« 昨日のアクセス数 | Main | 徒歩圏内にスタバ »

きっぷ紛失は不正乗車扱い?

JRに乗車中にきっぷを紛失した場合、再度同じきっぷを購入して再収受証明を受ければ、1年以内に発見された場合に払い戻しを受けられることは知識として知っていましたが、再度同じきっぷを購入するだけでは済まない場合もあることを知りました。不正乗車と同様の扱いを受け、増運賃・増料金を含め3倍の運賃・料金を請求される可能性もあるということです。

旅客営業規則では、以下のように規定されています。

============================

(乗車券類紛失の場合の取扱方)

第268条 旅客が、旅行開始後、乗車券類を紛失した場合であつて、係員がその事実を認定することができないときは、既に乗車船した区間については、第264条・第266条又は前条の規定による旅客運賃・料金及び増運賃・増料金を、前途の乗車船区間については、普通旅客運賃・料金を収受し、また、係員がその事実を認定することができるときは、その全乗車船区間に対する普通旅客運賃・料金を収受して、増運賃及び増料金は収受しない。

2 前項の場合、旅客は、旅行終了駅において、再収受証明書の交付を請求(指定券にあつては、同一列車の場合に限る。)することができる。ただし、定期乗車券又は普通回数乗車券を使用する旅客は、この限りでない。

3 第1項後段及び前項の規定は、旅客が旅行開始前に、乗車券類(定期乗車券及び普通回数乗車券を除く。)を紛失した場合に準用する。

=============================

ヨーロッパの場合、駅での改札や集札は滅多にありませんが、車内検札時にきっぷを所持していないと10倍以上の増運賃を取られると聞いています。もちろん、紛失したという言い訳は通用しません。そういう意味では、最大でも3倍の日本は「甘い」のかもしれませんが、紛失した上に3倍も取られるのは辛いものがあります。こういう事態を避けるためにも、きっぷの紛失には注意しなくてはいけませんね。

|

« 昨日のアクセス数 | Main | 徒歩圏内にスタバ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference きっぷ紛失は不正乗車扱い?:

« 昨日のアクセス数 | Main | 徒歩圏内にスタバ »