« 久々にJTB時刻表を購入 | Main | SUPER BELL''Zのライブ »

瀬戸蔵ミュージアム

先日、瀬戸蔵ミュージアムへ行ってきました。

瀬戸蔵ミュージアムとは、旧瀬戸市役所跡地に立地する市の施設「瀬戸蔵」の2階に設置されている博物館です。やきものの歴史を紹介するのがメインですが、7月22日から10月15日まで、ミュージアム内で「101年目のせとでん展」が開催されているので、それに合わせて行っみようと思っていたところ、8月12日から20日までは入場料無料との情報を得たので、19日に急遽行くことにしました。

瀬戸蔵ミュージアムに入場すると、最初に目に付くのは、昔瀬戸線を走っていた車両モ754号です。

0820seto01
モ754号(外観)

0820seto02
モ754号(車内)

電車の横には、どうやって電車を入れたとの解説がありますが、建物の立てる前に、先に電車を入れたと書かれていました。このときはニュースになったようですが、そのニュースは失念していました。

もう1つの大きな展示物は、旧尾張瀬戸駅舎です。

0820seto03
旧尾張瀬戸駅舎(外観)

0820seto04
旧尾張瀬戸駅舎(構内)

101年目のせとでん展は、その奥の展示室で行われており、せとでんの歴史を紹介するパネルの他、せとでんの写真や模型、各種グッズなどが展示されていました(こちらは撮影禁止だったので、画像での紹介はできません)。

それにしても、古い写真を見ていると、お堀電車に乗りに行かなかったことが非常に悔やまれますね。

|

« 久々にJTB時刻表を購入 | Main | SUPER BELL''Zのライブ »

Comments

どうもです。私も見に行きましたが、お堀電車は見たかったですね。といっても年齢的に無理がありますが。それでもガントレットは実物を見てみたかったです。たしか軍部が、戦車が通れなくなるという理由で、橋の下を複線分に広げるのを拒んだために、やむを得ずガントレットという配線になったと聞いています。

Posted by: ハンドル | 2006.08.24 23:29

ハンドルさん、コメントありがとうございます。

私の場合、年齢的に全く無理な話ではありませんでしたが、当時はそこまでの行動力がありませんでした。新聞を見て、無くなることを残念に思っていました。ガントレットを採用せざるを得なかった事情については詳しく知りませんでした。情報ありがとうございます。

Posted by: おかげん | 2006.08.24 23:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瀬戸蔵ミュージアム:

« 久々にJTB時刻表を購入 | Main | SUPER BELL''Zのライブ »