« 京都に始まり京都で終焉~白熱電球廃止へ | Main | 初詣人出ランキング »

【新幹線】品川・新横浜に全列車停車

JR東海より、来年3月15日ダイヤ改正の詳細が発表されました。

詳細はこちら(JR東海公式サイト)

改正の大きな点はいくつかありますが、個人的に評価したいのは、品川・新横浜の両駅に全列車が停車するようになることです。これまで、大阪・名古屋方面から新横浜・品川へ行く場合、下車しようとする駅に停車するのかどうかを確認する必要がありましたが、東京行きにさえ乗れば、どの列車でも大丈夫ということで非常に利便性が向上します。また、首都圏から夜遅く名古屋へ向かう場合、名古屋行きのひかりが2本連続して新横浜を通過していたため、新横浜からの最終が東京より早いという不合理な状況でしたが、この点も今度の改正で解消することになります。

|

« 京都に始まり京都で終焉~白熱電球廃止へ | Main | 初詣人出ランキング »

Comments

本来速達性を優先するならば、品川or新横浜停車でよかった。新大阪~東京であれば本数が多いのでどちらかに止まっていたんですね。しかし、博多・広島~東京となると列車の選択肢がないので、両方停車となっていたわけです(広島・岡山~東京の姫路停車便を除く)。
しかし、新大阪~東京はビジネス利用が圧倒的に多く、エクスプレス予約利用者が結構いて、用意に指定席変更、列車変更を行うため、停車駅が異なると乗客にとってもまたそのようなシステム運用をするJR東海側にとっても面倒なものだったので、統一するんだと思います。

Posted by: ぷらら | 2008.01.14 12:17

ぷららさん、コメントありがとうございます。遅くなりましてすみません。

速達性と利便性を両立させるのは難しいですね。東京~新大阪間の利用者にとっては、所要時間が少し延びることになりますが、品川・新横浜の利用者も結構多いので、トータルで考えて全列車を停車させた方が良いとの経営判断なのでしょうね。

Posted by: おかげん | 2008.08.30 15:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【新幹線】品川・新横浜に全列車停車:

» 東海道・山陽新幹線を駆け抜けた“ひかり”の栄光 [東海道・山陽新幹線を駆け抜けた“ひかり”の栄光]
このサイトでは、東海道・山陽新幹線のひかり号について特集しています。国鉄は夢の超特急として、東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)に、東海道新幹線で各駅停車タイプの「こだま」と共に、速達タイプの列車として運転を開始した。名称は公募で選ばれ、応募総数約559,000通の内、1位が「ひかり」で約20,000票、そして「はやぶさ」、「いなずま」、「はやて」、「富士」、「流星」、「あかつき」、「さくら」、「日本」、「こだま」と続いた。「光」と「木霊」(音)の組み合わせで、列車の速度差を表したと... [Read More]

Tracked on 2007.12.26 01:31

« 京都に始まり京都で終焉~白熱電球廃止へ | Main | 初詣人出ランキング »