« 公式ガイドブックいろいろ | Main | 弁当持ち込み禁止、真の理由は? »

意外、モリゾーゴンドラは無料(^^)

長久手会場と瀬戸会場を結ぶ交通手段の1つに、モリゾー・ゴンドラがあります。先日、リニモの初乗りに行ったとき、車内からモリゾーゴンドラのケーブルが瀬戸方面に延びているのを見て、「早く乗ってみたい」という思いが強くなりました。先日地元のテレビで特集をやっていましたが、住宅地を通過するときはガラスが曇る仕組みになっていて、沿線住民のプライバシーを確保するとのことです。

そこで、気になったのはモリゾーゴンドラの料金、いくらかかるのだろうと公式ガイドブックを調べてみたら、何と無料と書かれていました(長久手会場内のキッコロ・ゴンドラは有料)。距離を考えると500円か600円くらいだ妥当かなと予想していただけに無料とは意外でした。弁当の持込禁止問題等でもうけ主義云々の批判がある中で、万博協会の良心的な部分を見た思いです。

万博会場以外でこれに類似した目的の交通手段といえば、ターミナルが複数ある空港でターミナル間を結ぶバスや軌道系交通機関がありますね。前者の例として成田空港の第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶ無料バス、後者の例としては台北中正空港・シンガポールチャンギ空港・ニューヨークJFK空港などのスカイトレインが該当します。空港のこういった類の交通手段が無料であることを考えると、モリゾーゴンドラが無料なのは当然のことなのかもしれません。ただ、このゴンドラは瀬戸会場に興味がない入場者でも、乗ってみたいと思う人は結構多そうです。無料で乗れることは非常に嬉しいのですが、乗車するには相当の待ち時間を覚悟する必要がありそうですね。急いで移動しなければならないときは、会場間燃料電池バスの方を利用することになりそうです。

実は、モリゾーゴンドラが無料であることは、私が定期的に巡回しているこぶさんのブログ「東西南北 こぶも歩けば・・・」に書かれていたのですが、斜め読みをしていて重要な情報を見逃していたようです。無料であることってどれくらい周知されているのだろうかと「モリゾーゴンドラ」で検索していたら、こぶさんのページに辿り着いてしまいました(^^;。

|

« 公式ガイドブックいろいろ | Main | 弁当持ち込み禁止、真の理由は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 意外、モリゾーゴンドラは無料(^^):

» モリゾー と キッコロ [ブログでアクセスを10倍ふやす方法]
本日のテーマは「モリゾーとキッコロ」。 いよいよ10日後に開幕がせまった 「愛・地球博」の 公式マスコットキャラクター。 森の妖精、... [Read More]

Tracked on March 15, 2005 11:09 AM

» ☆愛・地球博 場内の乗り物について [「愛・地球博」話題別トラックバック]
☆トラックバックありがとうございま〜す!  愛・地球博の同じ話題でつながって盛り上がりましょう〜! [Read More]

Tracked on March 21, 2005 02:32 PM

» 万博雑感6:アクセス&乗り物 [和尚の修行道]
愛知万博へのアクセスルートはいろいろある。私は、東京から新幹線のぞみに乗って名古屋へ。名古屋からはエキスポシャトルで万博八草へ。さらにリニモを利用して長久手会場へと向かった。東京を6時30分に発ち、9時30の開門に余裕で間に合った。 外国からのアクセスを想定するとまず中部国際空港経由が一般的だろう。そこから名鉄空港特急「ミュースカイ」を利用して名古屋へはいる。この「ミュースカイ」を利用してみたのだが、快適&快走である。空港と名古屋を30分程度で結ぶので、空港からのアクセスは思いのほかラクチンに感じ... [Read More]

Tracked on April 21, 2005 11:43 AM

» 資料・トピック16:愛・地球博におけるキャラクター活用(その1) [ビジネスにおけるキャラクター活用]
今回と次回は、愛・地球博のキャラクター活用に関するレポートです。モリゾー&キッコロはもちろん、意外なキャラが登場し、なかなか楽しい体験でした。 [Read More]

Tracked on August 05, 2005 07:07 PM

« 公式ガイドブックいろいろ | Main | 弁当持ち込み禁止、真の理由は? »