« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(1月分) | Main | 節分に食べる豆の数 »

9月22日「秋分の日」の損得

昨日、国立天文台より2012年の「暦要項」が発表され、2012年の秋分の日が9月22日になることが確定しました。秋分の日が9月23日以外の日になるのは、9月24日だった1979年以来33年ぶりのことです。

このことは、昨日マスコミで報道され、ネット上に多数の反応がありましたが、あまり評判がよろしくないようです。というのは、2012年9月22日が土曜日だからです。23日が秋分の日であれば24日が振替休日になりますが、祝日と土曜日が重なった場合、振替休日がないため、1日損をした気分になる人が多いのでしょう。

しかし、秋分の日が22日になるのは2012年だけではありません。この先、しばらくの間は4年に1度の頻度で22日になります。損をすることもあれば得をすることもあるということです。

ということで、2050年までに「秋分の日」が9月22日になる見込みの年をまとめてみました。

2012年9月22日 土曜日 3連休→2連休 (損) 
2016年9月22日 木曜日 3連休→単独祝日
2020年9月22日 火曜日 5連休→4連休 (損)
2024年9月22日 日曜日 3連休→3連休
2028年9月22日 金曜日 2連休→3連休 (得)
2032年9月22日 水曜日 単独祝日→5連休 (得)
2036年9月22日 月曜日 4連休→3連休
2040年9月22日 土曜日 3連休→2連休 (損)
2044年9月22日 木曜日 3連休→単独祝日 
2045年9月22日 金曜日 2連休→3連休 (得)
2048年9月22日 火曜日 5連休→4連休 (損)
2049年9月22日 水曜日 単独祝日→5連休 (得)

秋分の日が22日になることによって、土曜日が祝日重なってしまう場合と、国民の休日が消えてしまう場合を(損)、土曜日の祝日重なりが解消される場合と、国民の休日が発生する場合と(得)としました。2050年までを見る限りでは、損得の日数は同じようです。

|

« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(1月分) | Main | 節分に食べる豆の数 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 9月22日「秋分の日」の損得:

« 日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(1月分) | Main | 節分に食べる豆の数 »