« July 2006 | Main | September 2006 »

夏の終りを実感

本日で8月も終り、明日からは9月です。

8月と9月では季節のイメージが随分と異なりますが、月末の本日、夏の終りを実感しました。

空を見上げると雲が高く、完全に秋の空に見えました。夕方、車を運転しましたが、先日まで効きが悪いと思っていたカーエアコンが本日は良く効きました。夜暗くなって再度運転したときは、エアコンの風が体に直接当たるのが寒くて、風が直接当たらないように向きを変えるほどでした。

暑いのは苦手なので、涼しくなるのは大歓迎の筈ですが、これからの時期、私にとっては体調管理が難しくて苦手です。体の冷しすぎに特に注意です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

東横イン鶯谷駅前(画像編)

先日、東横イン鶯谷駅前に宿泊したことを書きました(詳細はこちら)が、文章のみでしたので、今回は画像をUPしたいと思います。

建物の外観
0831toyokoinn01
両側を別のビルに挟まれているため、眺望はほとんどありません。眺望を求められる方は、品川駅高輪口の方をお勧めします(過去のレポートはこちら)。また、立地ゆえに携帯の通じない部屋もあります。

店名を示す看板
0831toyokoinn02
「鶯谷」が省略され、単に「駅前」となっています。

オープン祝いの花
0831toyokoinn03
正面入口に飾られていたオープン記念の花です。オープン翌日に撮影しましたが、名古屋地区のような花が抜き取られた形跡はありませんでした。

部屋の様子
0831toyokoinn04
はっきり行って狭いです。
ベッド脇の電気スタンドは従来とは違う形のものが設置されていました。最近オープンしたところはこのタイプなのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国立国会図書館に行ってきました

0831dl01

先日の東京滞在中に、国立国会図書館に行ってきました。といっても、特に調べたいものあったという訳ではなく、単なる興味本位で一度中に入ってみたいと思っていたのがやっと実現できたのであって、調べ物に必要十分な時間は最初から確保していませんでした。

東京都交通局の一日乗車券を持っていたので、市ヶ谷駅前から都バスに乗車し、国会議事堂前で下車したところ、目の前の建物が国会図書館でした。

0831dl02
外壁は工事中

入口の案内に従い、初めて来館する場合の手続を行う新館の入口を入り、入館手続を行います。入館手続は書類に必要事項を記入する方式かと思っていたら、端末にタッチペンで個人情報(氏名・住所・生年月日)を入力する方式でした。入力が完了すると、プラスチック製の館内利用カードが出てきました。館内入口は鉄道の自動改札のようになっていて、ICカード読取器にカードをかざして入館となります。

中に入ると並んでいるのはNDL-OPAC端末で、この端末で必要な資料を検索し、続けて閲覧申込をし、受取カウンターで本を受け取るいわゆる「閉架式」です。特に見たい資料があった訳でありませんが、入館した新館の方は雑誌が保管されているところだったので、検索ワードを「時刻表」とし、期間を1964年9月で入力してみました。しかし、表示されたのは1964年11月以降のものだったので、1964年11月で確定し、閲覧申込を完了させました。

受取カウンターの前には、到着案内モニタがあり、資料が準備できると館内利用カードの番号が表示される仕組みとなっています。カウンター近くには、申込から到着までに20分程度かかると表示されていました。約20分経過し、ようやく私の手元の館内利用カードの番号がモニタに表示され、カウンターに受け取りに行きます。手渡されたのは赤いハードカバーのかかった本で、とても時刻表には見えませんでしたが、中身を見るとやはり時刻表です。ずっと時刻表を眺めていたいところですが、時間がないので、10分程度見ただけで直ぐに返却し、次の目的地へと向かいました。

あまり時間がなく慌しい訪問でしたが、とりあえず一連の閲覧手続を経験できたのは何よりでした。閉架式の図書館は初めてでしたが、申込から受取までに意外と時間がかかるものですね。また、時間に余裕を持って行ってみたいものです。

| | Comments (0)

東横イン鶯谷駅前

本日オープンした東横イン鶯谷駅前に宿泊中です。ホテルのオープン初日に宿泊するのは初めてです。

客室に入ったのは22時30分過ぎですが、11時ちょっと前に荷物だけ預けに行きました。このとき、関係者が集結してオープニングセレモニーが行われていました。

(良い点)
・都内の東横インの中ではJRの駅から近い(パンフレット上では徒歩1分)

・シャワーカーテンのレールが通常より20センチくらい浴槽の外側に設置されており、浴槽内にいるときの圧迫感が少ない

(悪い点)
・鶯谷駅からホテルに向かう道路(凌雲橋)の東側(ホテル側)の歩行者用通路が階段なので、バリアフリー未対応

・客室内でドコモの携帯電話が圏外となり利用不能(3Fの場合)

・室内が狭い:入口からデスクへ向かうのに、ベッドの足元側と壁の間の数十センチの狭いところを通らなければならない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誤解を招くCM「秋味」

キリンから秋限定のビール「秋味」が8月23日に発売され、テレビCMでも盛んに宣伝されています。

このCM、私はまだ1度しか見ていませんが、映像を見て非常に気になるところがありました。

CMの様子はこちら(キリンオフィシャルサイト)

というのは、CMの中で秋の味覚の代表として秋刀魚が登場するからです。確かに、秋の味覚といえば、秋刀魚が代表格であることは否定できませんし、秋の味覚を1つだけ挙げるとしたら私も秋刀魚を挙げることでしょう。しかし、このCMの影響で「秋味=秋刀魚」という誤ったイメージが拡散するのではないかと危惧しています。

秋味というのは、北海道方言で、秋に産卵のために川を上ってくる鮭のことをいいます。秋味は決して秋刀魚のことを指す言葉ではありません。Googleで「秋味 秋刀魚」を検索すると誤解しているページが多数ヒットします。秋味の意味を正確に理解している人の割合がどの程度なのか、非常に気になるところです。

こんなことを書いている私ですが、秋味が鮭のことであるのを知ったのは、3年くらい前のことです。テレビだったか何かで「秋味とは何か?」という問題があり、そのとき即座に思いついたのはやはり秋刀魚でしたが、その後正解の発表があり、このときに初めて正しい意味を知りました。「秋味」という名は上述したビールで初めて知りましたが、このときは特定の魚を指すことばだとは思っていませんでした。

折角大々的にCMを打つならば、秋味とは何なのかを知ってもらえるような題材にしてほしかったですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

名古屋駅~中部空港のバス、存続へ

以前、当ブログにて、JR東海バスの名古屋駅~中部国際空港間が9月末をもって廃止になるとの記事を書きましたが、今朝の中日新聞に、10月1日から岐阜県瑞浪市のバス・タクシー会社「平和コーポレーション」が同区間を運行するとの記事がありました。

バス路線残った
名駅⇔中部空港(中日新聞サイト)

現在、平和コーポレーションは中津川~県営名古屋空港~中部国際空港のバスを運行していますが、これを中津川~名古屋駅~中部国際空港にルート変更し、他に名古屋駅~中部国際空港、県営名古屋空港~名古屋駅~中部空港の路線も追加し、運行本数は1日53便とのことです。

運賃は現在の1000円より高い1200円になりますが、この金額だと名鉄のミュースカイ(特別車)と同じ金額ですね。ミュースカイの28分に対し所要時間で2倍近いバスが同じ金額で対抗できるのかは疑問が残るところですが、社長のコメント「国際空港から交通の要所へのバス路線がないなんて理解できない。万一、鉄道がストップしたらどうするのか」には同意できるところがあります。とはいえ、少ない車両・本数で鉄道がストップしたときに、代替手段として機能できるのかは大いに気になるところです。

ところで、名古屋駅のバス乗り場はどこになるのでしょう。名鉄系なら名鉄バスターミナル、JR系なら現在の乗り場を引き継ぐかと思われますが、引き継ぐ会社はどちらの系列でもないような気がします。名古屋駅~県営名古屋空港を運行するあおい交通のように、路上の停留所になるのでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

【誤解】JR東海の入鋏印

0826nyukyo01

上の画像は、JR東海の入鋏印(改札スタンプ)です。

実は、この入鋏印について大きな誤解をしていました。というのは、周遊券など、昔の大型軟券切符には、右下の方に入鋏位置を示すM型の印字がありました(下の画像参照)。改札鋏の形はいろいろありましたが、その代表格がM型でした。現在の入鋏印には、下の段に「入鋏済 M」と表示されていますが、アルファベットのMを、昔の改札鋏の代表がM型だった名残だと勝手に思い込んでいました。

0826nyukyo02
昔の周遊券に印字されていた入鋏位置を示すM型

しかし、最近になって、アルファベットのMが「MORNING」の頭文字であることを知りました。アルファベットの表示は時間帯によって変わるそうです。何故、そんな誤解をしてしまったかというと、M以外の印字を見る機会が少なかったからでしょう。最近は自動改札が普及して、切符に入鋏印を押される機会は多くありません。入鋏印を押されるのは青春18きっぷを使用する場合がほとんどですが、18きっぷを使用するときは朝の時間帯に入鋏することがほとんどなので、いつもMが表示されることになってしまいます。朝の印字がMではなく他のアルファベットだったら、アルファベットの意味は何だろうと、疑問に思っていたのかもしれません。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

電車の見えるカフェ(イオン熱田)

イオン熱田ショッピングショッピングセンターの2階に「Pain Tapas」というパン屋があります。

この店の奥にはカフェがあり、窓の外を走るJR東海道本線と名鉄名古屋本線を走行する電車を眺めることができます。奥のカフェには向かい合わせのテーブル席もありますが、電車を眺めるには外を向いたカウンター席がお勧めです。

ただし、建物が西南西の方向を向いているので、正午を過ぎると店内に日が差してきます。日が差してくるとブラインドが下ろされ日差しはある程度カットされますが、テーブルの上はどうしても日が差してしまいます。また、夕方になると西日をまともに受けるので、目線の高さまでブラインドが下ろされ、窓からの視界はゼロとなります。ということで、電車ウォッチングでこの店を訪れるならば、午前中の入店をお勧めします。

0824paintapas06
店の入口

0824paintapas01
窓側を向いたカウンター席
カウンター席とは、本来は調理場と対面する席のことを指しますが、一般的な用法(多人数が横に並んで相席で座る席)に従い、ここではカウンター席と呼称することにします。

0824paintapas02

0824paintapas03

0824paintapas04

0824paintapas05
店内から見える電車
線路沿いの道路と駐車場の間には木が植えられているので、電車が隠れてしまいます。電車を見るなら、駐車場出入口が正面に見える席に座ると良いでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

困った新聞記事、「確信犯」の誤用

今朝の中日新聞朝刊1面に、ETC料金所を不正に通過する車が急増しているとの記事がありました。

料金所不正通行車が急増 中日本や名高速、ETC普及で

上記ウェブサイトの記事には書かれていませんが、12版の1面には、「確信犯やうっかり組も」との小見出しが書かれ、記事中には「同社では、確信犯には情報提供などで警察と連携して対応し、ミス防止にはETCカード差し忘れなどに注意するよう呼びかける。」と、「確信犯」という語が2回使われています。

「確信犯」というのは、道徳的、宗教的あるいは政治的な確信に基づいて(つまり、道徳的、宗教的あるいは政治的に正しいと信じて)なされる犯罪のことです。悪いことと知りながら犯罪を行うことではありません。

記事を読む限りでは、ETCレーンを強行突破することが正しいと確信して、それを行っている人が多いと解釈することは無理があります。ETCレーンを強行突破する人は、料金を不法に逃れるのが目的といって間違いではないでしょう。つまり、これは故意犯であって決して確信犯ではありません。

確信犯の誤用はあちこちで散見されます。一般人が誤用するのは致し方ないとして、新聞の1面の見出しで堂々と誤用するのは本当に困り者です。このように書くと、新聞社から、「取材時に相手が言ったことをそのまま記事にしただけであって、誤用であることはちゃんと分かっている」と反論を受けそうですが、それならそれで、「記事中の『確信犯』は誤用です、正しい用例は・・・」というような補足が欲しいところです。

マスコミは、一般人の言葉の誤用に迎合するのではなくて、誤用を指摘し是正する役目を持ってもらいたいものです。


(追記)
朝刊記事とウェブサイトの記事を比較対照したところ、新聞記事中で「確信犯」となっていた部分が、ウェブサイトでは「悪意ある運転者」という表現になっていました。表現がおかしいことに気付き、置き換えたのかもしれません。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

JRバス東京~名古屋が2940円

会員制ツアーバスに対抗して、JR東海バスが期間限定で格安の割引切符を販売することになりました。

JR東海バス、東名間の夜行で割引切符 最安2940円(朝日新聞サイト)

記事によると、販売対象となるのは9月19日~12月19日乗車分のうち月~木曜日の出発分(祝日、祝前日は除く)で販売枚数は最大15席前後、乗車3日前までに4列シートの青春ドリーム号をネットで購入した場合に、最安の2940円となるとのことです。

最安の2940円といえば、東京~名古屋間の会員制ツアーバスで最大の運転の運行本数(昼夜合わせ1日8往復)を誇るキラキラ号の回数券(6枚綴り1年有効で17500円、1回あたり約2917円)にほぼ匹敵する金額です。キラキラ号回数券を利用する場合と比較した場合のメリットと考えると、回数券ではないので1回のみの乗車でも購入可能なこと、本山や星ヶ丘など途中の停留所での乗降が可能なことが挙げられますが、個人的には既にキラキラ号の回数券を所持していること、週末には利用できない(キラキラ号回数券は週末も同料金で利用可能)ことを考え合わせると、1度も利用しないうちに販売期間が終了してしまうような気がします。


(参考)JRバス割引運賃2940円を取り上げたブログ
名古屋~東京間の夜行バスが最安2940円(じブんログ)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

映画・日本沈没

ということで、先日の投稿で書いたように、原作を読み終えたので、映画館まで足を運んできました。映画館へ行ったのは20年ぶりくらいのような気がします。

映画に出てくる主人公の名前は原作と同じであるものの、ストーリーは原作とかなり異なっていたので、原作を読んで映画本番の予習をするという当初の目的はあまり意味を成しませんでした。噴火や沈没の場面の映像は良くできていたと思います。それにしても予想外の形で結末を迎えましたね。ネタバレになるので結末は書きませんので、興味のある方は各自で見に行かれることをお勧めします。

また機会があれば映画館にも足を運びたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SUPER BELL''Zのライブ

19日~20日に名古屋の広小路通で、広小路夏まつりが開催されましたが、その中のイベントの1つとして、丸栄前特設ステージにて、SUPER BELL''Z(スーパーベルズ)のライブが行われましたので、2日間続けて見に行ってきました。

SUPER BELL''Zといえば、鉄道の車内放送を題材にしたラップ調の曲が有名ですが、名鉄沿線バージョンなど地元系のものもいくつか発表されているので、どんなものが登場するか楽しみでした。地元民として一番面白かったのは、展望超人パノラママンと空港超人ミュースカインがトウカインと対抗して打ち勝つというパフォーマンスショーでした。このパフォーマンスショーを再度見たくて2日目も足を運んでしまったといっても過言ではありません。

0821bells01
パフォーマンスショーを演じるトウカイン(左)、展望超人パノラママン(中)と空港超人ミュースカイン(右)


(参考)丸栄前のSUPER BELL"Zライブを取り上げたブログ

名古屋・広小路祭りへスタンバイ!
名古屋初日
展望超人パノラママン
名古屋終了
ガーランド大佐
→以上、SUPER BELL"Zのオフィシャルブログ「ベルグン」の記事です。僭越ながら、トラックバックを送信させていただきました。

久屋踊り(ムーンライトゆかりん )
スーパーマンって(ムーンライトゆかりん)
→ライブ当日の様子は、このブログが一番詳しく書かれていると思います。曲目リストや、パフォーマンスショーのセリフが詳細に書かれています。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

瀬戸蔵ミュージアム

先日、瀬戸蔵ミュージアムへ行ってきました。

瀬戸蔵ミュージアムとは、旧瀬戸市役所跡地に立地する市の施設「瀬戸蔵」の2階に設置されている博物館です。やきものの歴史を紹介するのがメインですが、7月22日から10月15日まで、ミュージアム内で「101年目のせとでん展」が開催されているので、それに合わせて行っみようと思っていたところ、8月12日から20日までは入場料無料との情報を得たので、19日に急遽行くことにしました。

瀬戸蔵ミュージアムに入場すると、最初に目に付くのは、昔瀬戸線を走っていた車両モ754号です。

0820seto01
モ754号(外観)

0820seto02
モ754号(車内)

電車の横には、どうやって電車を入れたとの解説がありますが、建物の立てる前に、先に電車を入れたと書かれていました。このときはニュースになったようですが、そのニュースは失念していました。

もう1つの大きな展示物は、旧尾張瀬戸駅舎です。

0820seto03
旧尾張瀬戸駅舎(外観)

0820seto04
旧尾張瀬戸駅舎(構内)

101年目のせとでん展は、その奥の展示室で行われており、せとでんの歴史を紹介するパネルの他、せとでんの写真や模型、各種グッズなどが展示されていました(こちらは撮影禁止だったので、画像での紹介はできません)。

それにしても、古い写真を見ていると、お堀電車に乗りに行かなかったことが非常に悔やまれますね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久々にJTB時刻表を購入

最近、JRの時刻表は、交通新聞社の「JR時刻表」を3ヶ月に1回程度購入しています。

既に7月号を購入済みなので、8月号は買わないつもりでしたが、8月号にのみ掲載されている情報がどうしても欲しかったので、9月号の発売日が近づいている本日になって、8月号を購入しました。今回はJR時刻表ではなく、JTB時刻表の方を購入しました。JTBの方を選択したのは、今回のJTB時刻表に付録として付いている「JTB時刻表トランプ」に興味があったことと、投稿好きの友人の投稿が掲載されているという理由からです。

JTB時刻表を購入したのは約3年ぶりで、このブログを始めてからJTB時刻表を購入するのは初めてでした。比較対照した訳ではありませんが、以前に購入したときと大きく変わっているのは、索引地図の◎の駅(市の代表駅)でしょうね。この3年間で、多くの市町村合併があり、消えた◎の駅や新たに誕生した◎の駅が沢山あるはずです。

0818jtb01
購入した時刻表と付録のJTB時刻表トランプ
トランプの図柄は、過去のJTB時刻表の表紙

| | Comments (5) | TrackBack (0)

青春歌年鑑(’77~’78)

1970年代後半から、昭和末期にかけてのヒット曲(国内盤)が好きです。

先日、近所の書店のレンタルCDコーナーを覗いていたら、青春歌年鑑シリーズのCDが大量に陳列されているのを見かけました。青春歌年鑑シリーズとはワーナーミュージック・ジャパンから発売されている年代別ヒット曲集CDで、2枚組の「青春歌年鑑」とその続編の「続・青春歌年鑑」で構成されていて、1960年から1990年のものが発売されています。

本来なら、全部購入したいところですが、金銭的に購入する余裕がないので、順次レンタルしてMDにダビングしているところです。個人的に興味があるのは1977年以降なので、’77年からスタートして、現在’86年のあたりのCDが手元にあります。

収録曲を全部列挙しても仕方ないので、CD1枚につき2~3曲程度、お気に入りの曲を列挙していきたいと思います。

まずは、’77年と’78年です。

【青春歌年鑑’77 DISK1】
失恋レストラン(清水健太郎)
津軽海峡冬景色(石川さゆり)

【青春歌年鑑’77 DISK2】
暑中お見舞い申し上げます(キャンディーズ)
マイ・ラグジュアリー・ナイト(しばたはつみ)
宇宙戦艦ヤマト(ささきいさお)

【続・青春歌年鑑’77】
あずさ2号(狩人)
愛のメモリー(松崎しげる)
渚のシンドバット(ピンク・レディ)

【青春歌年鑑’78 DISK1】
君のひとみは10000ボルト(堀内孝雄)
微笑がえし(キャンディーズ)
飛んでイスタンブール(庄野真代)

【青春歌年鑑’78 DISK2】
林檎殺人事件(郷ひろみ&樹木希林)
夏のお嬢さん(榊原郁恵)

【続・青春歌年鑑’78】
カナダからの手紙(平尾昌晃&畑中葉子)
UFO(ピンク・レディ)
てぃーんずぶるーす(原田真二)

| | Comments (0)

水金地火セ木土天海冥カ2

長年親しまれてきた「水金地火木土天海冥」が「水金地火セ木土天海冥カ2」に変わるようです。

太陽系惑星:新たに3個 国際天文学連合が定義案公表(毎日新聞サイト)

呼びにくい(^^;


(参考)「水金地火セ木土天海冥カ2」という文字列を含むブログ
水金地火セ木土天海冥カ2(Qururu.com)
太陽系惑星候補が3つも(暮しや生活とビジネスに役立つネタ帳)
嘘でほんとは正しいよ(Listen to the Sea!)
chinamini太陽系の惑星、一気に3個増か(ちゃっぷまん’sブログ )

| | Comments (2) | TrackBack (3)

TOICAモニターに応募

JR東海の名古屋地区では11月25日よりICカード「TOICA」が導入されますが、それに先立って、現在、モニターを募集しています。モニターテストは9月30日から10月29日までの約1ヶ月間、東海道線の刈谷~岐阜間と中央線の名古屋~春日井間で行われます。

詳細はこちら(JR東海オフィシャルサイト)

モニターの募集自体は7月25日より既に始まっていて、それ以降、何度かこの区間を使用していますが、肝心のモニター応募用紙を見かけることなく、8月半ばになってしまいました。昨日になって、締切が18日であることに気付き、本日最寄の駅に行き応募用紙を入手して早速投函しました。

モニター用カードには1500円分の利用可能金額がチャージされ、自由に利用できるとのことですが、応募数がかなり多そうです。果たして、無事モニターに当選することはできるのでしょうか?

0816toica01_2
応募用紙の表面


(参考)TOICAモニター募集を取り上げたブログ
TOICAのモニター募集中(がんばりません)

| | Comments (2)

日本沈没

0815chinbotsu

このブログで、小説や映画のことを書くのはおそらく初めてだと思います。

普段、小説や映画にはあまり関心を示さないのですが、先月、映画「日本沈没」の上映予告広告を見ていて、久々に映画を見に行ってみたいという気になりました。といっても、映画には慣れていないので、ストーリーについていけるかどうかの不安はあります。ちょうど、書店に立ち寄ったところ、文庫本の日本沈没(上下2巻)が山積みになっていたので、映画の予習のつもりで読んでみようと思い、先月上下2巻をまとめて購入しました。長編小説には慣れていないので、なかなか読むのに時間がかかり、昨日の四国からの帰りの電車の車内で、ようやく読み終えることができました。

ということで、今度は映画に行ってみたいと思います。早く行かないと、上映が終わってしまいますね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

さぬきうどん、初訪問店

昨日及び本日、初訪問したさぬきうどん店です。

0814udon01

0814udon02
将八うどん 丸亀駅前店
ざるうどん 330円

0814udon03

0814udon04
松下製麺所
小 150円

0814udon05

0814udon06
一代
ぶっかけうどん小 400円

高松駅前で他に2軒(味庄・井筒)にも行ってみましたが、お盆休みでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

琴電瓦町駅志度線口

0813kawaramachi01

高松に来ています。

琴電瓦町駅周辺を歩いていたら、「琴電瓦町駅志度線口」と書かれた入口を見つけました。改札の中を覗くと、1面2線の志度線の行き止まりホームがありました。

私が琴電志度線に乗ったのは1988年のことです。瓦町駅の直上には現在駅ビル(以前はコトデンそごう、現在は天満屋)が立っていますが、当時はまだ駅ビルがありませんでした。以前は、琴平線・長尾線ホームと平行して志度線ホームがあったように記憶していているのですが、駅ビルの建設と同時に、志度線ホームは東方に大きく移動したのでしょうか。駅ビル完成後に、琴平線は何度か利用していますが、志度線のホームが離れていることには気付きませんでした。

さきほど、ネットで調べて知ったのですが、琴平・長尾線と志度線は線路が繋がっていないことを初めて知りました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「ドニチエコきっぷ50万枚突破キャンペーン!!」の期待値

紹介が遅くなりましたが、「ドニチエコきっぷ50万枚突破キャンペーン!!」の結果が、名古屋市交通局から発表されました。

「ドニチエコきっぷ50万枚突破キャンペーン!!」の結果について(名古屋市交通局サイト)

それによると、応募総数は2300通を超え、その中から厳正なる抽選で、50名の方に1000円のユリカが発送されたとのことです。

以前の投稿にて、郵送料を払って応募した場合の損益分岐点を計算したところ、744人という数字が算出されましたが、結果的にはそれを大きく上回る2300通以上の応募があり、キャンペーン応募で郵送料60円を投資することに対する期待値は、60×744/2300=19.408・・・と、投資額の3分の1程度であることが判明しました。数字だけを見ると、公営ギャンブルの75%、宝くじの45パーセントより悪い数字です。

次回このようなキャンペーンを行う際は、是非とも地下鉄駅等に応募箱を設置し、郵送料がかからないような配慮が欲しいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホテルでの失敗談

先日泊まった富山のホテルでは、パソコン・携帯充電器・デジカメ充電器など多数の電気器具を持ち込みました。それに加え、ホテルの備品の中にも電気が必要なものもあり、LANケーブルの接続もあるので、狭いデスクの周りはコードだらけになってしまいました。

そして、翌朝、チェックアウトの直前に電車の出発時間の都合で慌ててしまい、LANケーブルを持ち帰るのを忘れてしまったようです。これに気付いたのは、次の宿泊先である新潟のホテルにチェックインし、パソコンとLANケーブルを繋ごうとしてLANケーブルが見つからなかったときのことです。幸いにも、そのホテルではLANケーブルの貸し出しがあり、重いパソコンを持参したことが無駄にならずに済みました。

これだけなら、単なる忘れ物ですが、本当にLANケーブルを忘れてしまったのだろうかと、再度カバンの中を調べていたところ、意外なものがカバンの中から出てきました。出てきたのは電気ポットの電源コードでした。前夜、パソコンでチャットをしながらカップラーメンの湯を沸かし、同時に携帯の充電もしていたため、電気ポットの電源は持参したコーナータップに繋いでいました。部屋を出る直前、コーナータップに繋がれているコードは自分のものだと思い込み、慌ててカバンにしまい込んでしまったようです。室内への忘れ物と同時に、備品の無断持ち出しをしてしまいました(^^;

帰宅後、そのホテルの宿泊約款を見ていたところ、今回の忘れ物と備品の無断持ち出しに関連する思われる部分として、以下の記述がありました。

(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)
第16条 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当ホテルに置き忘れていた場合において、当ホテルは、当該所有者からの連絡とその指示を待つものとします。尚、その指示による運送費用は宿泊客の負担とさせていただきます。又、所有者の連絡・指示がない場合、あるいは所有者が判明しない場合は、発見日を含め7日間保管し、その最寄の警察署に遺失物として届けます。

(宿泊客の責任)
第18条 宿泊客の故意または過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該宿泊客は当ホテルに対し、その損害を賠償する責任を負うものとします。

以前、何かで読んだ記憶がありますが、ホテルは宿泊客の忘れ物があっても電話で連絡したりしないそうです。電話に出るのが本人ではなく家族だったりするので、本人のプライバシーが保護できないことが理由のようです。ということで、第18条により、忘れ物の連絡が来ることはありません。また、第18条により、無断持ち出ししたコードの返還を求められたり、それに対する損害賠償を請求される可能性があります。ということで、LANケーブルの忘れ物がなかったかどうかホテルに電話してみましたが、そのような忘れ物は見つかっていないとのことでした。その際、電源コードのことについて何か問われるかもと思っていましたが、そのようなことを言われる気配はなく、自らそれを郵送で返却したい旨を伝えたところ、それでお願いしますということで、電話は終り、本日ホテル宛に電源コードを郵送しました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新313系展示会

0810311kei01

JR東海名古屋地区の東海道線で、10月1日ダイヤ改正で新規投入される新313系の展示会があったので行ってきました。

先週の投稿で触れた通り、新313系の大きな特長は、すべての座席が転換できることです。ということで、従来転換できなかった部分を中心に見てきました。

0810311kei02
新313系の外観(正面)

0810311kei03
側面のLED行先表示

0810311kei04
ドア際の仕切りと座席

仕切りの下は30センチくらい空いていて、足を出すことができるので圧迫感はそれほどありませんでした。これまで、313系に乗る場合、前向きで他人と向き合うことのない席を確保することに躍起になっていましたが、6両化と合わせ全ての席が転換できるようになったことで、快適な座席を確保するのが容易になったことは大きく評価できそうです。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

新潟競馬場~JR駅の最安ルート

新潟競馬場は、JRA競馬場の中で最もマイカー依存度の高い競馬場です。軌道系交通機関はないもののバス路線は複数存在します。新潟競馬場を発着するバスの中では、新潟駅南口に発着する7号バイパス経由の急行バスがメインとなります。このバスの運賃は片道540円で、往復切符を購入すると1000円になります。このルートが最も分かりやすい競馬場入りのルートですが、JR乗り放題きっぷを所持している場合は、競馬場に近いJR駅を発着・経由する路線を利用することで、交通費を節約することができます。

その中で、最も良く知られている路線は、白新線豊栄駅と競馬場を結ぶ路線でしょう。競馬開催日は豊栄駅発11:00、11:40のバスと競馬場発16:40のバスが運行されます。この路線の難点は本数が少ないことで、先日、新潟駅に12時過ぎに到着する列車で新潟入りした私は、公共交通機関で競馬場入りしようとすると、新潟駅南口発着のバス利用しか選択肢がありませんでした。

(補足:JR乗り放題きっぷを所持していて、最も安く競馬場へ行く方法として、白新線の駅から歩く方法があります。競馬場に最も近い駅は早通駅で、駅から競馬場までは約3キロです。とはいうものの、この炎天下、菊花賞並みの距離を歩く気力はありません(^^;)

結局、行きはやむを得ず新潟駅南口発のバスを利用しましたが、帰路は最終レース終了後に運行される豊栄駅行きのバスに乗車し、豊栄からJRを利用することを考えていました。豊栄駅~競馬場の運賃は片道270円です。しかし、競馬場到着後、興味本位で競馬場発着の他のバスの路線図を見ていたところ、万代シティ(古町)~競馬場のバス路線が、新崎駅前という停留所を通るのを見つけました。競馬場から新崎駅前までは片道210円、豊栄駅までバスを利用するより60円安いことに気付きました。ということで、競馬終了後、特に急ぐ用事もなかったので、時間が余計にかかることは承知の上で、このバスに新崎駅前まで乗車し、新崎からJRを利用することにしました。

0808niigata01

0808niigata02_1
バス乗り場の様子

万代シティ(古町)~競馬場のバス路線は、旧国道7号線を各停で運行されるバスで、競馬開催日は万代シティ発競馬場行きが4本、競馬場発古町行きが7本運行されます。

バスの路線・ダイヤ等、詳細はこちら

先日は、最終レース終了後、16時40分発のバスに乗車してみました。バスは座席がちょうど埋まる程度の乗車率で、競馬場から南方向に向かい、旧7号線との交差点で右折し、数箇所の停留場を過ぎ新崎駅前で下車します。競馬場周辺が渋滞していたいこともあり、乗車当日の所要時間は20分でした。下車したとき、駅がどちらの方向にあるのか分かりませんでしたが、同時に下車した5~6人が、信号交差点を南方向に歩いて行くのを見て、それについて行ったところ、400メートル位先に、新崎駅の橋上駅舎があるのが見えました。

0808niizaki01
新崎駅周辺の地図
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます(縮尺は、拡大時で8000分の1)
バス停留場は駅北の信号交差点の近くです

0808niigata03
新崎駅の橋上駅舎

ということで、停留場名は駅前を名乗っているものの、駅と停留場の間は400メートルも離れているため、残念ながらあまりお勧めできるルートではありません。どうしても交通費を節約したい人、マニアックなルートを試してみたい人向けのルートといえそうです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

23年ぶりの飯山線

昨日の新潟からの帰りに、23年ぶりに飯山線に乗りました。

0807iiyama01
越後川口駅に停車中のキハ110

越後川口から戸狩野沢温泉までは、キハ110の単行です。信濃川・千曲川の見える進行方向左側の席を取りたかったのですが、生憎左側に空席がなく、津南までは右側の席に座っていました。津南で多くの下車客があったので、左側に移動しました。

森宮野原では、展望車両「ふるさと」を連結した列車と交換しました。本当はこの車両に乗りたかったのですが、またの機会に取っておくことにしましょう。

0807iiyama02
森宮野原駅に入線する展望車両「ふるさと」

0807iiyama03
JR日本最高積雪地点の碑(森宮野原駅)

0807iiyama04
戸狩野沢温泉駅で乗り換え(左の車両から右の車両へ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

信濃毎日新聞

0807shinanomainichi02

昨日は長野知事選があり、現職の田中知事が敗れました。本日は、たまたま新潟の帰りに長野を経由したので、興味本位で信濃毎日新聞を初めて購入してみました。長野駅に着いたのが16時過ぎで、夕刊が既に入荷していましたが、朝刊はまだ陳列されていました。

信濃毎日新聞だけに限らず、多くの全国紙でも1面トップは長野県知事選だったようですが、他の新聞より大きな見出しを用いていました。1面から5面までのほとんど、社会面の大部分、他にコラムと社説が知事選関連記事で占められていました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

4年ぶりの新潟競馬場

0806niigata01

新潟競馬場に行ってきました。前回行ったのは、東京競馬場の馬場改修工事の関係でスプリンターズステークスが新潟で行われた2002年なので、ほぼ4年ぶりということになります。

富山のホテルを6時40分過ぎにチェックアウトし、普通列車と快速「くびき野」を乗り継ぎ、約20分の遅れで12時20分頃新潟駅に到着、駅前の東横インに荷物を預け、南口40分発の急行バスにて競馬場へ向かいました。

本日のメインレースは関屋記念、実績馬の多くは高齢(7・8歳)で当てにならず、出走頭数は18頭と非常に難解なレースです。高齢馬を避け若い3歳馬の単勝に賭けましたが、結果は人気薄の高齢馬が1着に入り、単勝で6千円台、馬連で3万円台、3連単で49万円台と大波乱となりました。

0806niigata02
関屋記念の払戻金を表示しているターフビジョン

0806niigata03
関屋記念を勝ったカンファーベスト号

これで、新潟競馬の現地観戦は5回目ですが、現地観戦で馬券が的中した記憶がなく、JRA競馬場の中で最も相性の悪い競馬場といえそうです。だからといって、もう2度と行かないというつもりはなく、いつかリベンジをと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々にホテルアルファワン

富山ライトレールで日本の鉄道を完乗するネット仲間に立ち会うため、富山に来ています。

本日は久々(7年ぶりくらいかな?)にアルファワンに泊まります。このホテルは国内のホテルでは珍しく、14時からチェックイン可能です。ということで、14時過ぎにホテルにチェックインしました。国内のホテルのチェックインでは、これまでで一番早いチェックインのような気がします(荷物だけ先に預ける場合を除く)。

0805alphaone01
泊まったアルファワンと14時13分を示す時計
この直後にチェックイン

0805alphaone02
ホテルの室内

0805alphaone03
窓から見える富山地鉄市内線

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海10月1日ダイヤ改正

JR東海の、10月1日ダイヤ改正の概要が発表されました。

今回のダイヤ改正の大きな特長は、名古屋地区の東海道線に新製313系(すべて6両編成で12編成)が投入され、快速列車が大幅に増強されることです。

改正の詳細はこちら(JR東海オフィシャルサイト)

東海道線の詳細に関しては、9項目の箇条書きとなっていますが、その中で、気になるものについて感想を書いてみたいと思います。この区間の利用者層は、名古屋近郊から名古屋へ向かう流れが中心となりますが、名古屋から快速列車・普通列車を乗り継いで遠方まで行くことが多い立場での感想です。10月といえば、鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷが発売される時期なので、名古屋からそのきっぷを利用する立場の感想と考えて下さって結構です。

1)昼間時間帯、4両編成の快速列車を6両編成に増強

4両編成で混雑の激しい列車が多いので、6両編成化は大歓迎です。あと、座席面での大きな変化として、新製313系は全て転換可能なクロスシートになるとのことです。転換クロスシートに座る場合、進行方向を向き相手と膝を突き合わす必要がない座席に座れるのが理想ですが、従来の車両ではその条件に合致しない部分がかなりの割合を占めているので、居住性はかなり向上しますね。

ダイヤの詳細が発表されていないので、何とも言えませんが、6両編成化と同時に、輸送量の比較的少ない浜松・米原方面への直通列車が減少するのではないかとの不安があります。豊橋・大垣の乗り換えはできれば避けたいところですが、このあたりはどうなるのでしょうね。

5)早朝、豊橋で東京行「ひかり」に接続する岡崎・蒲郡方面からの普通列車を増発

現在、東海道線名古屋駅発上り朝一(平日のみ)の岡崎行きが、豊橋まで延長になるようです。この列車を利用することで、東海道線で東へ向かうのに便利になるかと思いましたが、現在の豊橋から先のダイヤを見る限りでは、この列車の利用価値はゼロのようです。

6)豊橋から名古屋方面へ、夜20~21時台に快速列車を増発

この増発は私にとって大歓迎です。東京方面から普通列車を乗り継いで名古屋まで帰る場合、時間が遅くなると豊橋から先が各駅停車のみとなり所要時間がかなり延びますが、快速列車の増発で帰りの所要時間が短縮されるようです。個人的には、豊橋発の快速列車の最終から、金山発で自宅の近くまで行く最終バスに間に合うようになるのが非常に好都合です。

以上、個人的な都合ばかり書いてしまいましたが、ダイヤの詳細が分からないので、推測だけで書いている部分を含んでいます。早く、全駅全列車掲載の時刻表を見てみたいものです。

| | Comments (8) | TrackBack (2)

TORY?

0803tory01

JR東海某駅のトイレを外から撮った画像です。

TORYってどういう意味でしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

空港通り駅近くのうどん屋

先日行った琴電の空港通り駅ですが、片道7時間近くかけてわざわざ行ったのは、ついでに駅近くのうどん屋へ寄ろうという目論見があったからです。空港通り駅から南東方向に徒歩10分くらいのところに、うどん屋が2軒あることは事前に下調べしておきました。

ということで、空港通り駅下車後は、うどん屋の方向に向かって歩きました。まずは国道193号を南へ進み、途中で右折する予定でしたが、10分近く歩いたところで、行き過ぎてしまったことに気付き、来た道を引き返しました。その後、ここを西方向へ向かえば良いのだろうと思われる狭い道に入り、5分ほど歩いたところに目的の店の看板を見つけました。しかし、建物の横に看板が一つあるだけで入口には看板がなく、店の横には工務店のトラックが停まっています。ちょうど、工務店の人と思われる男性が店の中から出てきたので、店が営業しているか聞いてみたところ、先日火災にあって現在修繕工事中とのことでした。ぱっと見たところ、火災に遭ったようには見えませんでしたが、建物の上部の方が少し黒くなっているのは分かりました。

0802udon01
修繕工事中の「千ちゃん」

修繕工事中では致し方ないので、2軒目を目指し、歩いて来た道を更に先へ進み、交差点で右折します。右折して1分くらいで、店の名の並んだ共同店舗の看板を見つけますが、この並びの共同店舗は、全てシャッターが下りています。手元にあるさぬきうどん全店制覇攻略本の写真によると、共同店舗の一番右側のようですが、店舗の正面には看板等は一切なく、既に撤退してしまったようでした。

0802udon02
既に撤退していた「川鍋うどん」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(7月分)

【検索ワード1位の推移】
1日 今年の干支 
2日 今年の干支
3日 今年の干支
4日 日本エレベータ協会
5日 今年の干支、グリーン車、イオン、バンコクナビ
6日 今年の干支
7日 キラキラ号
8日 名鉄
9日 宇都宮線、今年の干支
10日 キラキラ号 
11日 リニモ、誤解、暦
12日 リニモ、誤解
13日 名古屋
14日 キラキラ号
15日 (該当なし)
16日 キラキラ号
17日 キラキラバス
18日 (該当なし)
19日 キラキラ号
20日 今年の干支
21日 名古屋
22日 今年の干支
23日 名古屋
24日 キラキラ号、名古屋、ロンシャン競馬場
25日 名古屋
26日 (該当なし)
27日 (該当なし)
28日 (該当なし)
29日 (該当なし)
30日 名古屋
31日 (該当なし)

今月はかなりの分散傾向ですが、大まかな傾向として、上旬に「今年の干支」、中旬に「キラキラ号」、下旬に「名古屋」が比較的多く出現していることが挙げられます。先月に引き続き「今年の干支」が多いのは謎です。中旬に「キラキラ号」が多かったのはこの時期に増便・所要時間の延長が行われたことが原因でしょう。下旬に「名古屋」が目だったのは、検索サイトからのアクセスが低調だったことを示しています。他の際立った検索ワードがないために、相対的に上位にランクされてしまったものです。下旬には該当なしが続いていますが、同一ワードでの1日あたりのアクセス数が5未満の場合は、該当なしと表示しているためです。それだけ検索サイトからのアクセスが少なかった訳ですが・・・

【月間検索ワードベスト10】
1位 名古屋
2位 今年の干支
3位 キラキラ号
4位 イオン
5位 名鉄
6位 ゴールドジェット
7位 バス
8位 グリーン車
9位 廃止
10位 常滑

月間で「名古屋」が1位になったのは初めてです。「名古屋」で検索して私のページに辿り着く人は、おそらく複数の検索ワードを組み合わせて私のページに辿り着いたものと推測しています。今月は海外関連の検索ワードがベスト10圏内に登場しなかったのが特徴です。最近海外ネタを書いていないので、当然といえば当然のことですが・・・。因みに海外ネタの最高位は14位の台湾新幹線、15位のロンシャン競馬場でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »