« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(9月分) | Main | 赤星の瓶 »

「8時ちょうどのあずさ2号」が消えて30年

30年前の1978年10月2日は、国鉄のダイヤ改正が行われた日でした。

このダイヤ改正での大きな変更点は、在来線の列車の号数の付け方で、これまで、下り・上り列車共に1号・2号・3号の順に号数が付けられていたのが、下りは奇数、上りは偶数の号数を付けることに変わりました。

この変更で、思わぬ影響を受けたのが、その前年に大ヒットした、狩人の「あずさ2号」でした。

タイトルになっている「あずさ2号」は、新宿を8時に出発して松本方面に向かう列車でしたが、号数の付け方の変更により、2号ではなくなりました。「あずさ2号」の発売は1977年3月25日、発売から僅か1年半で、歌詞に出てくる「8時ちょうどのあずさ2号」が消えることになってしました。新宿を8時ちょうどに出発する列車は「あずさ3号」になり、「あずさ2号」は、甲府発新宿行きの上り列車だけになってしまいました。

その後、何度かダイヤ改正が行われ、現在は、新宿を8時に出発する列車が「スーパーあずさ5号」、「あずさ2号」は松本発東京行きの列車となっています。現在の「あずさ2号」は、途中の大月発が7時59分発なので、近い将来行われるダイヤ改正で微妙な修正が行われ、「8時ちょうどのあずさ2号」が復活する可能性もあります。ただし、信濃へ行く列車ではありませんが・・・

この改正で変更になった号数の付け方自体に不満はありませんが、30年間、ずっと疑問に思っていたのは、1往復の列車に号数を付けないことです。下りは奇数、上りは偶数で区別する以上、1往復の列車にも1号と2号の号数を付けるべきだと思いますが、付かないのはなぜなのでしょう。

|

« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(9月分) | Main | 赤星の瓶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「8時ちょうどのあずさ2号」が消えて30年:

« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(9月分) | Main | 赤星の瓶 »