« 7/8改正、黒磯発着グリーン車の時刻判明 | Main | 金券ショップの近鉄株優が品薄 »

「夏至」は夏のピーク? 夏の始まり?

立春や立夏の日にテレビなどで良く言われることに「暦の上では今日から春(夏)」というのがあります。その考え方からすれば、本日は夏至ですので「夏のピーク、夏の折り返し地点」ということになりますが、そのように言っているのを聞いたことがありません。何故そう言わないかといえば、天文学的に夏至を説明するのに、「1年で最も日(昼)が長い日」と言えば事足りるからです。立春や立夏を天文学的に説明すると「太陽が視黄経○°を通過する日」となり、素人には難し過ぎるので、「暦の上では・・・」と平易な表現に置き換えているからです。

以前、立春の日の投稿で、「天文学では、日の長い時期を夏、日の短い時期を冬と定義している」という趣旨のことを書きましたが、どうらやこれは東洋の天文学の話であって、西洋の天文学では、違った定義をしていることが判明しました。東洋の天文学では、立春から立夏までが春、立夏から立秋までが夏、立秋から立冬までが秋、立冬から立春までが冬ですが、西洋の天文学では、立春から夏至までが春、夏至から秋分までが夏、秋分から冬至までが秋、冬至から秋分までが冬です。東洋の天文学と西洋の天文学では、季節が1年の8分の1ずれていることになります。

実際の季節感を考えると、東洋の季節は早すぎ、西洋の季節とちょっと遅すぎの感がありますね。

|

« 7/8改正、黒磯発着グリーン車の時刻判明 | Main | 金券ショップの近鉄株優が品薄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夏至」は夏のピーク? 夏の始まり?:

« 7/8改正、黒磯発着グリーン車の時刻判明 | Main | 金券ショップの近鉄株優が品薄 »