« 書店で精算するときの本の向き | Main | 遂に消える名鉄の運賃通算制度 »

岡山・広島地区でICOCA導入へ

JR西日本の関西地区で導入されているICOCAが2007年夏に広島・岡山地区に導入されることが発表されました。

JR西日本、広島・岡山で「イコカ」07年夏導入(日本経済新聞サイト)

以前、JR東海がICカード導入を発表したときと類似した問題が、今度はJR西日本線内で生じることになりました。現在ICOCAが導入されている関西地区との相互間では利用できないからです。今回、山陽本線で導入されるのが和気~南岩国の各駅で、現在、山陽本線で利用可能な駅の最西端は相生です。相生から200キロ以上離れた米原まで、和気から200キロ以上離れた岩国までの利用は可能なのに、約40キロしか離れておらず、かつ両駅にカードリーダーが設置されているにも関わらず相生~和気間の利用は不可という理不尽な状況が発生することになります。

記事によると三原~海田市間は、山陽本線・呉線共に全駅で利用可能となりますが、三原~海田市間を跨いで利用する場合はもともと特例があるので問題はありませんが、この区間の駅相互間の利用の場合はどういう扱いになるのか気になるところです。やはり広島岡山近郊区間ができる予定なのでしょうか、非常に気になるところです。

|

« 書店で精算するときの本の向き | Main | 遂に消える名鉄の運賃通算制度 »

Comments

 JR東海のように新たにICカードを買わなければならない(かもしれない)状況よりはマシだと思います。岡山地区にICOCAを導入したから起きてしまった問題かもしれません。

 システムの改修がどの程度のものかわかりませんが、なるべく早く改修してもらいたいですね。

 もっとも、こうなったら、「大阪・岡山・広島近郊区間」という、非常に巨大なものが誕生したりして。

Posted by: たべちゃん | 2006.05.27 22:50

たべちゃんさん、コメントありがとうございます。

大阪地区と岡山・広島相互間で利用するためにはシステムの改修がが必要とのことですが、最初それを聞いたとき、ここでい言う「システム」とはシステムコンピューターシステムのことかと思いましたが、もしかしたら運賃制度のことかもしれません。「システム」という言葉自体、広い意味を持っていますので。そういう意味では、東海と西日本の境界でも同じ問題を抱えているといえそうですね。

「大阪・岡山・広島近郊区間」というのはあまりにも範囲が広くなりすぎるので、個人的に勘弁して欲しいと思っています。

Posted by: おかげん | 2006.05.28 22:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岡山・広島地区でICOCA導入へ:

» 広島にもICOCA [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 今まで、JR東日本(首都圏・仙台・新潟地区)や関西の私鉄(阪急など)で使えたに [Read More]

Tracked on 2006.05.27 22:40

« 書店で精算するときの本の向き | Main | 遂に消える名鉄の運賃通算制度 »