« 都道府県別最新訪問日 | Main | JR三島会社の運賃 »

七夕は「旧暦」で行うべき?

本日7月7日は「七夕」です。本来は旧暦7月7日の行事であり、立秋の後になることが多いので、俳句の世界では七夕は秋の季語になっています。しかし、新暦を採用するようになってからは、一部の地域を除き新暦の7月7日に行われるようになり、従来より1ヶ月程度時期が早くなりました。

新暦の7月7日といえば、日本列島の大部分は梅雨の真っ最中です。雨の降る可能性が高く、星が見える可能性はかなり低くなります。この時期に七夕の行事を行うのは、十五夜(中秋)の行事を新暦の8月15日に行うようなもので、自然現象に逆らっていることになり無理が生じます。七夕の行事は旧暦で行うのが妥当だと思います。

しかし、旧暦で七夕の行事を行おうとすると、別の問題が生じます。七夕の行事に積極的なところの1つに幼稚園が挙げられますが、旧暦で行おうとすると、夏休みの時期にかかってしまい、行事の開催が困難になってしまいます。一方、七夕の行事に積極的なところのもう1つは商店街ですが、こちらは旧暦や月遅れで行われるところが意外と多いようです。夏休み期間中の方が集客効果があるという判断なのでしょう。

それはともかくとして、七夕の主役といえば、織女星と牽牛星というよりも笹と短冊のイメージが強いような気がします。十五夜の場合、ススキや団子よりも月が主役というイメージが強いので、月は十五夜に欠かせないアイテムですが、七夕の場合、織女星や牽牛星が見えなくても行事を行うにあたっての支障がほとんどないので、敢えて旧暦で行う必要性がないのかもしれません。

それにしても、七夕の日付が新暦・旧暦・月遅れ等、地域によって異なることで、七夕伝説の「年に1度だけ会うことを許されている」の部分がぼやけてしまうのは非常に残念なことです。

|

« 都道府県別最新訪問日 | Main | JR三島会社の運賃 »

Comments

今日が、旧七夕ですが、気温はまだ暑いけど、「大」も点灯したし、秋(自分はもう秋だと、思い込んでる)に七夕も、季節はずれの気がします。
今日、七夕のところも、あるんでしょうね。

Posted by: はや | 2007.08.19 13:51

はやさん、コメントありがとうございます。遅くなりましてすみません。

私は、旧暦で七夕をやっているところを実際に見たことはありません。今年は、7月下旬~8月上旬に一宮と安城の七夕を見てきました。

Posted by: おかげん | 2007.10.08 20:09

じゃあ整合性のためにお宅では正月も旧暦で祝えばいいのに残念だね。

Posted by: ありこ | 2008.06.16 19:04

ありこさん、コメントありがとうございます。遅くなりましてすみません。

正月については、2つの意味があると考えています。1つは1年の始まり、もう1つは春の始まりです。春の始まりの意味としての正月であれば、旧暦で行った方が良いと思いますが、1年の始まりという意味では、新暦で行うのが妥当と考えています。

Posted by: おかげん | 2008.08.30 15:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 七夕は「旧暦」で行うべき?:

» 牽牛星 [妻夫木聡のすべて!]
七夕の日って、具体的にどういう事をするのでしょうか? 笹飾りを飾ったら終わりで...七夕の日って、具体的にどういう事をするのでしょうか?笹飾りを飾ったら終わりですか?クリスマスの時みたいに何か食べたりするのでしょ... [Read More]

Tracked on 2007.07.09 08:29

« 都道府県別最新訪問日 | Main | JR三島会社の運賃 »