« セントーサ島へのLRT(セントーサ・エクスプレス) | Main | シンガポールといえば、マーライオン »

セントーサ島のケーブルカー

0323cable01

0323cable02

セントーサ島への交通手段には、もう一つ、ケーブルカーがあります。ケーブルカーといっても日本のケーブルカーとは異なり、日本ではゴンドラと呼ばれているものです。本当はセントーサ島への往路にケーブルカーに乗りたかったのですが、ケーブルカーに乗るなら全区間乗りたいと思い、始発のマウントフェーバーへのバスを探したところ、土日のみの運行になっていました。それならば帰りにケーブルカーに乗り、マウントフェーバーからタクシーを利用しようと思い、往路はバスにしました。

ケーブルカーのチケット売り場で片道を購入しようとしたら、マウントフェーバーにはバスもタクシーもないとのことで、往復を購入して復路はハーバーフロントで降りることを勧められたので、そうすることにしました。

ここのケーブルカーの特徴は、高いところと通っていることで、一番高いところでは海上から91メートルの高さになります。途中のハーバーフロントは乗り場がビルの15階という高さです。

|

« セントーサ島へのLRT(セントーサ・エクスプレス) | Main | シンガポールといえば、マーライオン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セントーサ島のケーブルカー:

« セントーサ島へのLRT(セントーサ・エクスプレス) | Main | シンガポールといえば、マーライオン »