« June 2010 | Main | August 2010 »

「玉子かけごはん風」おにぎり

009

最近、スーパーやコンビニの店頭で度々見かけるおにぎりに、「玉子かけごはん風」があります。

ちょっと興味があったので、この1週間で2度購入し食べてみました。

飽くまでも、玉子かけご飯「風」であって、玉子かけご飯そのものではありません。ご飯全体が玉子でかき混ぜてあるのではなく、白飯のおにぎりの真ん中に具が入っている状態です。

因みに、ラベルの原材料名は、以下のような順番で記載されていました。

1度目に購入した商品:塩飯、卵黄ソース、のり(以下略)
2度目に購入した商品:うるち米、味付卵黄、海苔(以下略)

どちらの商品も、卵黄だけが用いられ、卵白は用いられていないようです。もしかしたら、加工商品の製造を段階で、余ってしまう卵黄を有効活用するために生まれた商品なのでしょう?

個人的には、梅やマヨネーズなど、おにぎりの具には苦手なものが多いだけに、選択肢を増やしてくれる意味でこの商品の普及は大歓迎です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

土用餅

今日は土用の入りということで、土用餅を買ってきて食べました。

003

005

画像の土用餅自体は、いくつかの店で1週間以上前から販売されているのを見かけています。しかし、当然あるだろうと思って行った店に土用餅が置いてなかったので、別の店まで買いに走る結果となってしまいました。

やはり、こういうものが本格的に売れるのは、「丑の日」なのでしょうか。このラベルにも「土用の丑の日に…」と書いてありますし…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

松坂屋名古屋駅店と日章旗

松坂屋名古屋駅店では、現在、閉店セールが行われていて、8月29日の営業を最後に閉店となります。

ということで、日章旗が掲出されるのは、今日が最後なので、その様子を写真に撮ってみました。

017

023

019

旗の写真を撮るのは意外と難しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

投票済証

投票済証を発行するかどうかは、各選挙管理委員会の判断に任されているようですが、名古屋市では選挙のたびに発行されています。

今回の図柄は、名古屋市指定有形文化財の「揚輝荘 聴松閣」でした。

揚輝荘公式サイト

002

001

スキャナが不調のため、デジカメの汚い画像で失礼致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィールエクボちとせ店の18円コロッケ

名古屋市港区の食品スーパー、フィールEQVo!(エクボ)ちとせ店に、18円コロッケがあるとの情報を知り、先日行ってきました。

005
店舗の外観です。エクボ(EQVO)というのは、E:エキサイティング、Q:クオリティ、Vo:ボリュームの頭文字で、従来のフィールよりも低価格路線の店舗です。

006
コロッケを袋に入れた様子です。袋には、「環境にやさしい持ち帰り袋です」と書かれています。

商品の方は「エクボ特製 昔ながらのコロッケ」という表示が天井からぶら下がっていて、プレーン・野菜・牛肉・カレーなどの中から、常時3種類のコロッケが1個18円で売られています。頻繁に商品を補充しているようで、購入してすぐに食べると、猫舌の私には熱すぎることが多いのがちょっと辛いところです。

東海地方では、この店の他に、バローでも18円コロッケを販売していますが、3種類のコロッケがあることから、こちらの店の方に魅力を感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

松屋の牛めし弁当(セパレート)

6月3日のブログにて、松屋の牛めし弁当(持ち帰り)を注文したときに、肉をご飯の上にのせるか、肉とご飯を別々にするかを訊かれたことを書きました。

その数日後、肉とご飯を別々にしたものを注文しましたが、カメラを忘れてしまったため、報告することができませんでした。

ということで、本日、肉とご飯を別々にした牛めし弁当を再度注文しました。先日、初めて別々にしたものを注文した時に、接客担当者が厨房に向かって「セパレート」と言っていたので、それを真似て、食券を出すときに「セパレートで」と言ってみました。それで十分通じるようです。

で、持ち帰り容器の方は、従来の容器にご飯だけ入れて、別の小さな容器に肉を入れて手渡されると思っていましたが、セパレート専用の持ち帰り容器が用意されています。下にご飯、上に肉と、2段重ねになった容器で出てきます。

001
蓋を閉めた状態

002
蓋を開けた状態

003
2段重ねの容器を分離した状態

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「MDラジカセ」といいながら…

昨日は、ナゴヤドームで行われた、家電フェア2010&大処分蚤の市(ヤマダ電機主催)に行ってきました。

購入の予定はなく、単に「見るだけ」のつもりで行きましたが、MDを再生できる機器を欲しいと思っていたので、下の画像の商品を衝動買いしてしまいました。ジャンク品扱いで、取説も保証書もありません。

007_3
購入した商品

購入した商品には、以下のような値札が貼られていました。

006_2
商品に貼られていた値札

値札には、「MDラジカセ」と書かれていますが、この機器には、カセットテープを録音・再生する機能は付いていません。私自身は、カセットテープ機能がないことを承知の上で購入したつもりなので、このことで返品や返金を要求するつもりはありませんが、こういう表示に問題はないのでしょうか?

因みに、メーカーの公式サイトを見に行ったところ、「MDラジカセ」の文字はなく、「1ビットMD/CDシステム」と表現されていました。

AV機器の名称はややこしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »