サツキとメイの家、8月も×

6月・7月と、たくさんのはがきを出しながら当選通知の来なかった「サツキとメイの家」、ついに8月分も当選通知が来ませんでした。

これで、応募のチャンスは残り1回。全パビリオン制覇に黄信号です(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サツキとメイの家、その後

更新が停滞してしまい、申し訳ございません。

その後、サツキとメイの家は結局はがきによる抽選方式に変更になりましたが、4月1日の騒動を見る限りでは、そのように方式に変更になったのも致し方ないようですね。私は4月分の予約を3月に取っていたものの、その日は都合が悪くなり行けなくなったので、知人に無償で譲りました。その後、6月分で11通、7月分で42通応募したものの、どちらも当選通知が来ませんでした。8月分の応募締切も間近に迫っているので、また先月と同様に多数のはがきを出す予定でいます。早く当選してくれないと、全パビリオン制覇が不可能になってしまうのが辛いところです。

年賀はがきの余りが多数ありますので、はがき代のことは心配無用です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「サツキとメイの家」予約方法見直しへ

予約方法変更へ サツキとメイの家 
(中日新聞サイト)

インターネットのオークションサイトで多数の入館引換券が出品されていることでクレームの絶えない愛・地球博(愛知万博)の「サツキとメイの家」ですが、6月以降の入場分をはがきによる抽選方式に変更することを検討しているようです。変更案では、転売対策として、入場券番号を記入することも盛り込まれています。

ようやく重い腰を上げたようです。できることならあと1ヶ月早くこの方法を検討して欲しかったと思いますが、転売対策として入場券番号の記入を検討しているところは、素直に評価したいと思います。

独断と偏見により、この方法の問題点(疑問点)を探ってみることにしましょう。

第一に、はがきで応募ということになると、これまでは無料で入手できたものが、郵送料の分だけ負担が増えることになります。時間指定をどうするかは検討中とのことですが、どうしても入館したいということになると、自分の入場可能な時間の全てに応募する人が出てくるかもしれません。仮に、時間指定方式が採用されると、6月1日から9月25日まで117日×8回で延べ936回、最大で936通の応募が可能となりますが、普通はがきで応募だとすると936回×50円で46800円、往復はがきで応募だと936回×100円で93600円という莫大な金額の負担増となってしまいます(ここまで応募する人はいないと思いますが)。ローソンの店頭で応募すれば郵送料無料というサービスを期待したいですね。

次に、応募の際に入場券番号を記入とのことですが、そうなると、サツキとメイの家の入場できるなら万博に行く(入場券を購入する)つもりだが、そうでなければ万博に行く(入場券を買う)つもりはないという人を抽選からシャットアウトしてしまうことになります。また、既に万博に行ったことのある人で、サツキとメイの家に入場できるならもう一度行きたいという人もいるでしょう。応募の際に記入する入場券番号は、以前に入場したときに使用した入場券の番号でも可能かもしれませんが、既に捨ててしまった人も多数いることでしょう。入場券の払い戻しは原則として一切不可ですが、落選通知を提示すれば無手数料で入場券の払い戻しを可能にするような配慮が欲しいですね。

以上、思いつくところを挙げてみましたが、応募要綱が発表されていないので、もしかしたら上記の問題点は杞憂に終わるかもしれません。利用者向けの正式発表が行われるのを待ちたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

トヨタグループ館、ほとんど待たずに入場できました

愛・地球博の人気パビリオンの1つであるトヨタグループ館、基本的には整理券方式だが、最初の2回と最期の2回の公演は先着順入場となっている。夕方から日没にかけてグローバルコモン1の外国館を巡っていましたが、一区切り付いたので、最終入場で入れることを期待して、18時45分頃トヨタグループ館入口に行ったところ、係員から20時00分公演入場待ちの列だと案内していました。待ち時間1時間以上はちょっと辛いなと思い、企業パビリオンソーンBですぐに入れるところはないかと探していましたが、どこも1時間近くかかりそうだったので、結局、長時間の待ち覚悟で18時50分頃にトヨタグループ館に並びました。その後の係員の案内では、もしかしたらもう1回早い公演(19時10開始)に案内できるかもしれないと言っていました。入場待ちの列は細切れにしながら少しずつ前に進みます。何とか入れないかと期待していたら、最終的には私の後ろの4人グループまでが、19時10分の公演に入場することになりました。おそらく、入場整理券を受け取っていて集合時間までに来なかった人がいたのでしょうね。来なかった人に感謝・感謝・感謝(^^)。

お目当ての公演の方は、ウェルカムショーがロボットの楽器演奏、メインショーが今回の目玉商品ともいえるi-unit(アイユニット)のパフォーマンスショーです。公演時間が30分と意外と長いので、楽しみの沢山あるのではと期待していたのですが、ショーが長いだけで徐々に退屈に感じてしまいました。折角i-unitを宣伝するなら、単なるパフォーマンスショーに長い時間をかけるのではなくて、機能や用途の解説しながら実演を行って欲しかったですね。あと、試乗できないのも残念です。館内で乗りたい人に手を上げてもらってその中の1人を指名して乗ってもらうような実演があれば良かったですね。もちろん、指名されるのは子供優先で構いませんが・・・

0404iunit01
i-unit(ショー終了後の展示にて)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

サツキとメイの家、70分で予約完了

本日、5月分のサツキとメイの家入館予約がスタートしましたが、読売新聞サイトの記事によると、70分で予約完了となったとのことです。

今回は、時間が取れずローソンに足を運べませんでしたが、知人の話によると、名古屋の某ローソンでは予約開始の10時前の時点で既にロッピの前に20人ほどの列が出来ていたそうです。11時半頃に手が空いたので5~6回電話してみましたが、一度も繋がりませんでした。この時点では既に予約受付を終了していたのに、電話が繋がらないほど回線が混雑していたようです。その一方で、電話をしている最中にも、YAHOO!からオークションに新規出品があったとのメールが次々と届きました。本日の10時から18時までの間に約120件の出品があったようです。この数値は先月1日との同時刻対比で5倍以上の数値で、先月の予約開始直後にオークションで高値が付いたことに味を占め、多くの人が転売目的で予約に殺到し、予約の取りにくさに拍車がかかったようです。

以前に書いた通り、来月から予約方法の一部見直しを行うようですが、それだけでは焼け石に水です。絶対数が少ないので取りにくいことは致し方ありませんが、転売防止策だけは何とかしてもらいたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

「サツキとメイの家」キャンセル分無駄に~定員割れ対応求む

中日新聞サイトによると、サツキとメイの家で15%の人が予約を入れたのに来場していないとのこと。しかし、「当日にいきなり入れたら、予約できずにあきらめた人と不平等になる」との理由で、定員割れ分を入場希望者に割り当てる考えはないとの協会のコメントが書かれている。

しかし、この対応には疑問を感じずにいられない。同じ入場料を払っているのに、サツキとメイの家を見られる人と見られない人がいることの方が不公平なのではないだろうか。そういえば、初日にグローバルハウスのレーザードリームシアターに入ったところ、意外と空席が多いのが気になった。おそらく、整理券を受け取りながら来なかった人が多いのであろう。

高い入場料を払って来ているのだから、入館希望者がいる限りは、定員一杯まで入館を認めてほしい。おそらく、キャンセルが多数発生することが想定外だったため、キャンセル待ち入館のルールが作成されていないのであろう。人気パビリオンであることに加え、これだけのキャンセルが実際に発生している以上、定員割れ対応を早急に行って欲しいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「サツキとメイの家」オークション出品件数と私見

3月1日に予約を開始した「サツキとメイの家」入館引換券が、YAHOO!オークションに出品された件数です。週末をピークに出品件数自体は減少傾向にありますが、現在でも続いており、9日までに350件を越える出品がありました。

(注)この数値は、「サツキとメイの家」をキーワードとして登録し、キーワードと合致する出品があった場合にメールが来るように設定しておき、実際にメールが来た件数です。入館引換券以外のものが含まれている可能性が多少あるかもしれません。また、出品したものの入札がなく、再出品されたものが含まれる可能性もあります。


日付   出品件数 出品件数累計
3月1日 32件   32件
3月2日 52件   84件
3月3日 31件  115件
3月4日 43件  158件
3月5日 56件  214件
3月6日 37件  251件
3月7日 45件  296件
3月8日 21件  317件
3月9日 35件  352件

ネットオークションへの出品件数を人気のバロメーターと考えれば、主催者側としてこんなに嬉しい数字はありません。しかし、先日の中日新聞サイトの記事には「博覧会協会は「無料で配布した整理券を営利目的で転売するのはいかがなものか」と、運営会社に削除を求めていく方針だ。」と書かれていますし、万博オフィシャルサイトの予約方法のページには「入館引換券の譲渡・転売は禁止しております。」と書かれており、ネットオークションに流出することが好ましくないことと考えられていることは明白です。しかし、問題なのはネットオークションに流出することが予測できているにも関わらず、それを防止する対応が完全に他力本願になっているところです。万博オフィシャルサイトの事前予約システムを利用しなかったのは、ローソン限定でサツキとメイの家オリジナルグッズを販売しているため、ローソンに足を運んで欲しいというローソン側の目論見であることは容易に想像できます。そのこと自体を批判するつもりはありませんが、それならそれで、何故ネット流出を防止できるような予約方法を取らなかったのでしょうか。

産経新聞サイトの記事によると、今回の状況を受け、6月分(5月受付開始分)より、1回で予約できる引換券の枚数を6枚から4枚に変更するとのことですが、肝心のネットオークション流出防止策が全く盛り込まれていないのが非常に残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「サツキとメイの家」予約開始

本日より、「サツキとメイの家」3・4月分が予約開始となりました。

中日新聞のサイトによると、4時間40分で全ての予約が満杯になったとのこと。

私は昼過ぎにローソンへ行ってきましたが、既に土日分は全て満杯で、一部の日の一部の時間が残っているだけでした。とりあえず空きがある中で一番早い日のものを予約してきましたが、この日に行けるかどうかはまだ分かりません。

0301satsuki01

既にネットオークションには多数の入館引換券が出品されており、某有名サイトでは現時点で20件近く出品されています。この予約方法では、ネットオークションで転売されるのは目に見えているのに、何故オフィシャルサイトの観覧予約システムを使用しなかったのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)