« 名古屋~豊橋、名鉄の対抗策 | Main | 世紀軒(Ibis North Point) »

EG217、運休は残念

0119eg01
搭乗開始直前の台北中正空港搭乗口

1月15日の投稿の続き
EG283で台北に着いた後は、EG217で香港へ飛びました。当初の予定では、台北に1泊して翌日のEG217で香港に向かうつもりでしたが、香港に1日早く着きたい事情ができたため、台北での1泊を断念し、当日乗り継ぎをすることになりました。

因みに、EG217便のこの区間は、昨年の搭乗以来2度目となります。

このEG217便台北~香港の区間、日系航空会社の路線にしては、日本人の乗客が少ないところが特徴です。台北中正国際空港では、日本語の搭乗アナウンスさえもありませんでした。またこの区間のチーフパーサーは、2回搭乗した限りでは、日本人ではなく、中国系(正確な国籍は不明)乗務員が担当していました(この便の出発地は関西ですが、台北で交代しています)。機内アナウンスは日本語から始めますが、発音を聞いていると日本人ではないことが分かります。日系の路線であって日系の路線らしくない、そんなところが気に入ってしまいました。

一応、前回に続き、今回も機内食の画像をアップしておきます。今回は前回の経験を生かし、機内食を配っているときにワインをお願いしたらすぐに持ってきてくれました。

0119eg02

前回搭乗したときは、機内食のことが気になっていましたが、帰国した直後にオフィシャルサイトを見たところ、機内食以上にショッキングなお知らせが出ていました。(正確には、某掲示板で情報を知り、確認のためにオフィシャルサイトを見に行きました。)

(引用開始)
「台北=香港区間は運休となります」
日本アジア航空では旅客需要動向から、2005年2月17日からEG217・EG218便の台北=香港区間を運休させていただきます。
(引用終了)

日本~香港の特典航空券で台北にストップオーバーできるのが魅力だったのですが、運休の決定は非常に残念です。2度搭乗しましたが、確かにどちらも定員の半分以下の搭乗率でしたので、乗客が少ないというのは事実なのでしょう。しかし、搭乗待合室の賑わいを見ている限りでは、そんなに乗客が少ないとは思えませんでした。B747と大型の機材を使用していますが、もう少し小さな機材を使用すれば、それなりの搭乗率にはなると思うのですが、機材繰りは難しいのでしょうか。

|

« 名古屋~豊橋、名鉄の対抗策 | Main | 世紀軒(Ibis North Point) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference EG217、運休は残念:

« 名古屋~豊橋、名鉄の対抗策 | Main | 世紀軒(Ibis North Point) »