう最安ルートで尖沙咀へ、ガイドブックで目星を付けていた美麗都大厦のゲストハウスへ向かう。ゲストハウスといえばすぐ近くの重慶大厦が有名だが、客引きが激しいとのことで、予約なしでそこへ向かうのは避けたかったので、こちらを選んだのだが、地下鉄の出口を出ると早速客引きに声をかけられる羽目に。結局、美麗都大厦から離れる方向に逃げてしまったので、美麗都大厦をパスして第二希望で検討していた利園旅店へ向かうことにする。

利園旅店は美麗都大厦から徒歩で数分、雑居ビルの8階にあるが、大きな看板が出ているので見つけるのに苦労することはない。ビルに入りエレベーターで8階へ上がっていくが、このエレベーターが凄い。手動のドアで手前に引く形になっている(中ドアは自動)。しかし、エレベータを降り利園旅店の玄関まで行ったところ、「本日は満室」との張り紙が出ている。仕方なく引き返し、ここへ向かう途中に看板を見つけた香港星華賓館へ行ってみることにする。看板には6階と書かれているが、ビルの入口が施錠されている(香港の雑居ビルは、防犯の為、夜間は入口が施錠されていることが多い)。中にガードマンらしき人がいたので、6階のゲストハウスに行きたい旨を告げ入口を開けてもらう。こちらのエレベーターも手前に引く手動ドアで、中ドアも手動だった。

6階でエレベーターを降りると、すぐ目の前が香港星華賓館の玄関で、中に入ると小さなカウンターがあり、空室を訪ねたところあるとのこと。値段は250HKDくらいを期待していたが、バストイレつきで1泊350HKD。250HKDでホテルに泊まったことのある身としては幾分高く感じられるが、1500HKD払うことを考えたら格段に安いし、これ以上空室を探し回る気力もないので、とりあえず1泊ということで、代金を払ってここに宿泊することにする。4本の鍵(ビルの入口、ゲストハウスの入口、自室、室内の引き出し)を貰い、部屋に入ると、確かに部屋は狭い。シャワーは完備されているが、トイレの中でシャワーを浴びるような感覚である。

1208starguesthouse01

1208starguesthouse02

ホテルの混雑状況から考えて、安いホテルを探すのは困難と判断し、翌朝、もう1泊分の代金を払ってここで延泊することにしました。

因みに、利園旅店と香港星華賓館は同一オーナーの経営です。帰国してからこのことに気付きました。
両ゲストハウスのオフィシャルサイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

機内食(EG217)

先日搭乗したEG217便、台北→香港の機内食です。

1207meal01.jpg

機内食とは言っても、日本-韓国と同じくらいの距離なので、軽食のみです。シートベルト着用サインが消え、しばらくしたら、飲み物の注文を聞くことなく、次々と乗客に配付されていきます。飲み物はトレーの中にオレンジジュースが既にセッティングされています。アルコール飲料を持っている気配がなかったので、アルコールを飲めるかどうか訊いてみたところ、飲めるとのこと。早速ワインを注文しましたが、ワインを飲み始める前に食事がなくなるのも寂しいので、ワインを持ってくるまで食べるのを待っていたところ、多くの乗客は早々と食べ終えてしまい、私がワインを飲み始めた頃は、多くの乗客のトレーが回収されているところでした。

JALの日本-韓国線では、来年1月15日から機内食が更に縮小されることが決まったようですが、この区間の機内サービスが今後どうなるのかは、非常に気になるところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台北中正国際空港のスカイトレイン

台北中正国際空港では、制限区域外で第1ターミナルと第2ターミナルを連絡する手段として、スカイトレインが運行されています。

私が香港へ向かうのに利用したのは第1ターミナルですが、出発まで時間があったので、スカイトレインに乗って第2ターミナルまで往復してきました。

帰り(第2ターミナル→第1ターミナル)の手順に沿って見て行きましょう。

1206skytrain01.jpg
第2ターミナル内の標識
中国語では「電車」と表現されていますが、日本でいうところの新交通システムです。

1206skytrain02.jpg
エレベーターで3階から1階へ移動

1206skytrain03.jpg
スカイトレインの案内
この両側に乗降ホームがある。

1206skytrain04.jpg
第2ターミナルの乗降口

1206skytrain05.jpg
車内の様子
車両の写真も撮りたかったのですが、夜間でガラス張りの為、ストロボが反射してうまく撮影できませんでした。

1206skytrain06.jpg
第1ターミナルの乗降口

1206skytrain07.jpg
再びエレベーターに乗って、3階から1階へ移動すると第1ターミナルへ到着

| | Comments (2) | TrackBack (2)

東帝士85大楼

台湾・香港ネタが中断してしまいましたが、再開です。

凱得来大飯店チェックイン後は、バスに乗って、東帝士85大楼の展望台へ向かいました。バスを降りると目の前にビルがあり、1階が百貨店になっていましたが、展望台への入口を探すのに、ちょっと苦労してしまいました。85階建てのビルですが、展望台があるのは74階と75階です。75階はラウンジ兼レストランになっていますが、料金が高そうだったので、74階の展望台のみ(100元)にしておきました。本当は明るいうちに展望台に上り、昼の景色と夜の景色の両方を楽しみたかったのですが、遅くなってしまい、バスを降りた時点で既に空は真っ暗になっていました。このビルは38階から70階がホテル(高雄金典酒店)になっていて、客室からの眺めが良さそうです。インターネットで予約すれば、1泊10000円程度で泊まれるので、次回高雄に行く機会があればここに泊まってみたいですね。日本と同じく地震の多い地域なので、ちょっと不安ではありますが・・・

私にとって、高層ビルの展望台では、ここ74階がこれまでに上ったことのある最高階となりました(これまでの最高階はソウル・大韓生命63ビルの60階が最高)。来年早々には台北のTAIPEI101に展望台がオープンするようですので、こちらにも是非行ってみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12月1日、ICa(アイカ)スタート

羽田空港第2ターミナルより、富山行きの飛行機に搭乗しました。その後、小松空港から別の飛行機に乗る予定があったので、富山空港から小松空港まで地上移動しましたが、偶然にもこの日から北陸鉄道でICカード・ICa(アイカ)の発売開始という情報を事前に得ていたので、移動の途中で北鉄金沢駅前センターに寄り、誕生記念のカードを購入してきました。

1204ica01.jpg
1204ica02.jpg
記念カードと粗品で貰えたハンドタオル

小松空港行きのバスでもICaが利用できるかどうか確認したところ、OKとのことでした。早速、小松空港まで使ってみようと思いましたが、次の空港行きバスまで時間があり、JR福井行き普通電車が間もなく発車するところだったので、電車を利用して小松まで行ったので、ICaの利用は次回以降にお預けとなりました。10年で失効してしまうので、早めに行かなくては・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12月1日、羽田空港第2ターミナルセレモニー

一昨日、羽田空港第2ターミナルオープンに合わせて行われた、早朝に行われた2つのセレモニーの様子です。

1203terminal2_01.jpg
上記の写真は、第2ターミナルオープンのセレモニーです。テープカットが行われていましたが、空港関係者や報道関係者が多く、テープカットの様子は撮影できませんでした。セレモニー終了後、上階へ上がるエスカレーターが開放されました。

1203terminal2_02.jpg
こちらの写真は、第2ターミナル一番機の出発セレモニーの準備中の様子です。ラウンジでビールを飲んでいたため(^^;、セレモニー進行中の様子は見ていません。


| | Comments (0)

12月1日、モノレール浜松町駅

昨日の予告通り、東京モノレールの延伸区間に乗ってきました。

下記の写真は、羽田空港第2ビル行き一番列車出発前の浜松町駅の様子です。

1202monorail02.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蒲田のカプセルホテルより

現在、蒲田のカプセルホテルに滞在中です。

キャビンタイプと呼ばれる個室型のカプセルで、デスクには無料のLANが設置されていて、現在そこにパソコンを接続して書き込んでいます。

1201kamata01.jpg

本日、12月1日、羽田空港第2ターミナルオープン、及び東京モノレール延伸ということで、早朝、モノレール延伸区間を乗車してから、第2ターミナルよりANA便に搭乗します。

出発時間が早いので、そろそろ寝ることにします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »