« September 2011 | Main | November 2011 »

23日の行動

24日から27日のブログで、23日に関西に行った時のことを書いていましたが、その後、ネットに夢中になったり、別のことを書いたりしていて、中断してしてしまいました。この先、いつ再開できるか分からないので、当日の行動を箇条書きでまとめておきます。

・近鉄急行乗り継ぎで名古屋→大阪
・南海難波駅(マイチケットが使えることを確認)
・京阪淀屋橋駅(KカードをスルッとKANSAI Kカードに交換)
・中之島公園(ラバーダック)
・ノンストップ京阪特急乗車
・時代祭
・京都競馬場(菊花賞観戦)
・JR大阪駅(リニューアル後の様子を見に)
・近鉄急行乗り継ぎで大阪→名古屋


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2度あることは3度ありそう

ブログの原稿を書くときは、メモ帳に下書きし、それをコピー&ペーストしてアップしています。

今日のブログの原稿を書き、メモ帳からコピーするときに、2度続けて操作を間違えて原稿を消してしまいました(^^;

2度あることは3度ありそうなので、今日はここまでにしておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋の大掃除着手

半年くらい前のブログにて、大掃除をするなら、暑くも寒くもない春か秋にするのが良いと書きましたが、全く手つかずのまま、夏に突入してしまいました。

9月に入り涼しくなりかけた頃、そろそろ秋の大掃除を・・・と思いながらも、10月も残り僅かの今日になってようやく着手することができました。といっても、始めた時間が遅かったこともあり、全体の1割にも満たない進捗率で日没時間を迎えることになってしまいました。

先ほどまで、寝る場所もないほど床に物が置かれていましたが、隅の方に移動し、何とか寝る場所を確保しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近鉄関連サイト閲覧に夢中になって…

今日は、近鉄関連サイト閲覧に夢中になっていて、ブログを更新する時間がなくなってしまいました(最近そういうのが多いのですが(^^;)。

近鉄関連サイトといっても、実はWikipediaだったりします。

日曜日の関西行きで久々に近鉄に乗車したことが原因のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京阪Kカード

昨日は南海マイチケットのことを書きましたが、京阪電鉄の「Kカード」1000円カードも手元に2枚ありました。

先日、京阪電鉄の公式サイトを見ていたら、「Kカード取り扱い終了のお知らせ」のタイトルが目に留まりました。

10月31日で取り扱い終了、11月から払い戻しをするとのことでした。

10月23日に京阪電鉄沿線に行く予定がありましたが、その日は残念ながらまだ払い戻しが始まっていません。

お知らせの内容をよく読んでみると、「スルッとKANSAI Kカード」への発行替えが既に行われているとのことなので、手元にある2枚はこちらの対応をすることにしました。

ということで、日曜日、南海難波駅でマイチケットがまだ使えることを確認した後、地下鉄で淀屋橋へ向かい、京阪淀屋橋駅で、「Kカード」2枚を「スルッとKANSAI Kカード」に発行替えしてもらいました。

2枚とも未使用だと思い込んでいたのですが、1枚は200円使用されていたので、受け取った「スルッとKANSAI Kカード」は、残高800円のもの1枚と1000円のもの1枚となりました。

これで、関西地区のプリペイドカードで、券売機で引き換えないと使用できないのは、南海の「マイチケット」と近鉄の「パールカード」の2種類になりました。パールカードの使用停止・払い戻しはいつになるのか、気になるところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南海マイチケット

手元に、南海電鉄の「マイチケット」1000円カードが2枚あります。スルッとKANSAI導入前に販売されていた、券売機で乗車券に引き換える方式のプリペイドカードです。

先日、南海電鉄の公式サイト内を探しましたが、マイチケットに関する情報が全くありませんでした。

もしかしたら既に利用期間を過ぎていて、乗車券への引き換えも払い戻しもできないのだろうかと、一瞬不安になりました。

日曜日、関西方面に行ったついでに、南海の難波駅に立ち寄り、券売機にマイチケットを挿入してみました。

カード残高1000円と表示されたので、まだ使えるようです。

この先、定期的に南海電鉄のウェブサイトをチェックして、マイチケットの利用終了に関する告知が出ていないかを確認しなければ…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

携帯で「ヴ」を入力する方法

昨日のブログに書いた通り、23日に、オルフェーヴルが三冠を達成しました。達成直後、Twitterで、「オルフェーヴル三冠達成」と書きたかったのですが、携帯で「ヴ」を入力する方法が分かりませんでした。

普段、携帯で濁音を入力するとき、清音を表示してから*を押して濁音にしています。「う」を入力して*を押せば「ヴ」が表示されるかと思いましたが、出ませんでした。次に、「ぶ」を変換して変換候補に「ヴ」が出てくるのを期待しましたが、出ませんでした。

「ブ」で代用するいう非常手段もありますが、固有名詞ですから、可能な限り、正確に書きたいものです。「ブ」で書いておいて「正しくはウに濁点」との注釈を付けることも考えましたが、馬名を伝えることが主目的ではないので、馬名を書くのを断念し、「7頭目の三冠馬」という表現を用いることにしました。

今日になって、携帯の取扱説明書を開き、どうしたら「ヴ」が入力できるのかを調べてみました。入力方法のページを見ると、記号一覧の中に、「ゐ」「ゑ」「ヰ」「ヱ」と並んで「ヴ」がありました。普段、記号というと句読点や中点くらいしか使わないので、#を押して出てくる記号以外の入力方法を知りませんでした。#を長押しすると、記号一覧が出てくることを初めて知りました。

因みに、Googleで「携帯 ヴ 入力」で検索してみたところ、多数の書き込みが見つかりました。「ヴ」の入力に手間取った方は意外と多いようですね。

ネットに書かれていた入力方法を見ると、以下の3通りの方法があるようです。

・記号一覧から選択
上記で示した方法です。記号一覧を表示させる方法を覚えておく必要があります。

・カタカナ入力モードで「ウ」を入力してから濁点キーを押す
ひらがな入力ではこの方法が使えませんが、カタカナ入力ならばこの方法が可能とのことです。

・「ヴ」を含む単語に変換し、余分な文字を消す
一例として「びとん」→「ヴィトン」が挙げられていました。

最後の方法が最も簡単なようですが、ヴィトンに無縁の私には、この方法は思いつきませんでした(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オルフェーヴル三冠達成を観戦

昨日の日記にて、関西に行ったことを書きましたが、主な目的は、京都競馬場での菊花賞観戦でした。

今回の見所は、皐月賞・ダービーを連覇したオルフェーブルが、三冠を達成するかどうかでした。単勝1.4倍の期待に見事に応え、2着馬に2馬身1/2差の勝利で、史上7頭目の三冠達成となりました。

達成の瞬間を撮影しようと試みましたが、ゼッケン番号が判読できないほどの見事な手ぶれになってしまいました(^^;

077

レース後は、三冠達成を祝福する画面が、ターフビジョンで放映されました。

083

088

今回の京都競馬観戦を決断したのは、オルフェーブルの三冠達成を見逃したら後悔するとの思いが後押ししたからです。これで後悔せずに済んで何よりでした。

オルフェーブルの次走は未定(年内に一走の模様)ですが、今後の活躍に期待したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関西に行ってきました

タイトルの通りですが、本日は関西(京都・大阪方面)に行ってきました。

朝の出発が早く、夜の帰宅が遅かったため、日付が変わる前に書き上げる余裕がありません。詳しくは後日ということで…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょい乗りバス社会実験

公共交通を考える場として行われた名古屋市の「みちまちウィーク2011」にて、ちょい乗りバス社会実験が行われました。

期間は10月21日から23日の3日間で、10:00~18:00に、栄~大須地区を無料のバスが約10分間隔で運行しました。

詳細はこちら

22日に午後に乗車してみましたが、乗車率はまずまずで、区間によってはかなりの立席も見られました。

020
029
車両は三重交通の路線で運行されている小型バスを使用していたようです。

038
乗車時には乗車券が配られ、下車時に回収されました。無料なのに乗車券を配っていたのは、停留所ごとの乗降人員を集計するためだと思われます。

アンケート用紙(返送用封筒付き)も配られたので、これから記入して投函したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

時間切れ(^^;

時間は十分にあったはずですが、ネット閲覧に夢中になってしまい、本日はブログの記事を書くことができませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラゴンズセールの66円が62円に…

中日ドラゴンズのセ・リーグ優勝を記念し、名古屋地区では昨日から多くの店でセールが行われています。

このセールは、落合監督の背番号66に因み、66円(あるいは末尾に0をいくつか加えた金額)の特売品が多いのが特徴で、イオンでも66円の商品が多数出ていました。

そのイオンですが、今日は20日ということで、毎月恒例のお客様感謝デーの日です。イオンカードの提示またはWAONでの支払いで、5%オフになります。ドラゴンズセールの特売品は5%オフの対象になるのかどうか気になりましたが、試しに、66円のチョコレート菓子をセルフレジに持っていき精算したところ、5%オフの対象となり、支払額は62円でした。

因みに、今年の日本シリーズの日程は11月12日から20日で、最も早い優勝決定が16日です。ドラゴンズが日本シリーズに出場した場合、優勝決定のタイミングによっては、ドラゴンズセールの期間とお客様感謝デーが再び重なる可能性があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記念切符、久々に使ってみようかな?

本日は、名鉄で、「中日ドラゴンズ セ・リーグV2優勝記念乗車券」が発売されました。優勝翌日の午後3時発売という発売パターンはこの数年で完全に定着したようです。

今回の記念乗車券は、、『「中」日「二」年連「続」セ・リーグ優勝』ということで、『「中」京競馬場前駅』・『「二」ツ杁駅』・『呼「続」駅』が乗車券の発駅に選ばれ、以下の3枚セットになっています。

中京競馬場前から 160円区間
二ツ杁から 340円区間
呼続駅から 160円区間

015
記念乗車券の袋

022
記念乗車券の中身

今回の乗車券の組合せに関して、個人的感想をを一言でいうと、「これは使えそう」です。

これまで、記念切符というと、乗り放題タイプのものを除き、ほとんど使うことはありませんでした。発駅が指定されている切符の場合、使うためにわざわざその駅へ行く必要があります。記念切符を使うために単純往復してもあまり面白くありません。今回の駅は、個人的に都合のよい発駅ばかりだからです。

中京競馬場前:久々に中京競馬場の様子を見に行きたいと思っている。
二ツ杁:JR枇杷島駅から徒歩で近い。この駅から大回り乗車も可能。金額の340円が帰りに好都合。
呼続:自宅から徒歩で一番近い。運賃が最低金額なので、下車駅から歩いて帰ることも容易。

以前に日記に書いたことがありますが、折角の記念切符を使ってしまうのはもったいない、と思っている人も多いのではと思います。しかし、有効期間内に使わないのも、ある意味、もったいないことだと思います。幸い、複数セット確保しているので、1セットを未使用で残し、1セットを全部使ってしまおうかと検討中です。

使用する上での最大の難点は、乗車券が磁気化されていないので、自動改札が使えないことです。特に二ツ杁と呼続の両駅(場合によっては下車駅も)は、駅員無配置駅です。この乗車券を使おうとすると、名鉄の係員の手を煩わせることになりそうです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

来年の中京競馬

JRAから来年の開催日割が発表になりました。

気になるのは、来年リニューアルオープンする地元中京競馬場の開催ですが、以下の通りです。

3月3日
3月4日 中日新聞杯(G3)
3月10日 
3月11日
3月17日 中日スポーツ賞ファルコンS(G3)
3月18日
3月24日
3月25日 高松宮記念(G1)

6月30日
7月1日 CBC賞(G3)
7月7日
7月8日 東海テレビ杯プロキオンS(G3)
7月14日
7月15日
7月21日
7月22日 中京記念(G3)

12月1日 金鯱賞(G2)
12月2日
12月8日
12月9日
12月15日 愛知杯(G3)
12月16日


開催日数が2日減り、有馬記念の週(年の最終週)の開催がなくなってしまいました。ダービーの時期の開催は宝塚記念の後に繰り下げとなりました。1600メートルコースが新設されることで、中京記念が1600メートルに変更になりました。東海Sが京都へ移設となり、代わりにプロキオンSが中京へ移設となりました。

開催日数が減りG2が減ったことで、期待外れの印象が強いスケジュールとなってしまいました。レース名が東海Sのままで京都に移設というのは違和感がありますが、近いうちに中京へ戻す予定があるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中日・ヤクルトの優勝確率

残り試合僅かとなったプロ野球セリーグ、中日の優勝が濃厚ですが、中日が残り3試合を3連敗し、ヤクルトが残り3試合を3連勝した場合のみ、ヤクルトの優勝となるようです。

ということで、両チームの優勝確率を計算してみました。

[前提条件]
・各試合に勝つ確率・負ける確率はそれぞれ1/2とする
・引き分けの可能性は無視

中日が3連敗する確率
(1/2)*(1/2)*(1/2)=1/8

ヤクルトが3連勝する確率
(1/2)*(1/2)*(1/2)=1/8

中日の3連敗とヤクルトの3連勝が同時に起こる確率
(1/8)*(1/8)=1/64

中日が優勝する確率 63/64=98.4375%
ヤクルトが優勝する確率 1/64=1.5625%

これで計算合ってますか?>確率計算に詳しい方

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無料開放の日

15・16両日は名古屋まつりでした。

例年、名古屋まつりの日曜日に、名古屋市内の観光施設で無料開放が行われます。以前は、名古屋市科学館も無料開放施設に含まれていましたが、今年は含まれていませんでした。

ということで、今年の無料開放施設は、以下の10箇所でした。

名古屋城 【中区】
名古屋市美術館(常設展) 【中区】
東山動植物園 【千種区】
東山スカイタワー 【千種区】
ランの館 【中区】
徳川園 【東区】
白鳥庭園 【熱田区】
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸) 【東区】
東谷山フルーツパーク(世界の熱帯果樹温室) 【守山区】
文化のみち橦木館 【東区】

東山動植物園と東山タワーは、有料・無料を含め、何度か行っています。東谷山フルーツパークは昨年の無料開放の日に行きました。名古屋城は、何十年も前に行ったきり、長い間行ってなく、一昨年の無料開放で行こうとしましたが、時間切れで断念してしまいました。

東山動植物園と東山タワーは何度もで行きたいところ、名古屋城は久々に行ってみたいところ、ということで以上の3箇所に加え、上記施設の中で最も入場料の高いランの館を加え、計4箇所を巡ってきました。

感想等、思いついたことがありましたら、後日書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コメント返信遅延のお詫び

多数のアクセス及びコメント、ありがとうございます。

コメントを頂いた場合、原則として全てに返信したいと思っていますが、かなり前に頂いたコメントへの返信が大幅に滞っています。とりあえず、今月に入ってから、今のところブログの更新は毎日できていますが、更新時刻がかなり遅いことにお気づきの方もいらっしゃるかと思います。大きな原因は、以前に書いたことと重複しますが、インターネットに接続すると、「書く」ことより「読む」ことの方に夢中になってしまうからです。

「読む」方を控えめにして、「書く」方の時間を確保できるようにしたいと思いますので、返信の方は今しばらくお待ちください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

総括、九州新幹線初乗り(2)

九州新幹線初乗りに関し、昨日までのブログで書けなかったことをまとめておきます。

・福岡地区磁気カードの件
9月29日のブログに書いた通りですが、「よかネットカード」「ワイワイカード」が10月限りで利用終了となります。よかネットカードは既に払い戻しが行われていた(発売事業者に関わらず、払い戻し可能)、行程途中の東比恵駅で払い戻しを行いました。カードはすべて回収とのことです。ワイワイカードの払い戻しは11月からとのことで、残高が30円しかなかったため、現金を足して福岡空港→東比恵の乗車券購入で消化しました。福岡市交で使えるもう一つの磁気カード「えふカード」は廃止予定はないのでしょうか?

・新八代駅での乗り継ぎ時刻確認忘れ
10月5日のブログで書いた通り、当日は臨時「さくら599号」が運転されていたため、予定より1本前の列車で新八代へ行きました。新八代で新幹線の改札を出て、在来線の乗り場へ向かおうとしたとき、熊本方面の列車がホームへ入線するのが見えました。。この列車に乗り継いでいれば、本数の少ないバスに乗り継ぐことも可能だっただけに、目の前で列車に行かれてしまったのは、ちょっと悔しい気分でした。乗車列車を変更したときは、念のためその先の乗り継ぎもチェックしておかなければ…

・イオン宇城バリュへ向かった理由
新八代駅でオレンジカードを利用して熊本方面の乗車券を購入しようと思っていましたが、新八代駅在来線の券売機は、オレンジカードが使えませんでした。新八代へ着いた時点で、小川まで行くか、熊本(またはそれ以遠)まで行くか決めていませんでしたが、オレンジカードが使えないことで、即座に決断することができました。因みに、小川駅ではオレンジカードが使えました。


今回にて、10月1日の九州新幹線初乗りに関する記事は終了と致します。1日の行程に関してこれほど長く書き続けたのは初めてのことです。長い間、読んで下さいまして、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

総括、九州新幹線初乗り(1)

10月5日以降のブログにて、ほとんどの行程が分かるかと思いますが、一応、今回の行程をまとめておきたいと思います。交通手段を記載していないところは鉄道です。

中部国際空港
 ↓ (航空)
福岡空港
 ↓
東比恵
 ↓
博多
 ↓
熊本
 ↓
新八代
 ↓
小川
 ↓ (バス)
イオン宇城バリュ
 ↓ (バス)
小川
 ↓
熊本・熊本駅前
 ↓ (バス)
必由館高校前
 ↓ (徒歩)
黒髪町
 ↓ (徒歩)
藤崎宮前
 ↓ (徒歩)
通町筋
 ↓ 
新水前寺駅前・新水前寺
 ↓
肥後大津
 ↓ (タクシー)
熊本空港
 ↓ (航空)
中部国際空港

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空港ライナー

九州新幹線の初乗りで、帰りの熊本空港までのルートをどうしようか考えていたときに、肥後大津駅から空港へ向かう交通手段があれば利用したいと思っていました。熊本空港の公式サイトの交通アクセスのページを見ても、肥後大津駅に向かうバスは掲載されていません。

ネットで検索したところ、熊本と大分を結ぶ特急バス「やまびこ号」(九州産交バスと大分バスの共同運行)が熊本空港と肥後大津を経由していて、この区間だけ乗車することも可能とのことです。

ということで、肥後大津から「やまびこ号」で熊本空港へ向かうプランを検討していたところ、10月1日から、阿蘇くまもと空港と肥後大津駅を結ぶ無料の乗り合いタクシー「空港ライナー」が運行を開始するとの情報を入手しました。運行期間は10月1日から来年3月25日までで、飛行機の運航ダイヤに合わせ、1日24往復が運行されます。

9月18日に予定していた九州新幹線の初乗りを10月1日に延期したのは、この日から運行される「空港ライナー」に乗ってみたかったからです。

空港ライナーの乗り場は、この日から開業した肥後大津駅南口の駅前広場です。

16:08着の快速で肥後大津駅に着いたところ、駅前に空港ライナー用のジャンボタクシーが停車していました。車両に専用車両が充当され、熊本県のキャラクター「くまモン」と阿蘇くまもと空港のキャラクター「あそらくん」のイラストが描かれています。

107
空港ライナーに使用されているジャンボタクシー

次の空港ライナーの発車は16:35なので、新駅舎内を眺めたり、北口まで歩いたりしながら時間をつぶします。発車予定時刻まで数分となったので、停車しているジャンボタクシーに乗り込みます。その直後、運転手から、出発までまだ時間があると言われます。35分の便に乗りたいことを告げると、運転手は駅舎内の時刻表を確認し、その後、後方に停車している小型タクシー(画像中、撮影は空港にて)に誘導されました。停まっていたジャンボタクシーは16:35発の次の17:10発で使用される車両だったようです。

132
空港ライナーに使用されている小型タクシー

小型タクシーに乗り込み、所定の時間になったので発車しましたが、乗客は私1人だけでした。途中、渋滞などなくスムーズな走りで熊本空港に到着しました。タクシーの発着は、ターミナルビル側ではなく、道路を渡った駐車場内になりますが、駐車場内の中で最もターミナルビルに近い場所で、リムジンバスに乗車する場合と歩く距離はほとんど変わりません。

135
空港内の「空港ライナー」乗り場

今回の運行は、来年3月25日までの試験運行とのことですが、可能であれば、それ以降も、有料でも構わないので、この区間に何らかの空港アクセス手段(航空機全便対応)を確保してほしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肥後大津駅南口

10月1日に、肥後大津駅南口がオープンしました。

肥後大津駅は、市街のある北側に駅舎がありますが、国道バイパスが通る南側へ行くには、100メートル強熊本寄りの踏切まで迂回する必要があり、遠回りを余儀なくされましたが、南口ができて駅南側からの列車利用が便利になりました。

南口の駅舎には「大津町ビジターセンター」の名称が付けられ、観光案内所が併設されています。駅舎には券売機が設置されていますが、切符の販売は券売機のみです。北口と南口の通り抜けには入場券が必要ですが、南口で買えない切符を購入する場合には、通り抜けが可能のようです。

109
ビジターセンターを併設した南口駅舎

116
駅の西側からの様子、左側が北口、右側が南口

115
商店街は自由通路の設置を求めている様子

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新水前寺駅

今回の九州新幹線初乗りで行きたかった場所の1つが新水前寺駅です。

新水前寺駅はJR九州発足から間もない1988年に開業し、豊肥本線と熊本市電の乗り換えの便が向上しました。

この駅自体は、平成の初め頃に一度利用したことがありますが、最近になって豊肥本線の路線と駅が新しい高架線上に移設され、市電の停留所が駅近くに移設され名称変更(水前寺駅通→新水前寺駅前)も行われたとのことで、利用してみることにしました。

通町筋からから市電に乗車、新水前寺駅前で下車すると、健軍町寄りには旧停留所と歩道橋を結ぶ階段が残っていました。

095

新停留所の反対側には新しい階段があり、階段を上ると、豊肥本線の改札・ホームまで段差なしで移動可能と、乗り換えが格段に便利になっていました。

096
新水前寺駅へ向かう階段

100
歩道橋上の通路、ホームまで段差なしで移動可能

欲を言えば、市電の通っている道路上に豊肥本線のホームを移設すれば、もっと乗り換えが便利になったのではと思いましたが、所有権の問題などで難しいのでしょう。

本来ならば、駅舎を外から眺めるなど、じっくりと新水前寺駅を観察したかったのですが、肥後大津行きの快速まで3分程度しかなかったため、慌ただしい乗り換えとなってしまいました(単に乗り換えるだけならそれで充分ですが…)。肥後大津までの乗車券をオレンジカードで購入しましたが、360円で良いものを、間違えて450円のところをタッチしてしまいました。窓口に申し出れば差額の返金も可能だったと思いますが、電車を1本遅らすのが悔しかったので、差額は諦めることにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熊本電鉄の併用軌道区間(2)

(1)の続き

線路沿いに道路がないところもあるので、線路に近い道路を歩いていきます。しばらく道路を歩くと、道路に線路が合流し、併用軌道区間に入りました。

併用軌道がスタートする地点の右側に大きな建物があり、入口を見ると「熊本市立必由館高等学校」との表示がありました。先ほどのバス停はこの学校の名前だったのかと…

087

先ほどの黒髪町駅で時刻表を見ているので、電車が来るおおよその時間は分かります。必由館高校の前で、藤崎宮前から来る電車を撮影しました。

085

その後、藤崎宮前方面に移動し、藤崎宮前行きの電車を撮影しました。

091

壊れかけのコンパクトデジカメでの撮影のため、画像が悪くてすみません。

時間に余裕がないので、2枚の撮影だけで、併用軌道を後にし、藤崎宮前に向かって歩きます。藤崎宮前駅にちょっと立ち寄り、上通のアーケード街を通り抜け、通町筋から健軍方面の市電に乗車しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熊本電鉄の併用軌道区間(1)

イオンモール宇城バリューへ立ち寄り、JR小川駅へ戻りましたが、帰りの飛行機までまだ少し時間があります。

行ってみたいと思っていたところに、熊本電鉄の併用軌道区間があります。熊本電鉄自体は、菊池まで線路が繋がっていた時代に、1度だけ乗車しましたが、当時、併用軌道のことを意識してしていたかどうかは記憶にありません。

時間があれば、熊本駅から上熊本駅まで市電に乗り、北熊本駅経由で藤崎宮前まで熊本電鉄に乗りたいところですが、時間の都合により、熊本駅からバスで黒髪町まで行き、黒髪町から藤崎宮前まで1駅だけ熊本電鉄に乗ることにしました。

熊本駅に着き、バス乗り場へ行きましたが、掲出されているのは時刻表だけで路線図はなく、どのバスに乗れば黒髪町へ行けるのかよく分かりません。位置関係で分かっているのは、熊本電鉄の黒髪町~藤崎宮前の線路が、国道3号の少し西側を通っていることくらいです。時刻表を見ていたところ、藤崎宮前を経由して、菊池まで行く熊本電鉄のバスがありました。行先が菊池ならば黒髪町駅の近くを通るのではないかと勝手に予想し、バスに乗り込みました。

バスはしばらく市電と並行して走り、交通センターの手前から市電と離れ、その後再び市電と並行し、水道町で左折し国道3号を北へ走ります。藤崎宮前を過ぎ、停留所をいくつか過ぎますが、「黒髪町」という地名の入った停留所はありません。そろそろ降りた方が良いのではと思い、必由館高校前という停留所で下車しました。

バスを下車して、停留所を見ると、「市立高校前」とあります。バスの車内放送と車内の電光掲示では「必由館高校前」だったのに、なぜ違うのでしょう。とりあえず停留所を撮影し、国道の西方向へ向かって歩いていくと、踏切が見つかりました。踏切から左右両方向を見たところ、右側100メートルくらいのところに、小さな駅が見えました。その駅が黒髪町駅でした。この区間、日中は30分間隔の運転ですが、時刻表を見たところ、藤崎宮前行きは数分前に出たばかりで、次の電車まで25分ほどあります。25分も待っているのは辛いので、電車に乗るのは諦めて、併用軌道区間を見ながら藤崎宮前まで歩くことにしました。

続きは後日

| | Comments (0) | TrackBack (0)

御飯の友とイオンモール宇城バリュー

先日の九州新幹線初乗りの時に、自分用の土産として唯一購入したのが、「御飯の友」でした。

001
御飯の友

「御飯の友」は、熊本の「株式会社 フタバ」が製造販売でしているふりかけで、地元ではかなり有名な商品のようです。

「御飯の友」購入を兼ね、熊本でどこかのイオンに立ち寄ろうと考えていましたが、結局、イオンモール宇城バリューに立ち寄ることにしました。

イオンモール宇城バリューは小川駅から徒歩20分程度ですが、小川駅から無料コミュニティバスが運行されています。往路と復路ではルートが異なり、途中のスポーツセンターや温泉施設などでの乗降もできます。

065

068
無料シャトルバス

因みに、熊本空港の売店にも「御飯の友」がありました。「御飯の友」購入のために、わざわざ途中でスーパーに立ち寄る必要はなかったようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州ネット早特で発券した乗車券類

先日の九州新幹線博多~熊本間「みずほ」乗車時に使用した乗車券類です。

インターネットから「九州ネット早特」で予約し、博多駅の指定券券売機で発券したものです。

008

乗車券には2070円(博多~熊本の普通運賃)、特急券には930円と表示されています。

2時間遅れた場合、特急券が払い戻しになりますが、この切符で遅れた場合、払い戻し対象は930円ということですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州新幹線初乗り、計画から実行まで(4)

(3)の続き

出発の2日前(29日)の夜、某新聞社のサイトを見ていたところ、信じられない(というよりも信じたくない)記事を見つけました。10月1日にANAがストライキを予定しているとのことです。ANAの福岡行き初便が取れ、九州ネット早特でみずほが取れ、これで準備万端だと思っていたところにストライキでは何とも困りものです。

ANAのサイトを見に行ったところ、ストライキの通告があり、休航や遅延になる便の情報が掲載されていましたが、私が搭乗予定の名古屋→福岡の初便は通常運行でした。とりあえずストライキの対象になっていなくて安心しました。

出発当日、名鉄の駅へ向かう途中、ラジオのニュースでストライキ回避を知りました。ストライキが実施されていたら、名古屋→福岡便は、初便の後は数便続けて欠航予定だったので、私の乗る便は満席になっていたかもしれませんが、通路側から窓側までの3列で乗客は私1人だけでした。明石海峡大橋付近から遠賀川河口付近までは、機内から景色が楽しめました。

福岡空港にはほぼ定刻に着いたので、新幹線への乗り換えに少しだけ余裕があります。ということで、運賃節約のため、東比恵で下車することにし、次の電車を待つ間に、今月で利用終了となるよかねっとカードの未使用分の払い戻しをしました。

博多駅へ着いたら、まずは予約した乗車券類の引取りです。指定券券売機にクレジットカードを挿入し、電話番号の下4けたを入力したら乗車券と特急券が出てきました。予約番号が必要なことが書かれていたようでしたが、予約番号の入力は必要ありませんでした。

少しだけ時間があるので、新しい博多駅の駅ビルを外から眺めることにしました。その後、少しだけ駅構内を眺めて改札内に入りました。「みずほ」は定刻通り博多に着き、車内に乗り込みました。博多から熊本までは33分、本当にあっという間に熊本に着いてしまいました。新八代に向かう新幹線は、22分後のつばめがありますが、新八代~鹿児島中央で「つばめ」に乗車、熊本まで「みずほ」に乗車しているので、つばめを見送り「さくら」に乗車することを前から決めていたので、しばらく駅構内と駅前をぶらぶらしていました。

さくら411号に乗車予定でしたが、8分前に臨時のさくら599号があることを知り、そちらに乗ることにしました。3月号の時刻表しか持っていなかったため、臨時列車の運転日を確認できなかったこともありますが、3月号に掲載されている運転日が連休のときだけだったので、普通の土曜日に運転されていたのは意外でした。

博多~熊本間は駅間距離が短かかったこともあり、熊本~新八代間は1駅が意外と長く感じました。新八代到着後、リレーつばめが発着していたホームの線路を見たところ、レールは既に狭軌から広軌に改軌されていました。

とりあえず、これで、今回の主目的は達成しました。とりあえず、在来線で熊本方面に向かう予定ですが、この先は気分次第で動くことになります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州新幹線初乗り、計画から実行まで(3)

(2)の続き

「みずほ」に間に合うなら是非とも乗りたいということで、「みずほ」に乗ることを前提で行程の検討に入りました。しかし、その直後、10月1日から熊本空港への新しい交通アクセス手段が開設されるとの情報を入手しました。できればその手段を利用したいという思いが強くなり、初乗りを10月に延期することを検討することにしました。ユナイテッド航空で発券された特典航空券は、発券(今回の場合は8月下旬)から3カ月の有効期間内であれば、手数料なしで便変更が可能です。ANAの特典航空券の空席情報を見たところ、10月1日は名古屋→福岡の初便は空席がありませんでしたが、1時間後の便には空席があり、熊本→名古屋の最終便にも空席があったので、ユナイテッド航空に電話したところ、10月1日の便への変更が可能(名古屋→福岡の初便は不可)とのことで、10月1日の出発に変更することにしました。

これで、福岡空港到着が1時間遅くなったことにより、「みずほ」に乗ることは不可能になってしまいました。しかし、「九州ネット早特」の予約期間終了までにはまだ10日ほどあります。10月1日分の予約終了となる9月28日までに、名古屋→福岡の初便に空席が出るのを期待することにしました。

それから数日後、ANAの特典航空券の空席情報で、名古屋→福岡の初便に空席が出ていました。再度ユナイテッド航空に電話して、初便に変更したい旨を告げると、OKが出たので早速変更することにしました。

これで「みずほ」に間に合う時間に博多駅に着くことが可能となりました。ところが、JR九州の予約サイトでみずほ603号を検索してみたところ、指定席が満席となっていました。指定席が満席でも自由席なら乗ることが可能ですが、「九州ネット早特」
は利用できないので、料金が高くなります。九州ネット早特は9月28日まで予約可能なので、それまでに空席が出ないかチェックすることにしました。

予約期限の1日前の27日、みずほ603号の指定席に空席が出ました。九州ネット早特は△表示(残り僅か)だったので、急いで予約を入れました。これで、予約の必要なものは全て予約が完了し、あとは出発を待つだけです。

続きは後日


※文中の「熊本空港への新しい交通アクセス手段」については、後日詳述予定です


| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州新幹線初乗り、計画から実行まで(2)

(1)の続き

往復の航空券が手配できたので、次は新幹線の切符をどうするかです。

普通に購入すると、博多~新八代は指定席で5650円、自由席でも5140円かかります。安くする方法を考えていて、最初に思いついたのは2枚きっぷを金券ショップで1枚だけ購入する方法でした。その後、いろいろと調べているうちに、「九州ネットきっぷ」と「九州ネット早特」の存在に気付きました。ネットで予約しクレジットカードで決済し、JR九州のみどりの窓口または指定券券売機で乗車券を受け取る方法です。博多~新八代の場合、九州ネットきっぷで5140円と、自由席の通常料金と同じで、自由席を安くすることはできません。しかし、博多~熊本であれば、九州ネット早特を利用することで、指定席で3000円と、通常の料金よりもかなり安く利用することができます。ネット早特は乗車日の3日前(23:00)までの予約が必要です。

博多~熊本で九州ネット早特を利用し、熊本~新八代を通常運賃・料金の自由席で別に購入することで、博多~新八代の総計が4460円になります。熊本で一旦下車することになりますが、時間に余裕があるので、問題ありません。

航空券を手配した時点では、福岡空港に着いた後、福岡でのんびりして、飛行機に間に合うように熊本・新八代へ向かうことを考えていました。しかし、新幹線の時刻表を見ていて、福岡空港に着いてすぐに博多駅へ向かえば、1日に4本しかない「みずほ」に間に合うことに気付きました。航空券を手配して時点では、みずほに乗ることは無理だと勝手に思い込んでいただけに、これは大きな発見でした。

続きは後日

| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州新幹線初乗り、計画から実行まで(1)

3月12日に開業した九州新幹線(博多~新八代)、開業したからには早く乗りに行きたいと思っていましたが、昨日ようやく実行することができました。

最初の構想では、九州新幹線の開業初日に新青森から鹿児島中央まで一気に乗り通したいという願望がありましたが、資金の都合により、年明けを待たずにこの構想は早々と断念してしまいました。

代わりに浮上したのは、青春18きっぷを2日分使い九州まで往復するプランです。1日目に名古屋から新八代まで普通列車で行き宿泊、2日目に新八代から博多まで新幹線に乗車し、博多から名古屋まで普通列車で帰る行程です。新八代駅前には東横インがあるのを確認しているので、新八代での宿泊は可能です。また、1日目の行程を熊本で打ち切り熊本に宿泊し、2日目の早朝に新八代に向かう行程でも問題ありません。3月12日改正ダイヤが発表される前から、改正前のダイヤで乗り継ぎを調べていて、この行程が可能であることは確認していたものの、改正後のダイヤを見てみたところ、九州内の接続がやや悪くなり、新八代到着は0時過ぎになってしまうことが判明し、何となくこのプランを実行する気が進まず、春の18きっぷシーズンを終えることになりました。

その後、夏の18きっぷシーズンになり、再度このプランを実行しようかどうかを考える時期が来ました。8月中旬までは私用により遠出が困難なことが分かっていたので、実行するなら8月末か9月になってからと決めていましたが、このプランで実行することをなかなか決断できず、他の手段も検討することにしました。

その中で8月半ばを過ぎて候補に上がったのが、九州まで飛行機で往復するプランです。ANAマイレージクラブには特典航空券に引き換えるだけのマイルがありませんが、ユナイテッド航空のマイレージプラスには多数のマイルが残っています。マイレージプラスではANAの特典航空券に引き換えることが可能です。ただし、出発日20日以内の特典航空券を発券すると75ドルの直前発券手数料がかかります。ということで、直前発券手数料のかからない出発日で特典が取れそうな9月18日(3連休の中日)の日帰りに決め、予約センターに電話したところ、名古屋→福岡の始発便と、熊本→名古屋の最終便に特典の空席があるとのこと(逆方向は空席なし)で、この区間の特典航空券を発券することにしました。

続きは後日

| | Comments (0) | TrackBack (0)

23日の行動

24日から27日のブログで、23日に関西に行った時のことを書いていましたが、その後、ネットに夢中になったり、別のことを書いたりしていて、中断してしてしまいました。この先、いつ再開できるか分からないので、当日の行動を箇条書きでまとめておきます。

・近鉄急行乗り継ぎで名古屋→大阪
・南海難波駅(マイチケットが使えることを確認)
・京阪淀屋橋駅(KカードをスルッとKANSAI Kカードに交換)
・中之島公園(ラバーダック)
・ノンストップ京阪特急乗車
・時代祭
・京都競馬場(菊花賞観戦)
・JR大阪駅(リニューアル後の様子を見に)
・近鉄急行乗り継ぎで大阪→名古屋

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日別検索ワード1位の推移と月間検索ワードベスト10(8・9月分)

8月分を発表するタイミングを逃してしまった(^^;ため、2ヶ月分まとめてアップします。

【8月分検索ワード1位の推移】
1日 自動車税              
2日 管轄、電力会社        
3日 管轄   
4日 管轄   
5日 管轄    
6日 (該当なし)   
7日 管轄  
8日 管轄   
9日 管轄 
10日 電力会社、自動車税 
11日 自動車税    
12日 管轄   
13日 (該当なし)  
14日 (該当なし)   
15日 (該当なし)   
16日 香港 
17日 電力会社
18日 管轄
19日 (該当なし)
20日 (該当なし)
21日 管轄
22日 自動車税
23日 管轄
24日 自動車税 
25日 管轄
26日 自動車税
27日 自動車税
28日 (該当なし) 
29日 管轄、自動車税  
30日 管轄、自動車税
31日 管轄、香港

【8月分月間検索ワードベスト10】
1位 管轄                
2位 自動車税
3位 電力会社
4位 延滞金
5位 香港
6位 名古屋 
7位 吉茶
8位 東京電力 
9位 航空券
10位 読み方

【9月分検索ワード1位の推移】
1日 自動車税                
2日 尾張西部        
3日 尾張西部   
4日 尾張西部   
5日 管轄    
6日 (該当なし)  
7日 管轄 
8日 管轄  
9日 (該当なし) 
10日 (該当なし)   
11日 (該当なし)    
12日 (該当なし)   
13日 (該当なし)  
14日 管轄    
15日 吉茶  
16日 (該当なし)
17日 (該当なし)
18日 (該当なし)
19日 尾張西部
20日 尾張西部 
21日 尾張西部 
22日 青春大阪ドリーム名古屋号
23日 青春大阪ドリーム名古屋号
24日 (該当なし) 
25日 (該当なし)
26日 (該当なし)
27日 青春大阪ドリーム名古屋号、管轄
28日 吉茶 
29日 (該当なし)   
30日 管轄

【9月分月間検索ワードベスト10】
1位 尾張西部                
2位 管轄
3位 吉茶
4位 電力会社
5位 香港
6位 名古屋 
7位 自動車税
8位 尾張西部とは 
9位 尾張東部とは
10位 コンビニ 

両月ともアクセス数は少なめで、目立ったアクセス傾向の変化はありませんでした。9月は台風の日本上陸が2度あり、降雨量が多かったため、気象警報・注意報で用いられる「尾張西部・尾張東部」に関する検索が多くなりました。警報・注意報が市町村単位で発表されることが多くなったため、以前ほどのアクセス数ではありません。

古い記事に関連した検索が多い中、新しい話題で目立ったのが「青春大阪ドリーム名古屋号」でした。とはいうものの、総数はそれほど多くなく、9月の月間では21位でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »