« December 2004 | Main | February 2005 »

期限ギリギリでANAのマイル消化

ANAマイレージクラブで2002年に貯めたマイルが、本日有効期限を迎えます。本来ならば2004年12月が有効期限ですが、ANAが特別に有効期限を延長したため、今月末が期限となっていました。ということで、特典の交換のため、本日マイルを大量に消化しました。

マイルの有効期限を迎える日であったことに加え、明日の発券分からは燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)が加算されることもあり、予約受付電話は非常に混雑していました。

マイルをどのように使ったのかは、航空券等を利用した際に、その都度書くことにします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

セントレアライン、走ってきました。

昨日は名鉄空港線の初日でしたが、本日はセントレアライン(中部国際空港への道路)が15時から供用開始ということで、早速走ってきました。昨日から西ノ口駅近くに車を停めたままになっていたので、電車で西ノ口まで行き車に乗りかえ、西ノ口から国道155号線に出て、常滑市街方向に向かいます。中部空港右折の標識が出ている交差点を右折して2キロほど走ると、有料道路セントレアラインの入口(りんくうIC)となります。入口を過ぎると料金所があり、350円を支払います。15時30分頃、電車の中から見たところ、料金所には長い列ができていましたが、私が通過した16時10分頃には、順番待ちの列はほとんどなくなっていました。しかし、連絡橋を過ぎ、駐車場入口が近づいてくると突然大渋滞となり、駐車場入口まで10分近く要してしまいました。

0130c_line01
セントレアレインの領収書

駐車場は少しの時間でも有料かと思っていたのですが、「30分まで無料」との表示を何箇所かで見かけ、駐車場に入ってみることにしました。駐車場は立体式で数ブロックに分かれ4層になっていますが、まだ物好きな見物客だけなので、一番旅客ターミナルに近い下層に車を停めることができました。名鉄の駅のあるアクセスプラザへ向かうと、かなり多くの人がいました。また、空港島東側に2月1日オープンの予定の、アクセスプラザから連絡通路で結ばれているコンフォートホテルが、1階のフロント階を開放していたので、そちらに向かう人も多く見かけました。

アクセスプラザの駐車場寄りには、駐車場の事前精算機がありました。ここで料金の精算をすると、駐車場出口での支払いが不要になります。ここで精算をすると、30分以内に出場すればOKなので、ここで精算を済ませておきます(今回の場合、29分だったので、無料)。朝から水分を取っていなかったので、アクセスプラザ内のコンビニ(サンクス)で飲み物を購入し、出庫のため駐車場へ向かいます。事前精算を済ませているので料金所の精算機に駐車券を投入して後は出るだけと思っていたら、投入口に駐車券が入りません。横に立っていた係員に「そのまま通ればいい」と言われました。このときは気付いていなかったのですが、帰宅してからセントレアオフィシャルサイトの「お客様駐車場の概要について」を見たところ、車番認識システムにより、出庫時はノンストップで出場できるようになっているとのことです。駐車場のシステムにも意外なハイテクが駆使されているのですね。

0130seisan01
事前精算機

0130c_line02
駐車券(0円の領収書?)

その後は連絡橋を渡りりんくうICを出て、それ以降は一般道路を走り帰宅しました。所要時間はちょうど1時間でした。1時間なら有料道路を使わないで(連絡橋部分を除く)運転しても苦痛ではありませんが、駐車料金(1日1500円)のことを考えると空港利用時は電車での往復になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名鉄空港線開業

本日開業、ということで早速乗ってきました。一番電車は西ノ口発5時8分なので、車を飛ばして西ノ口へ。西ノ口から中部国際空港に向けて乗車しました。

0129kukosen01
西ノ口駅の案内板、西ノ口発の一番・二番電車は4番線より発車

0129kukosen02
中部国際空港行き一番電車

30人近くの乗客を乗せ西ノ口を定刻に発車、常滑で乗客が倍近くになり、いよいよ新線に入ります。といってもまだ真っ暗なので、景色は見えず、空港ターミナルビルの明かりが見えるだけです。

0129kukosen03
車内の案内表示

0129kukosen04
中部国際空港駅に到着

0129kukosen05
中部国際空港の駅名標

0129kukosen06
二番電車はパノラマカー

折り返し6時19分発の金山行き一部特別車特急に乗車し、一旦帰宅しました。往復とも新線区間は暗闇の中の走行で、車窓を楽しめなかったので、もう一度乗りに出かけてきます。

| | Comments (0)

深セン地下鉄、乗車しました(その3)

昨日の投稿の続き

ICカードが入手できたので、改札の中に入ります。コイン型の片道乗車券もICカードも、入場時は同じセンサーにタッチします。

0128shenzhen01
車両は6両編成で、各駅のホームにはスクリーンドアが設置されてします。

0128shenzhen02
車内ドア上部の路線図
現在地を表示できるようになっているなっているようですが、作動していませんでした。
駅名のローマ字表記は普通名詞であっても英訳されることなく、中国語のピンインのままです。

とりあえず、羅湖から1号線終点の世界之窗まで乗車しました。出場時、自動改札ではICカードはセンサーにタッチしますが、片道乗車券はコイン用の投入口に入れ回収されます。慣れない乗客が多いせいか混雑していました。また、駅構内や駅入口では記念写真を撮っている人を多く見かけました。

0128shenzhen04

0128shenzhen03
柱や壁に表示されている駅名の書体は香港と同じ?

世界之窗とは風変わりな駅名だなと思っていたら、駅近くにあるテーマパークの名前でした。折角なので、120元払って世界之窗に入場してきました。世界の有名な建築物や名所のミニチュアが多数あります。最大のものはパリのエッフェル塔で、実物の3分の1の大きさでエレベーターで上まで上ることができます。

0128shenzhen05

0128shenzhen06

4時間近く世界之窗に滞在して、帰りは会展中心で4号線に乗りかえます。4号線は複線分の設備がありますが、暫定的に単線運転をしていました。

0128shenzhen07
会展中心駅ホームの案内
このホームに両方向の電車が発着する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深セン地下鉄、乗車しました(その2)

昨日の投稿の続き

深センの地下鉄では、片道乗車券の他に、ICカードも利用できます。事前にこの情報を入手していたので、カードコレクターの私としては、これを買わないわけにはいきません。問題は、このカードが欲しいことを伝えるだけの語学力がないこと。自動改札を見ると、カードセンサーのところに「储值卡」と書かれていたので、「我要储值卡 多少钱?」と書いたメモを窓口に出します。そうしたら、「90元(40元押金,50元可以用的)」と書かれ、メモが返ってきました。「押金」という表現は始めて見ましたが、保証金のことであるのはすぐに分かりました。100元紙幣を差し出し、ICカードを無事入手することができました。

0127card_shenzhen01

続きはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深セン地下鉄、乗車しました(その1)

馬鞍山鐵路に乗りに行った翌日は深センの地下鉄に乗りに行きました。こちらの開業日は馬鞍山鐵路の1週後の12月28日でした。

0126shenzhen01
羅湖のイミグレーションを抜けると、正面が地下鉄駅へ下る階段(エスカレーター)となりますが、工事用囲いが残っており直進できず、一度階段(エスカレーター)で上に上がってから地下コンコースへ向かいます。

0126shenzhen02
出札窓口と自動改札

0126shenzhen03
片道乗車券の券売機

0126shenzhen_ticket010126shenzhen_ticket02
乗車券はプラスチック製のコイン型で、サイズは500円硬貨より一回り大きい。

0126shenzhen04
福民~皇崗は未開通(工事の遅れ?)。この区間も同時に開業する予定だったのか、路線図はすべてこの区間も記載され、必要に応じて「未開通」の注意書きがある。


続きはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

馬鞍山鐵路(Ma On Shan Rail)

昨日の投稿の続き

先月21日に開業した馬鞍山鐵路に乗ってきました。

馬場経由尖東行きの電車を大圍で下車し、馬鞍山鐵路(以下、馬鐵と表記)に乗りかえます。東鐵・馬鐵は双方とも相対式ホームで、東鐵の尖東方面と馬鐵の下車ホームは、同一平面で乗り換えができるようになっています。

0125maonshan01
大圍駅ホーム

0125maonshan02
馬鐵の発車案内、運転間隔は5分?

0125maonshan03
馬鐵の車両最後部

車両は4両編成で、東鐵と同じ5扉です。大圍を発車し、電車は高層住宅の中を走ります。東鐵に比べて駅間距離が短いので、すぐに次の駅に着いてしまうような印象を受けます。駅間距離がやや長くなる石門を過ぎたあたりから、高層住宅がやや途切れ途切れになってきますが、車窓から高層住宅が消えることなく終点の烏溪沙に着きます。東側は高層住宅が林立していますが、西側には海も見えます。

0125maonshan04
終点の烏溪沙駅

0125maonshan06
烏溪沙駅に隣接するバスターミナル

0125maonshan05
烏溪沙駅東側の様子

0125maonshan07
烏溪沙駅西側の様子
空気が霞んでいて、画像ではよく見えませんが、木立の向こう側は海です。

烏溪沙駅構内には、ちょっとした店はあるものの、駅周辺には他の商業施設がないので、帰路は路線名にもなっている隣駅の馬鞍山に下車してみました。この駅の両側は大きなショッピングモールがあり非常に賑やかで、これまで鉄道がなかったのが不思議なくらいです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

KCR馬場経由

今回、香港入りの予定を1日早めたのは、実はこの路線に乗っておきたかったからです。以前に書いたとおり、この路線は沙田競馬開催日のみの運転です。航空券やホテルの予約のときにこの路線のことをすっかり忘れていて、出発2日前に開催日はいつなのだろうと急に思い出し、沙田競馬のオフィシャルサイトを調べたところ、この路線に乗るためには香港入りを1日繰り上げるしかないことが判明し、台北での宿泊を断念し、航空券の予約変更と香港のホテルの追加予約を行いました(台北のホテルは予約しないで飛び込みで行くつもりだったので、キャンセルの必要なし)。

ホテルのある天水圍からバスで上水へ、上水から尖東方面に向かうことにします。上水のホームは落馬洲支線の工事中で狭くなっています。開業したらまた乗りに行かなくては(笑)。ホームに表示される発車案内を見ると先発と次発が普通の尖東行きだったので、一本見送ります。しかしその後も表示はそのままで、行き先に馬場経由が表示される気配がありません。もしかしたら馬場経由は羅湖まで行かず途中折り返しなのかもしれない。そう思い、とりあえず来た電車に乗って馬場経由との分岐駅である大學駅まで向かうことにしましたが、途中大埔墟に折り返し線があるのを見て、ここで折り返すのではと予想をして、ここで下車しました。しかし折り返しホームの発車案内は消えたままで表示されず、折り返し電車が来るとは思えない。そう思っていたら羅湖方面からのホームの発車案内に「尖東經馬場」の表示。次発が馬場経由であることが判明し、電車を1本見送り、その次の電車の到着を待つことに。

0124racecourse01

しかし、1本目の電車が出ても、「尖東經馬場」の表示は次発のままでした。というのは、発車案内案内に「1 尖東」「3 尖東經馬場」と表示されていて、下段に表示されていたのは次発ではなく次々発だったのです(このことは、後日改めて画像を見ていてようやく気付きました)。

0124racecourse02

もう一本電車を見送り、馬場経由の電車に乗り込みました。先行する電車の直後を運転していたせいか、他の電車より空いていました。次の駅の大學を過ぎてもそのまま複線の線路を走行します。馬場駅到着の直前になってようやく左に分岐し、今回の目的の路線に入りました。しばらくして馬場駅に到着、この先は以前に乗車済みなので、これで今回の目的は達成です。馬場駅からは競馬場帰りの乗客が多数乗車してきました。今回はこの駅では下車せず、そのまま乗りとおします。右側にKCRの車庫を見ながら電車は進み、火炭駅が右側に見えた直後に先ほどの線路と再合流となります。路線図上の合流駅となる沙田でも下車せず、馬鞍山鐵路の乗換駅となる次の大圍で下車しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嘉湖海逸酒店(Harbour Plaza Resort City)

先日の香港で泊まったホテルです。出発直前に香港入りを1日早めましたが、この日は満室で取れず別のホテルに泊まったため、香港入り2日目にチェックインしました。

0123resortsity01

0123resortcity02

0123resortcity03

予約:HotelClubのサイトより(日本語ページあり)

料金:1泊375HKD 税サービス料込(円換算はこちら)

・香港のホテルの中では格段に安い部類だが、料金を考えると設備は良い。建物は新しい。

・場所は天水圍という新界のニュータウンの中にあり中心部に出るには1時間ほどかかる。だたし、輕便鐵路(LRT)銀座駅はホテルのすぐ目の前、バスターミナル(尖沙咀や銅鑼湾までの直通あり)も近くにあり、交通の便は悪くない。

・商業施設が隣接しており、24時間営業のコンビニもすぐ近くにある。

・空港と尖沙咀へのシャトルバスサービスもあるが、有料のため利用しなかった。

・部屋は広い、テーブルとソファーがありゆったりしている。

・テレビはチャンネルが沢山あり、NHKBS1とBS2が受信可能。何故かBS2は画面だけで音声が入らなかった。

・窓が非常に大きく、窓枠の部分を除いて外に面している部分は前面ガラス張りと言って差し支えない。ただし、窓から見えるのは団地と公園のみ

・冷蔵庫は冷凍庫付(冷凍庫は利用しなかった)、中身はなし

・流し台、電子レンジ、電磁式コンロの設備がある(利用しなかった)

ホテル名のResortが示すとおり、滞在型のホテルのようですが、一旦外出するといつも帰りが23時くらいになってしまい、ほとんど寝るためだけの利用になってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋~豊橋、割引切符のチラシ

金山駅へ行ったところ、JRと名鉄の双方に名古屋~豊橋の割引切符のチラシがあったので、貰ってきました。

0122nt01 0122nt02

デザインはやや異なりますが、内容的には同じです。

更に、裏面は共に時刻表になっています。

0122nt03

0122nt04
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北角(NORTH POINT)

翌朝、ホテルの近くを散策しました
0121np01

茶餐庁にてモーニングセット
0121np02

0121np03


| | Comments (2) | TrackBack (0)

世紀軒(Ibis North Point)

0120ibis02

0120ibis01

香港入国初日に泊まったホテルです。今回の香港のホテルは、別のところを予約していましたが、急遽香港入りが予定より1日早くなり、先に予約したホテルが追加で取れなかった為、別途手配しました。

予約:Asia Travelのサイトより
日本語サイトも存在するが、「ご予約申込書のご送信は、原則として日本ご出発の3日前までにお願いします。」と書かれていたため、英語サイトにて、チェックインの前日に予約

料金:1泊360HKD(円換算はこちら)+税サービス料13%

・MTR北角(NORTH POINT)駅近くで、交通の便は良い。空港バスの終点が近くなので、空港アクセスも便利。

・GF(日本の1階に相当)には何もなく、エレベーターか階段で1F(日本の2階に相当)に上がるとフロントがある。

・部屋は狭い、日本のビジネスホテル並み

・浴室は固定シャワーのみ

・空冷蔵庫、セイフティーボックス有

・スリッパがないのは不便

| | Comments (0) | TrackBack (0)

EG217、運休は残念

0119eg01
搭乗開始直前の台北中正空港搭乗口

1月15日の投稿の続き
EG283で台北に着いた後は、EG217で香港へ飛びました。当初の予定では、台北に1泊して翌日のEG217で香港に向かうつもりでしたが、香港に1日早く着きたい事情ができたため、台北での1泊を断念し、当日乗り継ぎをすることになりました。

因みに、EG217便のこの区間は、昨年の搭乗以来2度目となります。

このEG217便台北~香港の区間、日系航空会社の路線にしては、日本人の乗客が少ないところが特徴です。台北中正国際空港では、日本語の搭乗アナウンスさえもありませんでした。またこの区間のチーフパーサーは、2回搭乗した限りでは、日本人ではなく、中国系(正確な国籍は不明)乗務員が担当していました(この便の出発地は関西ですが、台北で交代しています)。機内アナウンスは日本語から始めますが、発音を聞いていると日本人ではないことが分かります。日系の路線であって日系の路線らしくない、そんなところが気に入ってしまいました。

一応、前回に続き、今回も機内食の画像をアップしておきます。今回は前回の経験を生かし、機内食を配っているときにワインをお願いしたらすぐに持ってきてくれました。

0119eg02

前回搭乗したときは、機内食のことが気になっていましたが、帰国した直後にオフィシャルサイトを見たところ、機内食以上にショッキングなお知らせが出ていました。(正確には、某掲示板で情報を知り、確認のためにオフィシャルサイトを見に行きました。)

(引用開始)
「台北=香港区間は運休となります」
日本アジア航空では旅客需要動向から、2005年2月17日からEG217・EG218便の台北=香港区間を運休させていただきます。
(引用終了)

日本~香港の特典航空券で台北にストップオーバーできるのが魅力だったのですが、運休の決定は非常に残念です。2度搭乗しましたが、確かにどちらも定員の半分以下の搭乗率でしたので、乗客が少ないというのは事実なのでしょう。しかし、搭乗待合室の賑わいを見ている限りでは、そんなに乗客が少ないとは思えませんでした。B747と大型の機材を使用していますが、もう少し小さな機材を使用すれば、それなりの搭乗率にはなると思うのですが、機材繰りは難しいのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋~豊橋、名鉄の対抗策

先日のブログで、JR東海が名古屋~豊橋間の格安往復乗車券が発売されることを書きましたが、今度は名鉄が対抗策を出し、2月1日から「なごや特割2平日」「なごや特割2土休日」が発売となることが発表されました。

オフィシャルサイトでの発表はこちら

往復の金額で比較すると、平日1800円、土休日1500円になるところはJRと同じですが、微妙なところで名鉄の方が使い勝手が良くなっています。名鉄のものは実質的には2枚綴りの回数券なので、往路と復路で別の日に使ったり、2人で同時に使用したり、同じ方向に2度使用することが可能です。また、先日のブログで書いた通り、JRのものは乗り越したり他の切符と併用することができませんが、名鉄のものにはこのような制限がありませんので、豊橋以遠に行く場合に、豊橋駅で一旦改札を出る必要がありません。二川駅や浜松駅などで、このきっぷでの精算客があまりに多いようだと、JR東海も現行のルールの変更を考えるでしょうね。

因みに、オフィシャルサイトには書かれていませんが、この切符の有効期間は発売月の1ヶ月間です。
(情報源:18日付中日新聞)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青春18きっぷ利用報告

今シーズンの青春18きっぷを昨日で使い切ってしまったので、普通運賃でいくら分乗ったか調べてみることにしました。

(1日目)
名古屋→大甕 7980円
大甕→東京 2520円
東京→川崎 290円
1日目計 10790円

(2日目)
名古屋→稲荷 2520円
稲荷→関西空港 2100円
新千歳空港→札幌 1040円
札幌→新千歳空港 1040円
勝川→金山 230円
2日目計 6930円

(3日目)
関西空港→名古屋 4520円
3日目計 4520円

(4日目)
名古屋→東京 6090円
北千住→水道橋 210円
4日目計 6300円

(5日目)
水道橋→渋谷 160円
渋谷→宇都宮 1890円
宇都宮→名古屋 7350円
5日目計 9400円

総合計 37940円

ここ最近、続けて行っていた、高松(さぬきうどん)に今回行けなかったのは残念です。春の18きっぷが使えるようになったら、早速行ってみることにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宇都宮餃子とグリーン車

昨日は所用で東京へ行き、そのまま都内のホテルに泊まりました。今日は1日かけて青春18きっぷで名古屋まで帰るだけの予定でしたが、真っ直ぐ帰るだけでは勿体無いので、宇都宮まで行くことにしました。目的は、宇都宮で餃子を食べることと、今シーズンから利用可能となった青春18きっぷでのグリーン車乗車で、なるべく長距離(宇都宮→沼津)を乗り通すことです。

目覚ましをセットしないで寝たら、目が覚めたのは午前9時。急いで身支度をし、チェックアウトしてJR最寄り駅である水道橋駅へ向かいました。みどりの窓口で時刻表を見て、宇都宮まで電車と帰りの名古屋までの電車を決めます。水道橋から宇都宮へ行く場合だと上野駅へ出るのが便利ですが、データイムの宇都宮線の快速は湘南新宿ライン直通となっているため、新宿方面に向かうことにします。時間に余裕があり、確実に着席したいため、渋谷から宇都宮行き快速に乗車することにしました。

当初の予定では、行きは普通車に乗る予定でしたが、グリーン車Suicaシステムを試してみたかったので、行きもグリーン車を利用することにしました。渋谷駅ホームのグリーン券発売機で、Suicaグリーン券を購入し、宇都宮行き快速のグリーン車に乗り込みます。車内はまだ新しくて非常に快適、早速、Suicaを座席上部のグリーン券情報読取り部にタッチして、赤ランプを青に変えました。

0116ug01

宇都宮到着と同時に、青ランプが赤ランプに変更、約1時間40分の道程は意外と短く感じました。

さて、いよいよ餃子店巡り。とはいうものの天気は雨、傘を差して街を歩く気力はないので、今回は駅の近くだけにしておきます。

1 みんみんパセオ店
0116ug02

0116ug03

0116ug04

人気店らしく、入口に10数人の列ができています。券売機で食券を購入して、席が空くのを待ちます。焼餃子、水餃子、地ビール、ライス(小)を注文。カップル客が多かった。


2 宇都宮餃子館 西口駅前1号店
0116ug05

店内は意外と小さい。既に満腹に近い状態なので、餃子だけを注文(野菜餃子、ニラ餃子)


3 餃子家金太  
0116ug06

0116ug07

調子に乗って、駅のすぐ近くでもう1軒。焼餃子と水餃子を注文。男性の1人客が多かった。  

帰りは、宇都宮から沼津までグリーン車の乗り継ぎです。グリーン車Suicaシステムは利用できないので券売機でグリーン券を事前購入し、グリーン車に乗り込みます。

0116ug08

しばらくしてグリーンアテンダントがグリーン券のチェックに来ます。乗り継ぎ駅を訊かれ、戸塚と答えると、手に持っていた端末に何か入力をして、座席上部のランプが赤から青に変わりました。グリーンアテンダントは車内販売も行っているので、何か購入したい気にもなりましたが、餃子で満腹になっているので、今回はパス、またの機会に利用してみることしましょう。

半分くらい寝てしまいましたが、都心を通過し私が下車する予定の戸塚に到着、13分の乗り継ぎで沼津行きに乗りかえます。2階席は込んでいたので、1階席に座ります。新車のサロE231と比べると、サロ124は随分と見劣りがします。ここでも半分くらい寝てしまいましたが、終点の沼津に到着、1階席で沼津まで乗車したのは4人だけでしたが、2階からは結構多くの人が下車していたようです。

その後は、普通車を乗り継いで名古屋まで帰ることになりますが、グリーン車に 時間乗り続けたあとの113系普通車は辛いですね(^^;。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

機内食(EG283)

NGO→TPE 07JAN2005

1115meal01

金目鯛の香草焼きご飯添え
生ハムとスモークビーフ
スモークサーモン
ポテトサラダ
信州そば
チョコレートムース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋空港より、最後の出国(画像のみ)

0114nagoyaap04

0114nagoyaap01

0114nagoyaap02

0114nagoyaap03

| | Comments (1) | TrackBack (0)

無事帰国しています

報告が遅れましたが、無事帰国しています。今回入国したところは台湾・香港・中国でした。

12日から投稿を再開すると書いておきながら、既に13日夜になってしまいました。デジカメ画像のパソコンへの取り込みがまだできていませんが、海外で災害に遭って行方不明になっていると勘違いされても困るので(笑)、一応帰国の報告だけしておきます。

旅行の報告は明日以降という事で・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不在通知

特典航空券を利用して、国外に行ってきます。

インターネットにアクセスできる見込みがないので、しばらくの間、更新を休ませていただきます。次回の更新は、12日になる見込みです。8日~11日分については、過去日付で投稿するか飛ばすかは現時点では未定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

干支

この時期、テレビや新聞などで干支(えと)が話題になることが多い。というか、この時期にしか話題にならないと言った方が正しいであろう。

干支とは、読んで字の如く十干と十二支の組合せのことである。しかし、今年の干支はと問われたら、多くの人は「酉(とり)」と答えるであろう。「乙酉(きのととり)」と答える人は極めて少数派ではないかと思われる。もっとも、辞書で干支の意味を調べると、第二の意味として「十二支」と書かれているものもあるので、間違いとは言えないのだが・・・

問題なのは、マスコミで「今年の干支=酉」と表現されるのが当たり前になっていること。年末から年始にかけて、マスコミで一度も「乙酉」という言葉を見聞きしなかった。唯一「乙酉」を見かけたのは、私宛に来た年賀状のうちの1枚であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元日の札幌(札幌市内編)

名古屋から伏見稲荷を経由して関西空港へ、関西空港からJALで新千歳空港に飛んで、JRで札幌市内入りしました。

札幌へ来ると行きたくなるのが、ジンギスカンとラーメン横丁です。元日にススキノの店が開いているかという不安がありましたが、ラーメン横丁は大半が営業、ジンギスカンの店も昼間から営業しているところがありました。


0105sapporo01

0105sapporo02
昼間から営業している「味の羊ケ丘」
昼間は2階のみの営業です。


0105sapporo03

0105sapporo04
ラーメン横丁、今回は「特一富屋」
元日ということもあって閑散としていました。


0105sapporo05

0105sapporo06
折角元日に来たのだから、札幌でも初詣・・・
ということで北海道神宮まで行ってきました。積雪が踏み固められているので、歩くのには難儀しましたが、何とか転ばずに済みました(^^)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

元日の札幌(名古屋駅編)

先日の投稿では、元日に札幌に行ったとしか書きませんでしたが、そのときの画像をいくつかアップしておきましょう。

名古屋から関西空港まではJRの普通列車で移動しました。名古屋を朝7時過ぎでも間に合うのですが、伏見稲荷に初詣に行く時間を確保するため、終夜運転の列車(名古屋4:42発)にて出発しました。普段は客扱いのない時間帯の画像です。

0104nagoya01
6番線に運転停車中の「銀河」
普段はこの時間、駅構内が閉鎖されているため、名古屋駅で下り「銀河」を見ることはできません。

0104nagoya02
LED発車案内
発車時刻は4時42分なのに、なぜか4時10分と表示されていました。その次の下り列車はムーンライトながら91号です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パノラマDX

0103dx01

今日は、パノラマDXに乗車して、豊川稲荷まで初詣に行ってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005元日、札幌へ

昨日は日帰りで札幌まで行ってきました。

わざわざ日帰りで札幌まで向かったのは、単なる特典航空券の消化のためです。12月21日のブログで書いた特典航空券の香港行き部分を、当初の予定より繰り上げて使用したいため、国内区間を消化するために出かけました。本当はこの特典航空券で札幌雪まつりに行くつもりでしたが、雪まつり期間中は既に特典航空券は満席となっているため、別の特典航空券を新たに発券することは無理と判断し、今年の雪まつり見物は断念することにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年の挨拶(4ヶ国語)

明けましておめでとうございます。
A HAPPY NEW YEAR!
新年快乐!
새해 복 많이 받으세요.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »