« 【誤解】JR東海の入鋏印 | Main | 誤解を招くCM「秋味」 »

名古屋駅~中部空港のバス、存続へ

以前、当ブログにて、JR東海バスの名古屋駅~中部国際空港間が9月末をもって廃止になるとの記事を書きましたが、今朝の中日新聞に、10月1日から岐阜県瑞浪市のバス・タクシー会社「平和コーポレーション」が同区間を運行するとの記事がありました。

バス路線残った
名駅⇔中部空港(中日新聞サイト)

現在、平和コーポレーションは中津川~県営名古屋空港~中部国際空港のバスを運行していますが、これを中津川~名古屋駅~中部国際空港にルート変更し、他に名古屋駅~中部国際空港、県営名古屋空港~名古屋駅~中部空港の路線も追加し、運行本数は1日53便とのことです。

運賃は現在の1000円より高い1200円になりますが、この金額だと名鉄のミュースカイ(特別車)と同じ金額ですね。ミュースカイの28分に対し所要時間で2倍近いバスが同じ金額で対抗できるのかは疑問が残るところですが、社長のコメント「国際空港から交通の要所へのバス路線がないなんて理解できない。万一、鉄道がストップしたらどうするのか」には同意できるところがあります。とはいえ、少ない車両・本数で鉄道がストップしたときに、代替手段として機能できるのかは大いに気になるところです。

ところで、名古屋駅のバス乗り場はどこになるのでしょう。名鉄系なら名鉄バスターミナル、JR系なら現在の乗り場を引き継ぐかと思われますが、引き継ぐ会社はどちらの系列でもないような気がします。名古屋駅~県営名古屋空港を運行するあおい交通のように、路上の停留所になるのでしょうか。

|

« 【誤解】JR東海の入鋏印 | Main | 誤解を招くCM「秋味」 »

Comments

某SNSから来ました。
はじめまして。

今ごろのコメントで恐縮ですが…
上記バスに乗る機会がありました。
出発が小牧空港、帰着がセントレアで、クルマを小牧空港の駐車場(無料!)に入れていた関係で利用しました。
名駅はJRのターミナルに入りました。
車輌は新型ハイエースグランドキャビン(10人乗り)で、運転手さんはしきりに「狭くてゴメンね」と言っていました。
基本的にはマイクロバスで、時間帯によってハイエースになってしまうみたいです。
新設記念で200円キャッシュバックしてたので、結果的に従来の名鉄/JRと同じ1,000円で名駅まで乗れる計算になります。
さすがにミュースカイよりは時間掛かりますが、運転手さんが感じよくて快適でした。
小牧まで行くなら、名鉄西春乗り換えの手間を考えるとかなり便利に感じました。
とはいっても、改正前のセントレア~小牧直行に比べると名駅に一旦寄る分、日中は時間が読めなくなってしまいましたが…仕方ないですね。大増便してますし。

以上、突然のコメントすみません。

Posted by: たろー | 2006.11.08 12:57

たろーさん、某SNSからの訪問及びコメントありがとうございます。

確かに、小牧~セントレアを利用する人にとっては名古屋駅を経由することによって不便になったのでしょう。特に名古屋駅周辺は混雑することが多く時間が読めないですね。

乗り場の件は、バスターミナルの2Fということは何とか事前に知ったものの、ターミナルの入口にはそれらしい案内がなく、運行開始直後に様子を見に行ったときはバス停に辿り着くまでにかなり時間がかかってしまいました。

その後、試しに一度乗ってみたいと思い、10月半ばに乗りに行きました。私の乗った便は、29人乗りの車両で25人の乗客でした。というのは、この日、名鉄常滑線で人身事故があり、一時的に空港行きの電車が運行できなくなったからです。運転士の話によると、普段は2~3人の乗客と言っていました。

Posted by: おかげん | 2006.11.08 13:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋駅~中部空港のバス、存続へ:

» 中部空港アクセスは名鉄の圧勝 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 JR東海バスは、名古屋駅と中部空港とを結ぶリムジンバスを9月末で廃止します。こ [Read More]

Tracked on 2006.08.26 22:25

« 【誤解】JR東海の入鋏印 | Main | 誤解を招くCM「秋味」 »