« 「夏至」は夏のピーク? 夏の始まり? | Main | 「フジテック」と「富士テック」 »

金券ショップの近鉄株優が品薄

今度の日曜日に関西方面に行きたいと思い、先日から金券ショップで近鉄の株主優待券を探しているのですが、時期的な影響なのか、かなり品薄になっているようです。

実は、最初に行った店に在庫があったのですが、1600円が非常に高く感じたので、もう少し安い店で買おうと思いその後何軒も巡ったのですが、全く見つかりませんでした。1600円でもやむを得ないと思い、1600円の店にもう一度行ってみたものの、既に閉店時間を過ぎていて購入することはできませんでした(店のシャッターは閉まっていますが、ショーケースの中が覗けるようになっていて、在庫が残っているは確認済みです)。

以前に比べると、この切符、金券ショップでの販売額が徐々に上がっているような気がします。数年前は1200~1300円くらいが相場でしたが、最近は1500円で売られていることが多く、今回のように1600円と強気の価格設定をしている店も度々見かけます。ちょっと前だと有効期限の7月末や12月末が近づくと、徐々に値が下がっていましたが、最近はこの時期になると店頭から姿を消すことが多くなってきました。

こうなってしまったのも、この切符の存在が多くの人に知れ渡った影響なのでしょうね。ネット上の書き込みで「名古屋~大阪を安く移動する手段は?」という質問をよく見かけますが、大抵、それに対する最安の回答は「金券ショップで近鉄の株優を購入して、急行利用」と書かれています。この切符は、同じ金券ショップで取り扱う商品でも、回数券などとは異なり、仕入れできる数量が限られています。需要が増えれば市場原理で価格が上がるのは致し方ないところです。

幸いにも、使用予定日の前に、自由に動き回れる日がもう1日あります。もう少し探してみて、見つからなければ、1600円の店で買うことになりそうです。運悪く、1600円の店でも売り切れてしまっていたら、今回の関西行きは断念です。

|

« 「夏至」は夏のピーク? 夏の始まり? | Main | 「フジテック」と「富士テック」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金券ショップの近鉄株優が品薄:

« 「夏至」は夏のピーク? 夏の始まり? | Main | 「フジテック」と「富士テック」 »