« 第二の「無限ループ」スタート | Main | 名鉄時刻表、12月29日発売 »

香港馬鞍山鐵路21日、深セン地下鉄28日開業

2日前に香港の鉄道完乗まであと一息と書きましたが、ネットをいろいろと見ていたところ、香港に新しい鉄道が開業したとの記事を見つけました。KCR馬鞍山鐵路(Ma On Shan Rail)で、開業日は21日とのことです。

馬鞍山鐵路とは、KCR東鐵の大圍駅から北東に向かう11.4kmの路線で、11月にKCRの駅を見た限りでは、既に路線図(間もなく開業の意味の注記あり)が出ている駅もあり、開業が近いことを実感できました。昨日、KCRのオフィシャルサイトを見たところ、開業に関する記事は見当たらなかったので、既に開業していたとは驚きです。前回の尖東延長もそうでしたが、香港では開業初日は午後3時から運行を開始することが多いようですね。

最初に情報を発見したサイトはこちら(早々に内容が更新される可能性大)
馬鞍山鐵路について、詳しく書かれた日本語サイトはこちら

その後、いろいろ調べていたところ、お隣の深センでも今月28日に地下鉄が開業するとの記事を見かけました。

深セン地下鉄開業に関する日本語の記事はこちら

この方面には、先月半ばに行ったばかりなのに、早くもまた行きたくなってしまいました。

|

« 第二の「無限ループ」スタート | Main | 名鉄時刻表、12月29日発売 »

Comments

初めて書きます。よろしくお願いします。17~22に香港へ行ってました。で、21開業初日に馬鞍山鐵路に乗ってきました。最初は午後3時開業と知らずに12時に始発の大圍に行ってしまい、そこで初めて3時開業を知って愕然としてしまいました。さすがに3時間留まっているのは時間の無駄に思ったので、一旦尖東へ戻って別件を済ませてから、再度2時半に戻ってきました。(ちなみに尖東~紅はむ間も初乗車です)その時点で4番線ホームへ行くエスカレーター前に行列が出来ており、私もそこに加わりました。そして3時10分ほど前、列先頭がわれ先にと一番乗りを目指すが如く、一番列車へ列が吸い込まれていきました。私も幸い、その列車の最後部に乗ることができました。そして発車。ん、何か違う。何と複線の右側を走っているのです。他の香港の鉄道は日本と同じく左側なのに、なぜか馬鐵だけは右側なのです。大圍では1番線が東鐵・羅湖方面、2番線が東鐵・尖東方面、3番線が馬鐵降車専用、4番線が馬鐵乗車専用となっています。2番と3番が同じホームなので、もしかしたら馬鐵降車客をスムーズに尖東方面へ乗換えできるように考えて右側通行にしたのかな、と推測してますが。沿線は、ひたすら団地がいっぱいで、乗客が十分見込めそうです。ちなみに馬鐵の開業で並行バスが廃止されて、沿線住民が反対のシュプレヒコールを上げていたと、後でニュースで知りました。

Posted by: 郎 | 2004.12.23 23:58

郎さん、詳細な乗車報告ありがとうございます。一番列車に乗車されたとは羨ましいですね。

やはり、日中に一番列車を走らせると大混雑するんですね。午後1時に開業する大阪の地下鉄で何度か経験しています。

右側通行はこれまでの香港の鉄道を考えると確かに謎ですね。乗り換えの便宜を図ってのことならば、逆方向も同一ホームで乗り換えできるようにして欲しいところです。

新しい鉄道が開業すると、並行するバスが廃止・減便に追い込まれるのは世界共通の現象のようですね。私の最寄のバス停も、10月の名城線環状化の影響で減便され、不便になってしまいました。

Posted by: おかげん | 2004.12.24 00:28

返信ありがとうございます。いやあまさか1番列車に乗れたとは自分でも可笑しなくらいです。まして現地では、よもや日本人が乗っていたとは思ってないでしょう。当日はまず終点の烏溪沙まで行き、折返しで1つ前の馬鞍山で下車しました。やっぱり路線名になってるとこには降りてみるべきと思ったので。で、降りてしたことは、隣接のショッピングモールをうろうろしただけでした。でもなかなか大きなモールで、大きな町であることを印象付けられました。そして再び馬鞍山駅へ戻り、ホームで駅名をバックに記念写真を撮ろうとしている人から撮影を頼まれて撮ってあげて(よもや日本人とは思うまい)、上り電車に乗車して大圍へ戻ってきました。大圍では先に線路が延びており、延長計画もあるようです。現在は馬鐵専用の車両基地となっています。延長したあかつきも、現在のまま右側でいるんでしょうかね。まあもともと大圍は東鐵が対向式のホームになってるんで、それを馬鐵も含めて方向別に改良するのは、かなりの手間がかかりそうですし、少しでも乗換えを便利に、と考えてあみだしたのが右側っていうことのように勝手に解釈しちゃってます。ちなみに車両は東鐵の最新型かつ西鐵にも使われている車両で、シートはすべてロングです。

私の住んでる東京でも2000年に都営大江戸線開業を機に、都営バスのたくさんの路線が廃止されました。利用していた特に高齢の方には痛手だったようで、現在では、地元の要望で日中に限って路線が復活したり、あるいはコミュニティーバスのように走らせたりしているところも出ています。ほんと、どこも同じですね。

Posted by: 郎 | 2004.12.24 15:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 香港馬鞍山鐵路21日、深セン地下鉄28日開業:

» 12.28 深[土川](シンセン)地下鐵開業 [油麻地の街角から]
深[土川]の地下鐵1号線一期工事区間、羅湖—世界之窗(窓)間が、12月28日に開 [Read More]

Tracked on 2004.12.26 17:18

« 第二の「無限ループ」スタート | Main | 名鉄時刻表、12月29日発売 »