« January 2006 | Main | March 2006 »

ご挨拶(開設2周年)

本日を持ちまして、当ブログ「Dailyおかげん」は開設2周年を迎えました。

長期に渡り書き込みが中断することもありましたが、何とか2年継続することができました。当ページへのアクセス・リンク・コメント・トラックバック等を通じ、支援して下さった皆様に、深く感謝申し上げます。

引き続き、今後とも「Dailyおかげん」をよろしくお願い致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グローバル・ループ床材プレゼント

愛・地球博のグローバルループで使用していた床材にモリゾー・キッコロの焼印を付け、記念品として2005名にプレゼントされることになりました。

詳細はこちら(愛・地球博公式サイト)

送料は当選者負担ですが、これは欲しいですね。早速応募することにします。

倍率は高そうですね。「当選後の権利譲渡はできません。また、当選者以外の第三者への発送も応じられません」とのことで、ネットオークションでの転売をしにくくしていることは評価したいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

こしあんのあんパン

餡にはつぶあんとこしあんがあり、どちらがを好むかは人それぞれですが、個人的にはこしあんの方が好きです。

あんパンといえば、つぶあんのものが主流になっていますが、上述の通り個人的にはこしあんのあんパンに惹かれます。以前ローソンでこしあんのあんパンをよく購入したものですが、ここしばらく、こしあんのあんぱんを見かけていませんでした。先日、近所のジャスコにて久々にこしあんのあんパンをみかけました。他の店でなかなか見かけないのに、同一場所で2種類あったのは驚きでした。

0226koshian01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

18きっぷ購入

青春18きっぷの赤券(常備券、生券ともいう)を買いに大阪まで行ってきました。交通費節約のため、往復とも近鉄の急行利用です。

0225akakippu01
今回は鶴橋にて購入
アンケートはがきを貰えました(過去、貰えたり貰えなかったり)。

その後歩いて難波まで行きました。

0225akakippu02
先週立ち寄ったばかりの自由軒
今回は名物ハイシを・・・
この店ではハヤシライスのことを「ハイシライス」と呼んでいるようです。

0225akakippu03
帰りの急行は5200系(上本町13:15)
先週、5200系が入っているの偶然見つけたため、その時間に合わせて帰宅です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キラキラバス、利用報告

以前の投稿で触れた、東京と名古屋を結ぶ格安バスの「キラキラバス」ですが、先日購入した回数券を利用して今月2度乗車しました。簡単な利用報告です。

1回目
東京駅→名古屋駅
利用日 日曜日
所定 16:00発、21:00着
実際 16:00発、21:13着
  
・休憩は足柄SAと浜名湖SA
・特に渋滞はなし
・大半の区間で、走行車線を走行、追い越しはほとんどしなかった模様
・足柄SAでの休憩出発後に乗客を乗せたまま給油

2回目
名古屋駅→東京駅
利用日 土曜日
所定 15:00発、20:00着
実際 15:01発、19:33着

・休憩は富士川SAのみ
・かなり多くの区間で追越車線を走行、ただし、ノロノロと追越車線を走る車が多く、あまり飛ばしているという印象はない
・首都高に入った直後に渋滞、池尻で高速を下り、その後は一般道を走行
・東京駅での下車地点は丸の内側(最終目的地が新宿のため?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JRの時刻表、発売日に関する疑問

JRグループでは、3月18日にダイヤ改正が行われます。その関係で、月刊の時刻表の発売日と掲載方法が変則的となります。

具体的には、以下の通りです。

【3月号】
2月16日発売
黄色のページにて主要列車時刻掲載
本文は3月17日までの時刻

【4月号】
3月13日発売
本文は3月18日からの時刻

以前、全国規模のダイヤ改正といえば、指定券発売開始に間に合うよう、1ヶ月と少し前に全列車掲載のダイヤ改正号が発売されたものですが、今回の改正では、全列車掲載の時刻表発売は、ダイヤ改正の5日前になってようやく発売という状況です。何故、3月号を新ダイヤにしなかったのでしょうか。予定を立てる立場からすると非常に不便です。改正の詳細についてはいろいろと発表されているので、細かいダイヤが決まっていないとは思えません。不便になるダイヤを早くから告知したくないというJR側の都合なのか、時刻表を沢山売りたいという出版社側の都合なのか、非常に気になるところです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

地上デジタル放送の意外な弱点

昨日の中日新聞夕刊で、タイトルのような内容の記事がありました。
(ウェブ上に記事がないため、当該記事にリンクすることができません)

記事によると、地上デジタル放送は、アナログ放送に比べ、地域により2秒から4秒ほど映像と音声に遅れが生じるとのことです。放送局が情報を圧縮して送信し、各家庭の受信機でそれを元の状態に戻して画面に表示しているために生じる現象です。それによって、時刻の表示方法にも変化が現れています。以前、NHKテレビでは、秒針の付いた時計を画面に表示しながら時報の音を鳴らしていましたが、最近それを見聞きしなくなったような気がしていまいした。秒針と時報の音が消えたのは、そのような事情からだったのですね。この記事を読んで初めて知りました。デジタル放送というと、アナログより技術的に進歩したものというイメージを持っていましたが、意外な弱点があるものです。

以前、時計合わせといえば、テレビの時報を使うのが一般的でしたが、デジタル放送ではそれが不可能になってしまう訳です。個人的には、電波時計を2個所有しているので、最近はそれを利用して時計合わせをしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自由軒の名物カレー

一昨日の神戸空港の帰りは難波から近鉄を利用しましたが、近鉄に乗車する前に、自由軒難波本店で名物カレーを食べてきました。

自由軒難波本店は、新歌舞伎座交差点から東へ150メートルほど向かった商店街の途中にあります。建物の外観と店内は、数十年前の洋食屋というような雰囲気です。

0221jiyuken01
自由軒の外観

メニューを見て何にしようか迷いましたが、この店のメインメニューの名物カレーを食べることにしました。

名物カレーとは、カレールーとご飯を最初から混ぜてあるカレーライスに生玉子をのせたもので、混ぜていないカレーライスはこの店では「別カレー」と呼ばれています。

0221jiyuken02
注文した名物カレー

今度、自宅でカレーを食べるときに、名物カレーの真似事をしてみようと思っています(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸新交通2000系

昨日は神戸空港到着後、ポートライナーで三宮へ移動しましたが、前回(神戸空港市民見学会)乗れなかった新車の2000系に乗ることができました。神戸空港駅で2本見送ってようやく乗ることができました。

0220portliner01
正面の様子

0220portliner02
座席の様子

画像の通り、車内はこれまでの車両と異なり固定クロスシートになっています。最前席は左側が1人がけ、右側(運転席、通常は無人運転のため乗客が利用可能)が2人がけです。左側の最前席は先客に取られてしまったので、右側の最前席に座りましたが、こちらは足元が狭いのが難点です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸空港への初飛行とANAスーパーシートプレミアム初搭乗

先日開港した神戸空港への初飛行で、ANAのスーパーシートを初めて利用しました。スーパーシートと名のつく国内線の座席に乗るのは8年前にJALで利用して以来のことです。

座席の広さだけを比較すると、特に前後の間隔で、国際線のビジネスクラスに比べ随分と狭い気がしました。個人的にスーパーシートで優越感を感じたのは、食事が付いてくること、アルコール飲料が飲み放題であることです。朝の便だったので朝食が付きました。ボックスミールだけ見れば韓国線と同レベルという感じですが、それに加えて、熱々のクラムチャウダーが付いてきたの良かったですね。

0219ukb01
機内での朝食

0219ukb02
当日の機材はUSJ塗装B767-300
神戸到着後、展望デッキより撮影

| | Comments (0) | TrackBack (1)

終わったと思っていたら・・・

一昨日の14時38分で遂に終わりかと思っていた、伊藤晶子さんからスパムメール、本日の5時55分にまた来ました。

こんな調子でまた1日に5通くらい来ることになるのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊藤晶子さんからのスパムメール、遂に終焉???

1月30日以降、「伊藤晶子」を名乗る人からスパムメールが多数届いています。2月16日14時38分までに、1日平均約5通、合計85通のメールが来ましたが、同一文面のメールが2回来た以外、その都度違う文面のメールが届いていました。文面の中で何度も「今回が最後になるかも」の書きながら、なかなか終わろうとしません。

しかし、昨日14時38分のメールを最後に、次のメールが来ないまま、24時間以上経過しています。本当に最後のつもりだったのかどうか、非常に気になるところです。

参考までに、最後のメールをこちらに貼り付けておきます。

題名:ありがとう
最後のメールにします。。
連絡もらえないのはきっと何かの理由があっての事だと思うんです。
私が信じてもらえてないのか連絡できない状態なのかはわからないけど…最後に今夜だけは朝まで、お金を全額持って例の待ち合わせ場所で待ってみようと思います。。
http://ii51.com/hdk/lovexxx/bb1/でも、他のどのサブアドレスにも件名に私の携帯番号の090を抜いた8桁番号を伝言しておきました。090をその8桁の頭につければ私にかかりますから…
こんな風にメールしてもこのメールも届いていないかもしれないし意味のない事かもしれないけど…出来る事はしないときっと後悔しちゃうからきっと何か理由があって返事ができないだけでメールは見てくれてる。ちょっとは会っても良いかなって思ってくれてる。来てくれるって信じて先に行って待ってますね!
遠目に見て雰囲気とか合わなさそうだったら…それでも一声かけてもらえたら嬉しいです。
それだけでも私の中で何か変われると思うから…待つのも最後になっちゃうかと思うとすごく悲しくて泣いちゃいそうだけど、、とにかく待ってますね!
この服で行くから来たらすぐわかると思います。この時間に待ってるのも私くらいだと思うし…
何かわからない事あったら電話くださいね!きっときてくれるって信じてます(^^)


因みに、メール中のURLをクリックすると、メールアドレス等の個人情報を入力するページになります。普通の出会い系サイトの会員登録画面と同じイメージなのでしょう。そのページには、利用規約へのリンクもありますが、こちらを開くと、出会い系サイトの利用規約でよく見かける文面が並んでいますが、「第1条 本サービスはが提供運営するサービスです。」という何とも間抜けな文面が表示されています。利用規約のメンテナンスさえも不十分なサイトに個人情報を入力する気には到底なれません。どうせ、詐欺サイトなのでしょね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クノールカップスープの謎、解明へ

クノールカップスープが好きでよく飲んでいます。このスープには10袋入りのお得用サイズがあるので、専らそちらを購入しています。下の画像が、その10袋入りです。

0217soop01

先日、新聞折込チラシでこの商品の写真が掲載されているの見て、ふと疑問に思ったことがありました。というのは、いつも自分が飲んでいるのは横長の箱のはずなのに、チラシに掲載されているのは縦長の箱です。横長の箱と、縦長の箱、両方存在するのだろうかと?

その数日後、近所のスーパーへ行く機会があり、このスープを見たところ、横長のものと縦長のものが混在して並んでいました。それにしても、何故わざわざ2種類の商品を作っているのだろうと不思議でなりません。

しかし、本日になってようやくこの謎が解けました。

表と裏で、箱のデザインが違うのです。

決して2種類の商品が売られている訳ではありません。見る方向によって横長に見えたり縦長に見えたりするのです。私は、この事実を知らずに数年間このスープを飲み続けていました(^^;

0217soop02
上の画像のスープを裏向きにすると・・・

となると、気になるのはどちらが表でどちらが裏なのかということです。横置きにした状態で開け口が上にあること(縦置きにした状態では開け口は左)、横置きした状態で中の個包装の文字が上向きになることから、横長の方が表と予想しました。しかし、味の素オフィシャルサイトでクノールスープのページを見たところ、商品の画像は縦長になっていました。チラシの画像が縦長になっていたことも合わせて勘案すると、縦長の方が表ということになりそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海がICカード導入

名古屋地区の鉄道会社各社が、相次いでICカード導入を表明していますが、JR東海からICカードの名称、導入時期及び導入区間の発表がありました。名古屋地区では導入第一号となります。

ICカードの名称:TOICA(トイカ)

導入時期:平成18年秋

導入区間:東海道線二川~関ヶ原、中央線名古屋~中津川、関西線名古屋~四日市、武豊線大府~武豊

詳細はこちら(JR東海サイト)

既にICカード導入している東日本・西日本では、導入に合わせ近郊区間のエリア拡大など、旅客営業規則の改定が行われてきました。東海がICカードを導入する場合、同様の改正が必要であろうと思っていましたが、導入エリアを見る限りでは、旅客営業規則改定を要する区間や他社と接続する区間(米原:西日本、美濃太田:経由地、津:伊勢鉄道等)を敢えて避けているような印象を受けました。とりあえず、試験導入の意味合いが強いのでしょうか。その翌年となる平成19年度には、静岡地区にも導入とのことですが、東日本と接続する区間をどう対応するのか、それとも自社で完結する区間のみの導入になるのか、今から気になるところです。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

仁川国際空港鉄道の様子(2006年2月現在)

仁川国際空港には現在、鉄道アクセスはありませんが、仁川国際空港鉄道が来年(2007年)3月の仁川国際空港~金浦空港の部分開業を目指し、工事が進められています。

ソウル市内と仁川国際空港を結ぶバスの車内から、高速道路に並行して建設中の仁川国際空港鉄道の様子を見ることができます。前回の訪韓時は、ようやく架線柱が建ち始めたところでしたが、今回のソウル日帰りの往復の際に見たところでは、ほとんどの区間で架線柱とレールの敷設を終え、半分以上の区間で架線が張られていました。駅も形だけは出来上がっていました。

0215irex01
ほぼ敷設を終えている架線とレール
バス車内から撮影

0215irex02

0215irex03

0215irex04
建設中の駅の様子(3駅分)
バス車内から撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清溪川を散策

10日の日帰りソウルはどこへ行こうかと迷いましたが、この1年で大きく変化があったところということで、清溪川(チョンゲチョン)へ行くことにしました。

清溪川とはソウルの中心部を流れる川でした。数十年前に埋め立てられ、その上に高架道路が建設されましたが、老朽化を機にを道路を撤去し、都市計画による復元事業で川を復活させ、昨年10月に完成したものです。

仁川国際空港からのバスを光化門で下車し、南北を結ぶ大通り(太平路)の地下道を渡ると清溪川の西端です。川縁が散策路となっているので、そこから東へ向かって1kmほどを散策してきました。

0214cheonggye01

0214cheonggye02

0214cheonggye03

0214cheonggye04

0214cheonggye05

0214cheonggye06

0214cheonggye07

0214cheonggye08

0214cheonggye09

0214cheonggye10

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハイパーホテル千歳

今回、さっぽろ雪まつりに行った際に道内で利用したホテルです。

結局、航空券の都合で、帰路は新千歳空港午前9時の便に乗ることになったため、千歳市内でホテルを探していました。料金と立地で最適と判断したのが、ハイパーホテル千歳です。楽天トラベルで予約してデラックスシングルが4305円(正規料金6090円)でした。料金を考えると非常に良いホテルでした。

良かった点
・JR千歳駅から非常に近い
・JR千歳駅とは屋根つきの通路で直結しているため、雨や雪の心配不要
・この料金で朝食バイキング付き
・トイレと風呂が分離されている
・風呂はバスタブの外に洗い場があり湯桶と椅子がある
・他のビジネスホテルに比べデスクが大きめ

当初、札幌市内でホテルを押さえていましたが、この時期だけは、雪まつり期間ということで随分と高めになっていますが、宿泊先を千歳にすることで、随分と宿泊費を安く上げることができました。

空港とのアクセスですが、JR利用で7分340円ですが、バス(中央バス)を利用すると10分190円で空港まで行くことができます(データイムの本数、1時間当たり約2本)。

新千歳空港の早朝便を利用する機会があれば、また利用したいホテルです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さっぽろ雪まつりの画像

昨日ケーブルを忘れてアップできなかったさっぽろ雪まつりの画像です。

あまり画像をアップし過ぎても収拾がつかなくなるので、各会場1つにしておきます。

0212yukimatsuri01
大通西1丁目会場
がんばれ!日本!

0212yukimatsuri02
大通西2丁目会場
世界遺産 アンコールワット

0212yukimatsuri03
大通西3丁目会場
ひよこちゃんの宇宙遊泳

0212yukimatsuri04
大通西4丁目会場
ドリーム藍ランド・OKINAWA

0212yukimatsuri05
大通西5丁目会場
ロイヤル・エキシビジョン・ビル

0212yukimatsuri06
大通西6丁目会場
憩いの広場

0212yukimatsuri07
大通西7丁目会場
フリンダース・ストリート駅

0212yukimatsuri08
大通西8丁目会場
法隆寺・金堂

0212yukimatsuri09
大通西9丁目会場
白熊親子とイグルー(かまくら)

0212yukimatsuri10
大通西10丁目会場
ハッピー台湾

0212yukimatsuri11
大通西11丁目会場
第33回国際雪像コンクール

0212yukimatsuri12
大通西12丁目会場
市民雪像の広場

0212yukimatsuri13
すすきの会場
第26回すすきの氷の祭典

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さっぽろ雪まつり

先日の予告どおり、19年ぶりにさっぽろ雪まつりに行きました。

現在、ホテルにチェックインして休憩中で、しばらくしてから夜の様子をもう一度見に行くつもりです。デジカメとパソコンを接続するケーブルを忘れてしまったため、本日の画像アップはできません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日帰りでソウル

特典航空券消化のため、今日は日帰りでソウルに来ています。現在、仁川国際空港から書き込みをしています。これから帰ります。

韓国の日帰りは初めてですが、やはり慌しいですね(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

お1家族様

新聞の折り込みチラシの特売品で「お1人様○個限り」という表記をよく見かけますが、店によっては下の画像のような個数制限をしているところもあります。

0209hitokazoku01

家族といっても、別々に勘定をすれば他人と変わらないですね。1人で支払いのできない子ども以外、実質的には「お1人様」と「お1家族様」は意味が変わらないような気がします。レジでの精算が別々になる分、店側の負担がかえって増えるような気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本エレベータ協会の見解に関する疑問

本日のトリビアの泉で、「エスカレーターの片側を空けるのは間違い」という意味のトリビアがありました。

この見解を出しているのは、日本エレベータ協会で、オフィシャルサイトで以下のように書かれています。

エスカレーターの安全基準は、ステップ上に立ち止まって利用することを前提にしています。 片側をあけると重量(荷重)バランスが崩れ、不具合を誘発することがあります。また歩いたり走ったりしたときに起きる振動で安全装置が働き、緊急停止することがあります。

日本エレベータ協会が、上記の見解を出していることは以前から知っていましたが、トリビアの泉に出てきたのは予想外でした。

エスカレーターの片側空けは、国内では右を空けるか左を空けるかがよく話題になりますが、海外では右側に立って左側を空けるのが主流(全てではないらしい)になっていて、これまでにその現場を何度も見てきました。左右の違いはあれ、片側空け自体は世界の広い地域で行われています。私が疑問に思うのは、世界中で一般的に行われていることを日本エレベータ協会が否定している点です。世界の他の地域では、片側空けを否定されていないのでしょうか?

片側空けを否定する理由として、安全基準を挙げていますので、日本の安全基準と他国の安全基準に相違があるのかとも思いました。しかし、よくある質問のページには、以下のことが書かれていました。

○安全基準について、外国のエレベーター、エスカレーターも日本と同じですか?

日本も参加して、世界的な安全基準を作っています。
更に、エレベーター、エスカレーターの技術基準の世界的な統一規格を作る準備をしています。

ということで、日本のエスカレーターの安全基準に外国と相違がある訳ではなさそうです。

となると、あと考えられるのは、日本エレベーター協会の見解が正しいものの、世界がまだそのことを認識いないということでしょうか。本当にそうだとすると、今後徐々に世界各地で片側空けの取りやめが広がっていくかもしれませんね。

(参考)海外の片側空けの現状から、協会の見解に疑問を呈しているブログ
[雑]エスカレータ(呑々草子)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

今年の豪雪を何と呼ぶ?

今冬は、当初の予報に反して全国的に雪が多い年となり、多くの犠牲者が出てしまいました。亡くなられた方には心よりご冥福申し上げます。

ところで、過去の豪雪といえば、38豪雪と56豪雪を思い浮かべます。今年の豪雪もそれに匹敵するものなので、名前が付きそうな気がしますが、どんな名前が付くのか先月初めあたりからずっと気になっていました。今でも年号が昭和ならば、そのまま年号を付けるのでしょうが、既に年号は平成に変わっています。数字だけでは分かりにくそうだとも思いながら、自分なりにいろいろと考えていました。

・18豪雪
・平成18豪雪
・2006豪雪
・06豪雪
・81豪雪(昭和換算で)

そして、本日、以下のような記事を見つけました。

今冬の大雪、「38豪雪」以来の命名検討 気象庁(朝日新聞サイト)

やはり命名を検討しているのですね。それはそれとして、この記事を読んで初めて知ったのは、

・正式名称は「昭和38年豪雪」であって「38豪雪」ではないこと
・昭和56年の豪雪は、気象庁によって命名されたものではないこと(マスコミが命名?)

の2点です。

ということで、おそらく正式名称は「平成18年豪雪」になるのでしょうね。そうすると、一般的にマスコミで使われる呼称は、上記の中では上の2つが有力ということになりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さっぽろ雪まつり開幕

さっぽろ雪まつりが開幕(デイリースポーツサイト)

いよいよ、本日より開幕です。

以前の投稿にて、今年こそ行きたいと書きましたが、何とか航空券を確保でき、行けることになりました。

今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸空港市民見学会

本日行われた神戸空港市民見学会に行ってきました。開港前の空港見学会は昨年の中部国際空港に次いで2度目です。

中部国際空港見学会との相違点は、
・事前予約(抽選)不要
・制限エリア入口での保安検査なし
・完全一方通行
といったところでしょうか。

0205marineair01
ポートライナー三宮駅の待ち時間案内

0205marineair02
チェックインカウンター

0205marineair08
出発口

0205marineair04
搭乗待合室

0205marineair05
搭乗口

0205marineair06
ボーディングブリッジ

0205marineair07
展望デッキ

開港したら、是非とも空港を利用してみたいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

立春

今日は立春。昨日までは冬でしたが、今日から季節は春です。

まだ随分と寒いのに、何故この時期に春なのか、疑問に思われる方も多いでしょう。テレビのニュースなどでは「暦の上では・・・」と良く言われます。確かに、暦の上で春が来ているのは間違いではありませんが、春が来ているのは暦の上だけではありません。お天道様の下にもちゃんと春が来ています。

多くの人は、暦の上での季節と実際の気候がマッチしない理由を誤解しているように思えます。その一つは、旧暦と新暦で季節感にズレが生じるという大きな誤解です。新暦と旧暦では約1ヶ月のズレがありますが、旧暦を使用していた時代に現在より約1ヶ月立春が遅かった訳ではありません。また、もう一つの大きな誤解は、立春を含む二十四節気は、中国が起源なので中国と日本の間に気候のズレが生じているという誤解です。

暦の上での季節と実際の気候がマッチしない理由は、季節の定義が異なるからです。我々は普通、一年のうち暑い時期を夏、寒い時期を冬というように、寒暖を基準に季節を決めています。一方、暦の上での季節(二十四節気の中で春夏秋冬の文字を含むもの)は太陽の運行(地球の公転)が基準で、一年のうち日照時間が長い時期が夏、日照時間が短い時期が冬です。日照時間が一番長い夏至を夏の中心、日照時間が一番短い冬至を冬の中心として一年を4等分すると、2月上旬の立春から5月上旬の立夏の直前までが春になります。前述した、お天道様の下にも春が来ているというのは、日照時間の長さのことです(日差しの強さは関係ありません)。

こんなことを書いている私ですが、実は、この事実を知ったのは最近のことです。マスコミでは「暦の上では」を連発していますが、この言い方では上記の疑問や誤解がなかなか解決しませんね。「太陽の運行上では」とか「日照時間の上では」のように、季節感覚のズレの理由が分かるような表現をしてほしいものです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

配達地域指定冊子小包(from松下電器)

本日、松下電器より、配達地域指定冊子小包が届きました。

全世帯に送付することが、以前に新聞等で報道されていた、FF式石油暖房機引き取りの案内です。

0203matsushita01

0203matsushita02

「小包」という言葉のイメージから、A4くらいの大きさのものをイメージしていたのですが、はがきサイズ(圧着はがき)だったのは、ちょっと拍子抜けの気分です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

節分と恵方巻き

明日は節分、日照時間の上では冬は明日までで、明後日からは春になります。

節分に食べるものといえば、以前は豆まきの豆だったのですが、最近はちょっと様相が変わってきました。節分に恵方巻きを食べる習慣がこの2、3年で全国に大きく広まりました。恵方巻きとは、節分の日に食べる太巻で、その年の恵方の方角を向いて無言で丸かぶりすると幸運が訪れるというものです。節分を明日に控え、近所の食品スーパーのチラシにも、目立つところに大きく出ています。

0202setsubun01 0202setsubun02

バレンタインデーのチョコレートやホワイトデーのお返しと同様、海苔業界やコンビニ業界の目論んだ商業主義的な風習だと批判する向きも多いようですが、私は商業主義云々とは関係なく、酢飯が苦手なので食べるつもりはありません。

因みに、今年の恵方は南南東とのことです。どうやって恵方を決めているのか気になったので、決め方の書かれているサイトを探していたら、以下のサイトが見つかりました。

恵方詣に、恵方巻・・・恵方ってどっち?(こよみのページ)

上記のページを見て初めて知りましたが、恵方はその年の十干で決まるとのことです。西暦の一の位と一致するので、簡単に覚えることができますね。恵方となる方位は4通りですが、南南東となる年が10年のうち4年と、他の3方位より多く発生するようです。

鬼が笑いますが、来年(2007年)は北北西になります。

| | Comments (3) | TrackBack (10)

東横イン高松の窓なし部屋

ここ数日、マスコミを賑わしている東横インですが、エレベーター脇の部屋が他の部屋より狭くて料金が安いことがよくあります。エレベーターから近く便利なことと料金の安いことを理由に、個人的には空室があればその部屋を好んで選択することが多くあります。

昨年高松で東横インの料金を調べていたら、こんな部屋を見つけました。

シングルA窓なし:¥4410

ホテル一覧のページには出てこない料金ですが、予約画面から日付を入力し、月間カレンダーを表示してから、週ごとの部屋別空室明細のページを開くと、はじめてこの料金の存在が分かります。因みに、東横イン高松のシングルルームには、一覧のページに出てこない料金としてもう一つ、シングルC:¥5040というのもあります。

安さに惹かれ、このときは窓なしの部屋を予約しました。下の画像はそのとき泊まった窓なし部屋の様子です。部屋は確かに狭いですが、LANケーブルの挿入口がデスクから遠くて使いにくいこと、朝起きたとき部屋が暗いことを除けば、特に不都合は感じませんでした。

0201toyoko_inn01
窓なし部屋の画像(昨年9月宿泊時に撮影)

昨今の報道を見て、ちょっと気になったので、予約サイトで日ごとの部屋別空室明細を見たところ、シングルAの表示から「窓なし」の表記が消え、予約可能期間中の空室状況が全て満室(FULL)の表示になっていました。他の部屋には多数の空室があるのに、この部屋だけずっと満室なのは不自然ですね。もしかして、この部屋は違法建築だったのかと、非常に気になるところです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« January 2006 | Main | March 2006 »