« 名鉄空港線開業1周年 | Main | 選抜高校野球、出場校決定 »

レミオロメンと路面電車

レミオロメンの「粉雪」がヒットチャートを賑わしています。オリコンでは4位で初登場し、その後4・3・2・2・4・2・3・2位と、出入りの激しいヒットチャートの中で非常にスローな動きを示しています。当然、長くランクインしていればそれだけ曲を耳にする機会も多く、徐々に耳に馴染んでいき、個人的には最近のヒット曲の中で数少ないお気に入りの曲となっています。

それにしても、「レミオロメン」というアーティスト名がなかなか頭に入りません。記憶に定着しないのは、聞き慣れない語感であることと意味を理解していないことが大きな要因なのでしょう。

と思っていたら、昨日の日刊スポーツ芸能面に、レミオロメンと「粉雪」に関する記事がありました。記事によると「レミオロメン」という名には特に意味がなく、メンバーの3人でじゃんけんをして勝った順に1・2・3文字の言葉をつなげたものだとのことです。語感から、スペイン語かイタリア語あたりから取ったのかと思っていましたが、大きな勘違いだったようです。1・2・3文字ですから、区切って読むなら、「レ・ミオ・ロメン」ですね。電車好きの私は「ロメン」という響きから路面電車を連想してしまいました(^^;。

先の新聞記事にはレミオロメンの名に関する説明はそれだけでしたが、その後ネットでいろいろと検索していたら、以下の情報を見つけました。

ウィキペディアより引用
(引用開始)
よく「レミオメロン」や「ロミオメロン」とも間違われるバンド名は、メンバーでジャンケンをし、勝った順に3文字、2文字、1文字好きな文字を選び繋げた、特に意味は無いものである。 藤巻は、イギリス出身のロックバンド、レディオヘッドが好きなことから「レ」、神宮司は、当時の彼女の名前と自分の名前の頭文字をとって「ミオ」、前田は路面電車が好きなことから「ロメン」を取り、それらを繋げて「レミオロメン」とした。
(引用終了)

どうやら私の連想したものは間違っていなかったようです。「ロメン」は路面電車から取ったとのことです。その後「レミオロメン 路面電車」で検索してみましたが、このことを取り上げたブログは非常に多く、意外と多くの人に知られている事実のようです。もしかしたら私だけが知らなかったのかもしれません。これまで、路面電車を連想させるアーチストといえば「安全地帯」が有名でしたが、こちらは路面電車そのものがアーチスト名になっている訳ですね。

|

« 名鉄空港線開業1周年 | Main | 選抜高校野球、出場校決定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レミオロメンと路面電車:

« 名鉄空港線開業1周年 | Main | 選抜高校野球、出場校決定 »