« January 2019 | Main

交通系ICカードの10年失効対応

交通系ICカードの多くには、裏面に、「最後の利用から10年間利用がない場合は失効します」というような文言が記載されています。このことはかなり前から知っていたものの、手持ちのカードがいつその時期を迎えるのかについては、ほとんど意識していませんでした。

ある時、ちょっと気になって調べていたところ、Suicaについては新しいカードに交換することで使用可能になるものの、PASMOなど他のカードについてはそのような手段はなく、10年で失効してしまうと書かれたネット上の記事を見かけました。Suicaの新しいカードへの交換については、公式サイトに記載がありました。

長期間利用していないSuicaをお持ちのお客さまへ(JR東日本)

また、TOICAについては、公式サイトに、「お客様の利便性を考慮し、機器やシステムが対応できる期間は引き続きお使いいただける取扱いとしております」との記載を見つけ、当面は10年を過ぎても利用可能なことが確認できました。

裏面に「機器等での最後のご利用日から10年間ご利用がない場合は失効します」とありますが、本当に使えなくなるのでしょうか?(JR東海)

ということで、手元にある全国相互利用サービスの未使用カードを調べてみたところ、SuicaとICOCAに、購入から10年以上経過しているものが見つかりました。10年以上未使用のものは本当に使えなくなるのかと、飲料自販機にカードをタッチして残高確認をしたところ、ICOCAは1500円の残高が表示されましたが、Suicaは残高が表示されず、交換しないと使えないように見えました。

Suicaで購入から10年以上経過し未使用のものの中には、記念カードで1枚しか所有していないものがあり、1500円のチャージ額を諦めるか、新しいカードに交換して記念カードを諦めるかの選択で悩むことなり、早く残高を消化しなかったことが悔やまれる結果になったようです。

その後、ネットを見ていたら、10年経過したSuicaにチャージ機でチャージしたら、再び使えるようになったという、半信半疑の書きこみを見かけました。幸いにも、最近になって、名古屋の地下鉄の駅に10円単位でチャージできる精算機が設置されたこともあり、飲料自販機で使えなかったSuicaに10円チャージを試してみることにしました。無事チャージすることができ、飲料自販機でも残高が表示されるようになりました。購入から10年を過ぎたICOCA、当面は10年を過ぎても問題ないTOICA、購入から間もなく10年を迎えようとしているSUGOCAにも、念のため「延命」のため10円のチャージしておくことにしました。

とりあえず、全国相互利用サービスのカードには、今のところ失効が確定したカードはなく、安堵しています。全国相互利用サービス以外のカードについては、この先少しずつ調べていくことにしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2019 | Main