« 東京メトロ副都心線の開業日予想 | Main | 栃木県の人口が群馬県を抜く »

【失敗】古い年賀はがきで懸賞

余った古いお年玉付き年賀はがきを懸賞に使うことは、一般的に良く行われていることで、私も度々利用しています。

しかし、その際の注意事項をすっかり忘れて、2度も投函してしまいました。

というのは、既に15日から年賀特別郵便の受付期間が始まっています。お年玉付き年賀はがきには「年賀」の文字が予め印刷されていますが、それを消さずに投函してしまったので、配達は来年の元日になってしまいます。私が投函したはがきは、締切に間に合わなくなってしまいました。

お年玉付き年賀はがきを年賀状以外の用途に用いる場合は、投函の時期に関わらず、年賀の文字を消すように習慣をつけておいた方が良さそうですね。

|

« 東京メトロ副都心線の開業日予想 | Main | 栃木県の人口が群馬県を抜く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【失敗】古い年賀はがきで懸賞:

« 東京メトロ副都心線の開業日予想 | Main | 栃木県の人口が群馬県を抜く »