« 20万アクセス達成 | Main | 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(1月分) »

節分の豆まきに落花生?

間もなく節分です(本来の節分は、立春・立夏・立秋・立冬の各前日の年4回ですが、ここでは一般的な用法となっている立春の前日の意味で使用しています)。

節分といえば、最近は恵方巻が勢力を伸ばしているようですが、昔から一般的に広く行われているのは豆まきで、この時期になるとスーパーの食品売場には、節分用の豆の特設コーナーが登場します。

その特設コーナーを見ていて気になったのは、大豆と並んで落花生が置かれていることです。豆まきの豆といえば、昔から大豆が常識だと思っていたので、落花生が置かれているのを不思議に思っていました。

しかし、先日、地元の新聞で、北海道・東北方面では節分の豆まきに落花生が用いられるのが一般的との記事を目にしました。その記事によると、殻付きの落花生であれば、まいた後で拾って食べることができるとの理由で、落花生の豆まきが一般化したとのことです。

参考サイト
節分2:落花生を撒くって、有りですか?(All About)
節分は落花生!赤飯は甘納豆!(北海道雑学百貨)

確かに、食物を無駄にしないという意味では合理的だと思いますが、殻つきとはいえ、土足の床や屋外にまいたものを拾って食べるのは、あまり気分の良いものではないような気もします。

そういえば、節分の豆を歳の数だけ食べる節分の習慣がありますが、もう何十年もやっていないような・・・

|

« 20万アクセス達成 | Main | 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(1月分) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 20万アクセス達成 | Main | 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(1月分) »