« September 2006 | Main | November 2006 »

スパムメール鎮静化

NIFTYのメールを使用していますが、スパムメールブロック機能を設定してあります。

10月25日の15時過ぎから、ブロックされずに受信箱に届くスパムメールが急激に増えました。

10月25日 5件
10月26日 11件
10月27日 10件
10月28日 0件
10月29日 0件
10月30日 1件
10月31日 1件

26・27の両日は、この先どうなることかと心配でしたが、28日以降沈静化したので、一安心といったところでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年賀状、今年こそ…

明後日は、年賀はがきの発売日です。

個人的には、年賀はがきを購入する時期は比較的早いのですが、問題は、その割に年賀状作成の取りかかりが遅いこと。例年、この時期になると、「今年こそ、年賀状作成を11月中に終えよう! 12月15日に年賀状を投函しよう!」と心に誓うのですが、未だ実現したことが一度もありません。一昨年も昨年も11月上旬、このブログにそのことを書きましたが、結局実現できないまま12月を迎えてしまいました。

年賀はがきが11月早々に発売されるのは、年の暮れの忙しい時期に作成しくなて済むようにとの配慮ですね。年末にしかできないことも多数あるので、今年こそ、11月中にできることは、可能な限り11月中に終えておきましょう。

と書いているものの、本当に実行できるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2列シートのバス

以前、台湾で、2列シートの豪華な高速バスに乗ったことがあります。2列シートのバスに乗ってみたくて、台北~高雄間の移動で、敢えてバスを選択しました。2列というのは、片側2列という意味ではなく、片側1列で通路を挟んで両側で2列という意味です。

乗車レポートこちら(当ブログの過去記事です)

そういえば、日本では2列シートの豪華なバスは見かけないと思っていましたが、調べてみたところ、ノクターン号のスーパーシートとプレミアムドリーム号のプレミアムシートが2列であることが判明しました。

とはいうものの、上述したバスは一部の座席だけが2列であるに過ぎません。2列シートを基本としたバスは日本に存在するのでしょうか。そんなことを思いながら、たまたま、名阪近鉄バスの公式サイトを見ていたところ、2列シートを基本とした豪華なバスがあるのを見つけました。

詳細はこちら(名阪近鉄バス公式サイト)

「輝(かがやき)」という名のVIP仕様貸切バスで、大型車でありながら定員が18名(正座席12名、サロン席6名)とかなりの余裕です。座席の方向はいろいろと転換できるようです。乗ってみたい気がしますが、貸切運賃は相当高いのでしょうね。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

「鉄子の旅」アニメ化

小学館の「月刊IKKI」に連載され、2006年12月号で連載を終了した、菊池直恵原作で鉄道の旅をテーマとした漫画「鉄子の旅」が、2007年にアニメ化されることが決定しました。主題歌・音楽はSUPER BELL''Zが担当するとのことです。

鉄道関連のブログ・掲示板は毎日多数見ていましたが、何故か今日までこの情報を知る機会には恵まれませんでした。ブログ検索をしてみたところ、5日前の10月23日の時点で、公式サイトがオープンしていたようです。

公式サイトはこちら

「鉄子の旅」自体は読んでいませんが、単行本を見せてもらったことはあります。鉄道の旅をテーマとしているアニメとなると、内容的に興味があるので、アニメ放送の際には、是非とも見てみたいと思っています。公式サイトには、主題歌・音楽はSUPER BELL''Zが担当すること以外、現時点では具体的な情報はありません。放送日時が気になるところですが、地上波テレビで放送されるとは書かれていないですね。どんな方法で配信されるのでしょうか。

ところで、鉄道の旅をテーマにしたアニメって、過去に存在したのでしょうか?(銀河鉄道999のような非現実的なものを除く)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

幻の記念きっぷ

ニュースリリースで発表があった当日、早くも発売中止が決まってしまった、何ともお気の毒な記念きっぷです。

詳細はこちら

「幻の記念きっぷ」と呼ぶ場合、きっぷ自体は既に印刷されている場合が普通ですが、今回の場合、印刷はまだ行われておらず、正真正銘の「幻」となってしまいました。

2年前の記憶がないのですが、このときも同様だったのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾新幹線12月7日開通式

(共同通信サイトより)
台湾新幹線12月7日開通式 小泉前首相らに招待状
 【台北26日共同】日本の対台湾交流機関、交流協会台北事務所の池田維代表は26日、日本の新幹線システムが初めて海外に輸出されたプロジェクト、台湾高速鉄道(新幹線)の開通式典が12月7日に同鉄道台中駅で行われることを明らかにした。
 同鉄道の営業主体、台湾高速鉄道公司から池田代表に連絡があった。同公司は小泉純一郎前首相ら日本の政治家や鉄道関係者らに式典招待状の発送を始めたという。
 同鉄道は最高時速300キロで台北-高雄間(約345キロ)を約1時間半で結ぶ。関係者によると、台北-板橋(台北県)間の約7キロを除く板橋-高雄間で11月下旬から試運転を開始。開通式典後の12月中旬、正式な営業運転に入る予定だ。


ということで、片道だけ航空券を確保していた、11月上旬の訪台予定は、正式に取りやめることにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

原付に乗ったことがない

先日、自分の免許証を眺めていて、普通自動車の免許を取得してから、既に20年以上経過していることに気付きました(正確には、20年と数ヶ月)。

普通免許を取得していれば、原付に乗ることも可能ですが、実は、免許を取得してから、原付に乗ったことが一度もありません。乗り方も良く分からなかったりします(^^;

ペーパードライバーの場合は別として、こういうのって私だけなのでしょうか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道物産展

この時期になると、多くの百貨店で北海道物産展が開催されます。地元名古屋ではどうなのだろとネットで調べてみたところ、10月上旬から11月上旬の間に、7店舗全てで開催されることが判明しました。

●松坂屋本店「味と民芸の宝庫 大北海道物産展」10月11日~10月17日

●松坂屋名古屋駅店「秋の北海道大物産展」10月18日~10月24日

●名古屋栄三越「感動、新発見!三越 秋の大北海道展」10月3日~10月9日

●星ヶ丘三越「大北海道展」10月25日~10月31日

●名鉄百貨店本店「大北海道の物産と観光展」10月25日~11月6日

●丸栄「北海道物産展」10月19日~10月25日

●JR名古屋高島屋「大北海道展」11月1日~11月6日

日常会話では、「北海道物産展」と呼ばれることの多いこの人気イベントですが、正式名称は店舗によってまちまちです。一番シンプルな名称を用いているのは、日常会話で呼ばれる名称そのままの丸栄です。他の店舗の名称には、どこかに「大」の文字が含まれているのが特徴です。

因みに、「北海道の物産と観光展」という名称を用いて開催されているのは、北海道(庁)主催のものです。北海道庁公式サイトによると、今年度は29都市36会場で開催予定で、出品商品基準などが明確に定められています(要するに、北海道産の商品しかダメということ)。

名古屋市内の北海道物産展では、名鉄百貨店のみがこれに該当します。本日の新聞折り込みチラシに、名鉄百貨店のものがあり、明日から開催される「大北海道の観光と物産展」の概要が大きく掲載されていました。チラシ内では「中部地区ではめいてつだけが道庁主催。」と記され、北海道知事高橋はるみ氏のごあいさつも掲載され、他の北海道物産展とは一線を画することをアピールしています。

北海道(庁)主催の北海道物産展を、他の北海道物産展より「格上」と判断して良いのかどうか分かりませんが、とりあえず、開催中に一度は名鉄百貨店に足を運んでみたいと思っています。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾新幹線開業はどうなる?

昨年10月開業の予定が1年延期になり、今年10月31日の開業を予定している台灣高鐵(台湾新幹線)ですが、開業時期が再び延期される可能性が高いようです。

先日、鉄道ダイヤ情報11月号が発売になりましたが、昨日になって特集が「台湾新幹線開業間近!」であることを知り、本日購入してきました。記事中には以下の記載がありました。

(引用開始)
■台灣高鐵の開業は本稿作成時点(2006年9月下旬)では2006年10月31日の予定となっていますが、延期される可能性が高いようです。開業式典は予定どおり10月31日に行われるようですが、旅客営業開始は来年2月頃までずれ込む可能性もありますので、今後の動向にご注意ください。本誌でも逐次情報をお伝えしていきます。
(引用終了)

それにしても、旅客営業がまだできない状況だというのに、開業式典だけ先に行なってしまう予定というのは、日本では考えられないことですね。

実は、昨年11月の時点で今年10月の開業を見越して、11月初旬の台北行き特典航空券(片道のみ)を押さえてあります。本当に行くならば、そろそろ帰りの航空券の手配をしなければなりません。その手配をするか、片道分の特典を放棄(11月中旬で期限が切れる)するかを決断する時期が来ました。

1018gaotie01
鉄道ダイヤ情報11月号

| | Comments (2) | TrackBack (1)

敦賀発播州赤穂行き

先日(10月14日)のブログに書いた通り、10月21日に新快速の敦賀直通を中心としたダイヤ改正がありますが、本日、その改正ダイヤが掲載された時刻表11月号が書店の店頭にあったので、早速購入してきました。

個人的に関心があったのは、敦賀から播州赤穂まで直通する列車があるか否かですが、時刻表を調べてみたところ、敦賀から米原経由で播州赤穂へ向かう列車が夕方に1本だけある(逆方向はなし)ことが判明しました。

【平日】
敦賀17:55→播州赤穂21:54 3519M(敦賀~近江塩津間8519M)

【土休日】
敦賀17:55→播州赤穂21:53 3301M(敦賀~近江塩津間8301M)

時刻表を詳細に見ると、平日・土休日共に米原で4分程度の停車時間があり、平日は網干で3分程度、土休日は姫路で4分程度の停車時間があります。米原で増結がありそうですし、網干又は姫路で解放があるかもしれません。ということは、ダイヤ上は敦賀から播州赤穂まで直通していても、車両は直通しないのでしょうか?


| | Comments (5) | TrackBack (1)

【誤解】三十路

三十路(みそぢ)とは30歳のことです。30代のことではありません。二十歳(はたち)が20歳のことであって、20代のことではないのと同様です。

最近になって、誤解していることを知りました(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

喫茶マウンテン、建て替えのため休業へ

久々に、お気に入りに登録されているブログを全件チェックしていて気付いたのですが…

名古屋市昭和区に、「喫茶マウンテン」という知る人ぞ知る有名な喫茶店があります。

喫茶マウンテン公式Blogによると、耐震対策のため店舗の建て替えを行うことになり、2006年11月5日をもってしばらく休業するとのことです。新店舗のリニューアルオープンは来年4月頃になる見込みです。

現在の店舗のうちに、もう一度行っておきたいという方はお早めにどうぞ。リニューアルオープンに便乗して、料金が値上げにならなければいいのですが…

1014mountain01_1
マウンテンの看板

1014mountain02_1
マウンテンの現在の建物

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新ダイヤ公表、遅すぎ

1週間後の10月21日に、JR西日本で新快速の敦賀延長を主体としたダイヤ改正が行われます。

しかし、改正ダイヤが時刻表に掲載されるのは11月号で、発売日は改正3日前の18日。月1回の定期刊行物の発売日を繰り上げるのが大変なことは理解できますが、いくらなんでも3日前までダイヤが分からないというのは遅すぎます。今はネットの時代、紙媒体の時刻表がなくてもネットで事足りますが、現時点でネット上で時刻表は公表されていません。某掲示板によると、お客様センターに問い合わせてみたものの、18日に発表するとの回答で、あくまで18日までは新ダイヤを公表しない方針のようです。

最近のJRダイヤ改正では、普通列車のダイヤが発表されるのが遅くなる傾向にありますが、何か事情でもあるのでしょうか。ダイヤが不便になるのを早くから知らせたくないのではとの声もちらほら聞かれますが、今回のダイヤ改正では利便性が大幅に向上するはずですので、発表を遅らせる理由が良く分かりません。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

13日の金曜日

以前に書いたような記憶がありますが、再度書きます。

本日は13日の金曜日です。私はキリスト教を信仰していないので、直接関係はありませんが、非信仰者の中にも、気になる方は多いようですね。

ということで、過去・未来10年分の、13日の金曜日一覧です。

1996年 9月、12月
1997年 6月
1998年 2月、3月、11月
1999年 8月
2000年 10月
2001年 4月、7月 
2002年 9月、12月
2003年 6月
2004年 2月、8月
2005年 5月

2006年 1月、10月

2007年 4月、7月
2008年 6月
2009年 2月、3月、11月
2010年 8月
2011年 5月
2012年 1月、4月、7月
2013年 9月、12月
2014年 6月
2015年 2月、3月、11月
2016年 5月

それにしても、こんな一覧作成して、何の役に立つのだろうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【お詫び】更新が滞っています

Dailyおかげんへのアクセスありがとうございます。

ここ数日間、更新が滞っています。原因は、更新のし易さやコメントの多さから、某SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に傾注しまっているためです。

ブログ仲間の中で、SNSに移行してしまい、ブログの更新が全く行われなくなった人も少なくありませんが、個人的にはブログは今まで通り続けたいと思っています。どうやって両者を使い分かるか、どうやってブログとSNSを両立させるかを現在検討中ですので、いましばらくお待ち下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【訂正】ドニチエコきっぷ

9月28日の投稿で書いた『「ドニチエコきっぷ100万枚突破キャンペーン!!」と損益分岐点』の記事ですが、大きな誤りがあることが判明しましたので、訂正版をアップします。

誤:「抽選で100名様にユリカ1000が当たります」
正:「抽選で100名様にドニチエコきっぷ(大人券)」

名古屋市交通局で4月1日から発売されている「ドニチエコきっぷ」が、発売数100万枚を突破しました。

これを記念して、「ドニチエコきっぷ100万枚突破キャンペーン!!」が行われ、9月30日の使用日付のあるドニチエコきっぷを交通局へ郵送すると、抽選で100名様にユリカ1000が当たります。

キャンペーンの詳細はこちら(名古屋市交通局公式ウェブサイト)

この情報を知り、ちょっと残念に思ったのは、応募方法が郵送に限定されていることです。郵送するためには、郵送料というコストがかかります。応募総数が多ければ多いほど、期待値が下がるので、投資(郵送)に対する見返り期待額が投資額(郵送料)を下回る可能性もあります。

ということで、今回のキャンペーンの、応募総数による損益分岐点がどうなるかを計算してみました。

ドニチエコきっぷは600円で、現金のみの販売なので、600円で計算します。次に、郵送料ですが、普通の封書で送ると80円かかりますが、郵便書簡(ミニレター)を使用すると60円で済みますので、60円で計算することにします。

以上の数値から計算すると、600*100/60=1000で、損益分岐点は1000人ということになり、応募総数が1000通を超えると、見返り期待額が投資額を下回ることになります。ところで、郵送料の計算に郵便書簡の料金を用いましたが、郵便書簡(ミニレター)の知名度ってどれくらいなのでしょう。仮に、郵便書簡(ミニレター)の存在を知らないとすると、封筒に80円切手を貼って応募することになりますので、600*100/80=750で、損益分岐点は750人程度と大きく変動します。

もっとも、応募総数は未知数なので、応募するか否かは、応募者が自己判断するしかありませんが、損得勘定にシビアになるならば、応募を見送った方が賢明かもしれません。ただし、コレクター的立場等で、どうしてもこのユリカが欲しいという思いがあるならば、この限りではありません。

本当は、応募方法を郵送だけにするのではなく、地下鉄駅に応募箱を設置するなどの方法を併用して欲しかったですね。前回の「ドニチエコきっぷ50万枚突破キャンペーン!!」のときに、交通局に要望を出しておきたいと思っていましたが、そのことをすっかり忘れていました。今度こそ交通局に要望を出しておきたいと思います。

因みに、「ドニチエコきっぷ50万枚突破キャンペーン!!」のときの応募総数は、交通局発表によると応募総数は2300通を超えていました。仮に同じ応募数があると仮定すると、キャンペーン応募で郵送料60円を投資することに対する期待値は、60×1000/2300=26.086・・・となり、宝くじなみの率の悪さとなります。

次回このようなキャンペーンを行う際は、是非とも地下鉄駅等に応募箱を設置し、郵送料がかからないような配慮が欲しいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東横イン中部国際空港本館、オープン延期

中部国際空港の近くに建設中の、東横インで最大規模(1045室)を誇る中部国際空港本館ですが、以前建設現場を見たときは、2006年秋オープンと書かれていましたが、先日見たところ、2007年オープンに時期が変更になっていました。

1003toyokoinn01

1003toyokoinn02
2006年5月21日現在の様子

1003toyokoinn03

1003toyokoinn04
2006年9月30日現在の様子

足場が取り払われ、外観を現している部分も徐々に広がってきましたが、内装はまだこれからのように見えました。

オープンは来年のいつになるのでしょうね。多分、私は使わないと思いますが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ポケットティッシュ消化計画

約2年前のブログに、ポケットティッシュが68個溜まっていることを書きましたが、一昨日数えてみたら、総数が65個で、2年前とはほとんど変化がないと思っていました。

しかし、昨日、鰹節のギフト用紙箱に目一杯ポケットティッシュが入っているのを見つけ、数えてみたところ65個ありました。ということで、現在手元には計130個のポケットティッシュがあることになります。

これまでポケットティッシュを使うのは外出時のみで、自宅ではボックス型のティッシュを使っていましたが、これ以上ポケットティッシュを溜め込んでも保管場所に困るだけなので、自宅でもポケットティッシュを使うようにしたいと思います。

1002tissuee
溜まった130個のティッシュ(乱雑な画像ですみません)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(9月分)

【検索ワード1位の推移】
1日 トイカ 
2日 名古屋
3日 ダイヤ改正
4日 今年の干支
5日 名古屋
6日 名古屋
7日 ダイヤ改正
8日 名古屋
9日 名古屋
10日 モニター 
11日 モニター、東横イン
12日 名古屋
13日 名古屋
14日 キラキラ号
15日 名古屋
16日 モニター
17日 名古屋
18日 長者番付
19日 真矢みき
20日 ダイヤ改正
21日 ダイヤ改正
22日 ダイヤ改正
23日 ダイヤ改正
24日 ダイヤ改正
25日 ダイヤ改正
26日 ダイヤ改正
27日 ダイヤ改正
28日 ダイヤ改正、時刻表
29日 ダイヤ改正
30日 時刻表

上旬・中旬はかなりの分散傾向でした。「名古屋」が多いのは、際立った検索ワードがない証拠です。20日のJR時刻表発売以降は、JR東海のダイヤ改正に関連するキーワードが大多数を占めました。

【月間検索ワードベスト10】
1位 ダイヤ改正
2位 名古屋
3位 jr東海
4位 台湾新幹線
5位 JR東海
6位 今年の干支
7位 モニター
8位 313系
9位 JR東海
10位 時刻表

JR東海のダイヤ改正に関連するキーワードがベスト10の半数を占めました。「台湾新幹線」は月を追うごとに減少傾向でしたが、開業予定日の10月31日が近づいていることもあり、再浮上してきているようです。ベスト10からは外れてしまいましたが、上旬に「赤福氷」が非常に多かったのも今月の特徴です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桃花台新交通最終日

先日のブログに書いた通り、桃花台新交通の最終日に乗ってきました。これで、開業初日と営業最終日の両方制覇です。

都合により朝一で出発できなかったので、フリーきっぷ購入は諦め、お名残乗車で1往復するだけにしました。

15時以降、ヘッドマーク付きの列車が走りましたが、撮影できる場所が限られているため、うまく撮影できませんでした。

0930tokadai
桃花台東駅乗車ホームに進入するヘッドマーク付き列車

| | Comments (2) | TrackBack (3)

« September 2006 | Main | November 2006 »