« 技術は一流、サービスは二流 | Main | スパムメール状況(11月上旬) »

【TOICA】岐阜~多治見

11月25日よりJR東海名古屋地区でICカードのTOICA(トイカ)が、導入されますが、本日、その詳細が記された「トイカご利用案内」を入手してきました。

個人的に気になっていたのは、TOICAで岐阜~多治見間を利用したときの運賃計算方法でした。今回、高山線・太多線は、TOICAの利用可能エリアには含まれていませんが、岐阜~多治見間の運賃は東海道・中央線経由だと1110円のところ、高山・太多線経由だと820円になります。TOICAの運賃計算に、TOICAの利用できない区間の運賃を適用させるのかどうか、TOICAの導入発表時点からずっと気になっていました。

結論からいえば、岐阜~多治見間を利用する場合、高山・太多線経由で運賃計算するとのことです。

(トイカご利用案内より引用)
●岐阜~多治見間の運賃計算の特例
下車駅の自動改札機では、ご乗車された区間の運賃を減額しますが、例外として、TOICAご利用可能エリア外の「岐阜~美濃太田~多治見」経由で運賃を計算した方が安い場合には、名古屋経由でご乗車された場合でも美濃太田経由で計算した運賃を減額します。

(例)岐阜→多治見のご乗車では、美濃太田経由で計算した運賃である820円が減額されます。
この場合、美濃太田経由でも乗車可能ですが、「岐阜~美濃太田~多治見」の途中駅での入出場はできません。
(引用終了)

名古屋地区では、実際の乗車経路で運賃計算をするのが原則ですが、TOICA導入に合わせて特例ができることを初めて知りました。普通乗車券にはこのような特例は存在していなかったと思いますが、TOICAと普通乗車券で運賃計算ルールが異なることで、混乱を生じたりすることはないのか、ちょっと心配だったりします。もしかして、TOICA導入に合わせて普通乗車券にもこの特例が適用されるようになるのでしょうか?


(参考)TOICAの岐阜~多治見間の運賃計算を取り上げたブログ
ICカード乗車券の「脆弱性」(M.Gのセキュリティブログ@CNET)
[train] TOICA(トキノツバサ)

|

« 技術は一流、サービスは二流 | Main | スパムメール状況(11月上旬) »

Comments

 ICOCAがJR東海でも使えるようになるまで待つ予定の「たべちゃん」です。

* ●岐阜~多治見間の運賃計算の特例

 素直に、東京・大阪・福岡・新潟みたいに「名古屋近郊区間」をつくったほうが簡単だったとは思いますが。新潟近郊区間は、Suica導入のためにわざわざ新たに近郊区間をつくったほどです。

Posted by: たべちゃん | 2006.11.10 23:35

たべちゃんさん、コメントありがとうございます。

名古屋近郊区間を設定しないのは、経由地指定の必要のあるルートが1箇所しかなく、近郊区間を新たに設定する方が手間がかかるという判断かもしれません。もう一つの理由としては、これ以上名古屋地区のTOICAのエリアを増やす予定がないのかもしれませんね。

Posted by: おかげん | 2006.11.10 23:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 技術は一流、サービスは二流 | Main | スパムメール状況(11月上旬) »