« 常滑港~セントレアに新航路 | Main | 人民元 »

伊予鉄道がICカード導入

伊予鉄道のICカード「ICい~カード」が8月23日から導入開始となることが決定しました。

伊予鉄道:共用ICカード導入、電車・バス・タクシーで使用--来月23日(毎日新聞サイト)

これまで、Suicaをはじめとして交通機関の支払いを目的としたICカードは多数入手してきましたが、ICい~カードのオフィシャルサイトを見たところ、このカードには、これまでのカードにはない機能が含まれています。
いくつかのブログでは、おサイフケータイで利用できるモバイルい~カードに関心が集中しているようですが、個人的には、1Dayチケットサービス
の方に興味があります。伊予鉄道では、市内電車(坊っちゃん列車を除く)及び都心循環バス(東西線・東南線)を1日に何度も利用できる「1Dayチケット」を従来から発売していますが、ICカードの中に、このチケットの機能も含まれています。市内電車の運賃は150円、1Dayチケットの値段は300円ですが、ICカードを利用すると、当日の1乗車目、2乗車目は割引運賃の140円が引かれ、3乗車目には20円のみが引かれ、それ以降は何度乗車してもカードから金額が引かれません。これまでだと、その日に何度乗るかを考えて、その都度運賃を支払うのと1Dayチケットを購入するのとどちらが特かを判断する必要がありましたが、その判断をする必要がなくなりました。この機能は画期的だと思います。

私の地元、名古屋地区では、JR東海・名鉄共に、数年のうちにICカードを導入する動きがあるようですが、名古屋~豊橋を当日中に往復した場合に、名古屋・豊橋往復きっぷ  やなごや特割2の金額を自動的に差し引いてくれる仕組みが導入されることを期待したいですね。

|

« 常滑港~セントレアに新航路 | Main | 人民元 »

Comments

JR西のICOCAの場合、現在のところ特徴といえば定期券の複数枚サポートやこどもICOCAぐらいしかありませんが、スル関陣営のPiTaPaのほうはマイレージを貯めると運賃割引とかいう仕組みがあるようです。
ということで、ICカードの仕組みが発展していけば、将来的には「回数券」「定期券」というものも多様な割引制度の中に統合されていくんでしょうね。

Posted by: Kinoppi☆ | 2005.07.21 22:53

Kinoppi☆さん、コメントありがとうございます。
カード利用である程度の割引があれば、回数券の代わりになりますね。既に磁気カードやICカード導入で紙の回数券を廃止したところはいくつかあります。ただ、切り離しや複数人使用で使い勝手が悪くなる場合もあるので、個人的には紙の回数券を無くしてほしくないという思いもあります。

Posted by: おかげん | 2005.07.26 00:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伊予鉄道がICカード導入:

» おサイフケータイで電車に乗れる [kqtrain.net(blog)]
 携帯電話で電車に乗れるサービスとして2006年1月にJR東日本管内で開始される予定の「モバイルSuica」ですが、それより一足先に電車のほか、バス、タクシーも乗車可能いうサービスが開始されます。その場所とは・・・  全国初、おサイフケータイで電車に乗れる──伊予鉄道(ITmediaビジネスモバイル)  ICカードシステムの導入について(PDF/株式会社e-カード プレスリリース)  伊予鉄道は、松山市の鉄道、バス、タクシーで利用できるICカードシステム「ICい〜カード&モバイルい〜カ... [Read More]

Tracked on 2005.07.21 11:35

« 常滑港~セントレアに新航路 | Main | 人民元 »