« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(5月分) | Main | 仁川国際空港鉄道の試運転 »

キラキラ号、更に増便

東京と名古屋を結ぶツアー形式の格安バス「キラキラ号」は、現在昼行・夜行合わせて6往復運行されていますが、本日、久々に公式サイトを見たところ、7月14日から8往復に増便されることが発表されていました。

【7月13日まで】
東京駅→名古屋駅
キラキラ号 201便 08:00発 13:00頃着
キラキラ号 203便 09:30発 14:30頃着
キラキラ号 205便 16:00発 21:00頃着
キラキラ号 207便 17:00発 22:00頃着
キラキラ号 209便 23:30発 05:00頃着
キラキラ号 211便 23:55発 05:40頃着

名古屋駅→東京駅
キラキラ号 202便 07:40発 12:40頃着
キラキラ号 204便 09:00発 14:00頃着
キラキラ号 206便 15:00発 20:00頃着
キラキラ号 208便 16:00発 21:00頃着
キラキラ号 210便 23:00発 05:00頃着
キラキラ号 212便 23:50発 05:30頃着

【7月14日から】
東京駅→名古屋駅
キラキラ号 201便 08:00発 13:30頃着
キラキラ号 203便 09:30発 15:00頃着
キラキラ号 205便 12:30発 18:00頃着
キラキラ号 207便 16:00発 21:30頃着
キラキラ号 209便 17:00発 22:30頃着
キラキラ号 211便 23:20発 05:20頃着
キラキラ号 213便 23:40発 05:40頃着
キラキラ号 215便 23:55発 06:00頃着

名古屋駅→東京駅
キラキラ号 202便 07:40発 13:10頃着
キラキラ号 204便 09:00発 14:30頃着
キラキラ号 206便 10:00発 15:30頃着
キラキラ号 208便 15:00発 20:30頃着
キラキラ号 210便 16:00発 21:30頃着
キラキラ号 212便 23:00発 05:00頃着
キラキラ号 214便 23:30発 05:30頃着
キラキラ号 216便 23:55発 06:00頃着

(注)東京側の発着地は新宿または横浜ですが、東京駅~新宿・横浜の時刻は割愛しています

時刻を見ていて気付いたのですが、昼行便はこれまで東京駅~名古屋駅の所要時間が5時間だったのが、5時間半に延びていることです。夜行便も同様に所要時間が延びています。私がこれまでに利用したところでは、特に大きな渋滞がない限り5時間程度で東京~名古屋間程度で走破していましたが、これまでの運行時間に何か問題があったのでしょうか?

|

« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(5月分) | Main | 仁川国際空港鉄道の試運転 »

Comments

最近キラキラ号は運行会社が変わりましたね。以前は清水町のタイセイ観光バスでしたが、今は大和市にある「旅バス」という会社が担当しています。

タイセイのドライバーに比べ、おとなしい運転という印象でした。100km/h以上は出ていないようでしたしwそのため、所要時間に余裕を持たせたのでしょうかね。

ところで、キラキラ号は海老名SAで運転手が交代するのには驚きました。海老名まではどうやってくるんだろう?

Posted by: こりんご | 2006.06.04 20:45

こりんごさん、コメントありがとうございます。

最近運行会社が変わったのは知りませんでした。情報ありがとうございます。以前、このバスを利用したとき、途中の休憩が富士川SAで1回だけ(大抵の場合は2回)ということがありましたが、海老名SAで運転手交代ということは、今後は休憩が1回のみということはあり得ない訳ですね。

以前の運転手に比べて現在の運転手がおとなしいということは、所要時間の変更は運行会社からの要望なのかもしれませんね。

Posted by: おかげん | 2006.06.05 21:03

キラキラの話題なので書き込みさせて頂きます。
所要時間の増加ですが、いわゆる「ゆとり」を持たせたダイヤにしたためです、実際5時間だと15分休憩2回取っての時間だと、少しの渋滞でも到着が遅れるので・・・裏を返せば今までは「よゆう」というものが皆無であったと言うことかも??さらに遅刻者・ドタキャンの為に出だしから遅れる事も。回復運転しようものなら「スピード出し過ぎ・乱暴・暴走運転」と自社にHPにクレーム書かれますので。

海老名では車庫のある大和から交代運転手が社用車で海老名まで来て交代しています。

管理人様が乗られたのはタイセイ観光のキラキラですね(休憩ポイントから)

お邪魔ついでにキラキラの歴史なんかを書くと
一昨年12月に1往復にてキラキラ名古屋便スタート(タイセイ車両)
昨年2月に1台増車して2往復体制に(2台目もタイセイ)
昨年5月末に杉崎観光の夜行大阪便と絡めて3往復体制(同時に名古屋~関西便開始)
昨年10月末をもって杉崎観光便の運行終了。結果2往復体制に戻る(同時に名古屋~関西便廃止)
昨年12月旅バス運行開始、一挙に5往復へ!引き続き昼間の2往復はタイセイ便(同時に夜行便スタート)
今年3月、大阪なんば便運行開始のためタイセイ便は名古屋便から撤退。その結果、名古屋便は全て旅バス担当となる。

長文失礼しました。

Posted by: ぶる | 2006.06.15 22:14

ぶるさん、コメントありがとうございます。

渋滞さえなければ、休憩2回を含めて5時間でも大丈夫な気がしますが、首都高をはじめとして渋滞の多い区間を通るルートなので、ゆとりも必要なのですね。私が乗車した時期を考えると、富士川のみの休憩のときは、タイセイ運行便だったのではと思われます。

大阪便は本当に直ぐに撤退してしまったのですね。運行開始直後、1000円の運行開始記念運賃を利用しましたが、その後は利用が低迷していたのでしょうね。個人的には、名古屋を朝出発する大阪行きが運行されることを望みます。

Posted by: おかげん | 2006.06.16 00:18

名古屋~関西便については、あくまでも副産物的なものでした。
というのも当時のキラキラカラーのバスはタイセイの2台+杉崎の2台の計4台でした。
その4台を使い東京~大阪の夜行一往復+名古屋~東京の昼行3往復を運行していたのです。
タイセイは名古屋便の2往復に固定ですので残りを杉崎の2台で運行する必要があったのです。
東京~(夜行)~大阪~(昼行)~名古屋~(昼行)~東京でワンセット!(逆パターンあり)ほぼ24時間動き通しです。
そのため名古屋から関西へは運行時間帯が悪く
利用が低迷していました。ただ上記の理由から名古屋から大阪へは必ずバスを持っていく必要があるため1000円のバーゲンプライスで売っていたという経緯があります。

Posted by: ぶる | 2006.06.19 21:53

ぶるさん、詳細ありがとうございます。

大阪便が早々と撤退した事情はそういうことでしたか。確かに名古屋~大阪で集客できないとなると随分と非効率な運用となりますね。

7月14日から名古屋~大阪にJエキスプレスの格安バスが運行されるようですが、こちらも名古屋から利用するには時間帯が悪くて残念です。名古屋~大阪を安く移動するには、これまで通り、近鉄の急行を利用することになりそうです。

Posted by: おかげん | 2006.06.19 23:44

名古屋~大阪はいつもJRバスを利用していますが快適で良いですよ。往復割引もあるし。

Posted by: とくちゃん | 2007.10.16 01:43

とくちゃんさん、コメントありがとうございます。

そういえば、名古屋~大阪のバスはしばらく利用していません。私が名古屋~大阪を安く移動するときは、近鉄の急行を利用しています。

Posted by: おかげん | 2007.12.24 17:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キラキラ号、更に増便:

« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(5月分) | Main | 仁川国際空港鉄道の試運転 »