« 野菜と果物 | Main | 台湾新幹線、10月部分開業へ »

英語教育に有害?な「阪神タイガース」

tigersの発音をカタカナで表記すると、「タイガース」ではなく「タイガーズ」になります。複数形のsの前の音が有声音のとき、sの発音は「ス」ではな「ズ」になります。英語の複数形の作り方の基本を覚えてから何十年も経ちますが、今頃になって勘違いしていることに気付きました(^^;。

何故長い間勘違いをしていたかというと、やはり阪神タイガースの存在が大きいようです。阪神タイガースは英語教育にとって有害な存在なのかもしれません。昨年新しくできた「東北楽天ゴールデンイーグルス」も、英語の発音に合わせれば「イーグルズ」です。こちらはホリエモンという大人の事情が絡んでいるんですね。

批判的なことばかり書いてしまいましたが、日本のプロ野球は英語教育に有害なものばかりではありません。有益なものもあります。「広島東洋カープ」の存在のおかげで、carpが単複同形であることを理解する手助けとなっています。今度新しいチームができるならば、英語教育に有益なチーム名を付けて欲しいですね。東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドに球団を所有してもらい、球団名を「オリエンタルランド・ミッキーマイス」にするとか(笑)


(参考)球団名のカナ表記を取り上げたブログ
NewYorkYankee「s」(いち下流人jx8g28の日記)

(参考)「ミッキーマイス」の語を含むブログ
獣医学的ミッキー5段活用(獣医みならい留学記)

|

« 野菜と果物 | Main | 台湾新幹線、10月部分開業へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 英語教育に有害?な「阪神タイガース」:

« 野菜と果物 | Main | 台湾新幹線、10月部分開業へ »